レッスンの受け方~記録編~2016/09/01

Studio*ABE*では普段、
1対1でレッスンを行なっているので、
生徒さん同士が顔を合わせることは
ほとんどありません。
つまり、皆、自分以外の(他の人の)
レッスンがどのように行なわれているか、
お互いに見たことがないので知らない、
というわけです。

気にはなるけど…。
他人のレッスンを見る機会もないし、
人は人、私は私。
今まで通りで、まぁ、いっか。ヽ( ´ー`)ノ
↑これ、全く問題ありません。(笑)
でも、他の人のレッスンの様子を知ることで
役立つことや新しい発見もあるかと思うので、
今日はちょこっと紹介してみますね。

レッスンの内容(中身)については、
その人の習っているジャンルや
技術的なレベル、レッスンの進め方が
1人1人全く違うので、ここでは省略します。
…ということで、今日は
≪スタイル色々!レッスンの受け方≫
について、書いてみようと思います。
まずは≪記録編≫から。

====================

どんな受け方(習い方)をしているの?
≪記録編≫

レッスンでは何かしらの注意点があった時、
シャーペンor赤えんぴつなどで、
私が横からサッと楽譜に書くことがあります。
譜面に○印をつけたり、波線を書いたり、
スラーをなぞったり、指番号をふったり…。
指導内容やアドバイスは口頭で伝えつつ、
書き込むのは簡単な記号程度。
この時、生徒さんのとる行動は実に様々!

1・持参しているメモ帳や5線ノートに
 その場で注意点を書いておく
2・私が書いたしるしの横(譜面上)に、
 その場で注意書きをメモする
3・特にその場では何もしないけど、
 レッスン終了時に確認作業をして帰る
4・特にその場では何もしないけど、
 後でレッスンノートに記録しまとめる
5・特に何もせず、とにかく記憶力に頼る

実は、学生時代の私といったら、
レッスンで先生が注意したところを
特にメモすることもなく「はい」と返事をし、
その場で「注意に従って弾く」という
レッスンの受け方をしていました。
上記でいうと5番ですね。
レッスンを中断してメモをとるのが
何となく良くないことのような気がしていた、
というのもありますが、
「先生の指導を一語一句逃さず聞くぞ!」
という意気込みが足りなかったのは確かです。
家に帰ってその日は練習をサボリ(笑)、
翌日に楽譜を広げてピアノを弾き始めて、
「あぁ、ここだ…」と注意された箇所にきて、
「で、何だっけ?どう弾くんだっけ?」
なんてことも。(´д`lll)
人の記憶ってそんなもんなんですねぇ。

ちなみに私、大人になってから、
ジャズの基礎を習いに行きましたが、
その時は4番派でした。
毎回、レッスンを終えて師匠宅を出たら、
楽譜をカバンから取り出して、
ブツブツ言いながら復習しつつ歩き、
駅までの途中にある喫茶店に立ち寄り、
・今日教わったこと
・注意をうけたこと
・やるべき練習課題
を、ノ-トに細かく記録していました。

※余談※
後にこのノートは、師匠の方から
「他の人のレッスンの参考にするから貸して」
と言われるほどの物となりました!(笑)

レッスンの受け方として、
1~5番のどれでも構いません。
ただ、5はやはり「忘れてしまう可能性」
がありますよね。(笑)
せっかく習いに来ているのに勿体ない!
その場でメモをとるのは全く構いませんので、
「書くのでちょっと待って下さい~」と
遠慮なく言って下さいね。

====================

次回は、≪質問編≫を書く予定。
しばしお待ちください~。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック