ピアノあるある2017/04/27

「あぁー!それ、あるある!」と
思わずと言いたくなる
ピアノにまつわる「あるあるネタ」を
今日は書いてみようと思います。
 ・ピアノ経験者ならわかる出来事
 ・Studio*ABE*で実際にあったこと
 ・大人の方ならではの「あるあるネタ」
を、探してみました。(笑)

それでは、いってみよーーう!ヽ( ´ー`)ノ

===================

弾けるところは調子良く速いテンポで弾き
難しいところになると途端に遅くなる

レッスン開始前についつい言っちゃう
「いやぁ、仕事が忙しくてぇ~」の一言
 
最初にとりあえず1回弾いた時の
「家ではもっと弾けていたんです~」の一言

なぜか「絶対音感=カッコイイ」というイメージ

「速い曲=難しい曲」という先入観

Em(イーマイナー)のE をエと読んでしまい
Am(エーマイナー)と勘違いし1人で混乱

♭とマイナーのイメージが重なり、
B♭をBmと勘違いし1人で混乱

自分のテンポがズレているのに、
「もうッ!メトロノーム!(怒)」と思う

メトロノームを鳴らし練習していたはずが
いつの間にか完全無視、聞いちゃいない

練習中、楽譜が閉じてきてイライラ
ページがめくれてきてイライラ

ヘッドフォンの聴こえが悪いので
ボリュームを上げて弾いていたら、
コードがジャックにささっておらず
大音量で公開練習

たくさん加線された音符を見ると
それだけで「うわ…」と拒絶反応

シャープやフラットの調号が多い曲は
それだけで「無理」と拒絶反応

「ピンポーン♪」「……」
無反応なチャイムに予約日時を確認し
顔を赤らめながらそそくさと帰ったことがある

「ソナチネ」を作曲家の名前だと思っていた
(※形式名です)

レッスン中、アドバイスを走り書きし
自宅でメモを読み返すも意味不明
『深くドーン!ここはフワフワ』って何だ?

指導がノッてくると先生が早口すぎて
何言ってるか聞き取れないことがある

指導に熱が入るとホワイトボードに書く
先生の字がだんだん汚くなってきて読めない

油断するとピアノの上が物置状態

複雑なコードの説明とちょっとした出題に、
思考回路がパンク→完全フリーズ
「じゃぁ○○は?」という超簡単な質問でさえ、
「そ…そんなの知りません」という状態になる

予約日時の付箋を捨てずにコレクション

練習を開始するまでには時間が掛かるのに
弾き始めればあっという間の1時間

「ピアノを習ってる」なんて職場の人には
口が裂けても言えない!絶対内緒!

大笑いした時におでこを教室のピアノの
譜面台(または蓋の際)に打ちつける

誰もが知ってる有名な『エリーゼのために』
実際に習ったことがある人は少ない

なんだかんだでやっぱりショパンに憧れる

レッスン直後は光が見えた気がして
「よし!帰宅したらすぐ練習だ!」と意気込む
…が、教室を一歩出れば気分爽快、開放感!
すっかりその気持ちを忘れる

トイレに行きたかったのに練習し始めてしまい、
本来まったくする必要のない我慢をする

自分が練習している曲をyoutubeで
子供が立派に弾きこなしているのを見て凹む

一番右側のペダルを踏んでいるつもりで
中央のペダルを踏み、変な響き具合に焦る

弾けないうちはヘッドフォンを使用
弾けてきたらさりげなく音を出して練習

電子ピアノ、色々な音が出せるけど
使うのは結局「piano」の音色1つのみ

カップ麺にお湯を入れ3分待つ間に、と
ピアノを弾き始め、気付いた時には…(涙)

家族に演奏をとやかく言われるのは嫌
だけど無関心なのも嫌

机の上でカタカタトコトコ…
膝の上でカタカタトコトコ…
ついつい指を動かしてしまう

「ハノン」は曲集の名前だと思っていた
(※人物名です)

以前習った曲を何となく弾き始めたら
”懐かしい曲の旅”に出てしまい、
そのまま長時間帰ってこない
…そして、練習した気満々になる

以前習った曲を何となく弾き始めたら
全く弾けなくて愕然とする
諦めて素直に今の曲に取り組む

コーヒーを飲みながらの練習は
最初の一口以降その存在を忘れ
冷めきったコーヒーを飲む羽目になる

===================

いかがでしたか~?
「あるある!」と共感できましたか?
クスッ(*´m`*) と笑いながら
「なんだ、みんなもそうなのね」と安心し、
そして、「よし、また練習頑張ろ~」と
思って頂けたら嬉しいです。
他にもこんなのあるよ~というネタが
ありましたら教えて下さいね♪

さぁ、まもなくゴールデンウィーク。
お出かけの予定が無い方は
想いっきりピアノ弾きまくりましょう~!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック