私、脱皮しました!2017/09/30

この夏の出来事。
愛犬との散歩中に
綺麗なカマキリの抜け殻を発見しました♪

セミの抜け殻はよく見かけるけど、
カマキリのはあまり見かけないから、
「え?脱皮するの?知らなかった!」
という方もいらっしゃるのでは?
実は、多くの昆虫が脱皮するんですよ。
脱皮を繰り返して大きくなっていくってわけ。
ダンゴムシだって、コオロギだって、クモだって、
脱皮を繰り返して立派に成長するのだ!

カマキリの抜け殻を見つけ、
それを指につまみ眺めながら、
意味深げにニヤニヤと1人喜ぶ私。

ムフ。(*´m`*)

実は。私もどうやら、この夏…
脱皮したんです!!!
いえぇーい!(拍手)

====================

40年もピアノを弾いていると、
越えられない壁、限界のようなものを感じ、
「諦め」や「挫折」といった感覚を
味わう機会は幾度となくやってくる。

いくら練習を重ねても「ここまでか…」と感じたり、
指を開き続けて弾かなくちゃならない曲は
「これ以上は指がキツイ…」と諦めたり、
弾けるようになっても本来の高速テンポだと
満足のいく仕上がりにならなかったり…。
でも、その都度、
「あーでもない、こーでもない」と
試行錯誤を重ねて色んな練習方法を試し、
ひたすら弾きまくり、練習しまくり、
時には、それを放り出して(中断して)、
全く別の曲やジャンルに没頭したりしつつも、
また、改めて再挑戦し取り組み続ける。

そうこうしていると、ふと気が付けば、
いつの間にか苦しかった壁を乗り越えていて、
ある時、「あれ?私、弾けてる!」
なんて状態になっていたりするのだ。

『脱皮』
↑まさにこんな感覚。(笑)
一皮むけてちょっと大きくなった感じ。

そんな脱皮現象も、
子供の頃は短いスパンでたびたびあって、
「ちょっと苦しいな」→「練習、頑張る」
→「はい、脱皮!おめでとう~」と、
すぐに一回り大きくなれたんだけど、
大人になってからは、
ぶち当たる壁も相当、分厚く&高くなり、
そう簡単には越えられないものとなっていた。

自分の力量・テクニックレベルを
客観視できるようになればなるほど、
子供の頃のように無邪気に夢を見て
がむしゃらに頑張ることも難しい…。
練習するにしても時間的な制限もある。
ここ何年も大きな壁を見上げていた気がする。

それが、ここへきて久々の脱皮!!
数年に1度レベルではなく、
10年に1度レベルの豪快な脱皮。(笑)

自分が長年にわたり、
知らず知らずにやってしまっていた
ほんのちょっと、ほんの僅かな
「弾き方の癖」に気が付いたのだ。
そして、指に重みをかける方向と
支えに対する意識を変化させたことで、
一気に苦手だったことが解消したのだ。
んも~ぅ、本当にスゴイ進歩。嘘のよう。
弾ける。弾ける。
自分でも大興奮!

そして、ここへきて譜読みの速度が急激にUP↑
もともと譜読みは得意な方だとは思うけど、
これまでなら「うげぇ~ムリ~」と思ったものも、
不思議とサクサク♪
脳ミソの中で何かしらの新たな回路が、
開通したような気がする。(笑)

====================

今回の『脱皮』。
私は音楽の神様からのご褒美だと思っている。

昨年あたりから、技術の底上げを狙い、
「真剣に頑張らないと無理!」
というレベルの目標を掲げ、
少々厳しめの練習を自分に課してきた。
そして、それに真面目にコツコツ取り組み、
ほぼ毎日きちんと継続してきた。
そのこと自体は、まぁ特別なことではない。
ピアノを仕事にし、教えているワケだし、
真面目に練習するなんて当たり前、
と言えるよね。

私が今回、
この「脱皮」というご褒美を貰えたのは、
単に練習を真面目に頑張ったから、ではなく、
多分、その過程を心から楽しんでいたから。
かつてこれほどまでにエチュード(練習曲集)を
「うわぁ~♪楽しい!」と思いながら
練習で弾いていたことなんてあっただろうか?

思い起こせば、
小学生の頃から練習曲集は何冊もやってきた。
チェルニーで言うなら、100番に始まり、
30番、40番、50番…とやり続け、
30番や40番は終わったら
「もう一度、最初から」と言われ、
2度3度と繰り返し学んだ。
その他の練習曲集も色々やったけど、
正直、つまならいと思ってたし好きじゃなかった。
仕方なく嫌々やっていた感じは否めない。
(※ショパンのエチュードは別物として扱います)

ところが。
今は違うのだ!

1曲1曲弾き進めることがとにかく楽しい。
少しずつでも形になっていくことが嬉しい。
同じ音形の反復練習も必要に感じるし、
腕、手首の使い方、軸や重心などを考えたり、
和声の流れを感じ取りながら弾くのも楽しい。
要するに、
「はぁ、エチュードも練習しなくちゃ…」じゃなくて
「あぁ~エチュード練習したいッ♪」という変化。

タイトルのついているような曲を
派手に弾きこなすことだけでなく、
地味な基礎を学び続けることも大切に考え、
そして、それを純粋に楽しめるようになった私へ、
神様がご褒美をくれたのかなぁ~
なんて思ったりしたのです。(^-^)

とにかく毎日、練習が楽しいんだよね。
(もちろんレッスンで教えるのも楽しい!)
ピアノ弾いてると幸せ~って気分。
ピアノを弾き始めて40年がたち、
この夏、久々の脱皮をして(笑)、
ますますピアノが大好きになったのでした。

脱皮したカマキリも一回り大きくなって、
今頃は立派な鎌を振り回しているかな?



脱皮、バンザイ!ヽ( ´ー`)ノ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック