大人には大人のピアノ2017/08/19

◇ 夏休みのお知らせ ◇

今年は、9月9日(土)~14日(木)まで
夏休みを頂きます!!
その期間はレッスンが行なえませんので、
ご迷惑をおかけしますが、
スケジュールの調整を宜しくお願い致します。

===================

皆さんご存知の通り、Studio*ABE*は
大人の生徒さんしか在籍していない
『大人のためのピアノ教室』です。

私がこの教室を始めた20年近く前は、
『大人専門の教室』どころか
≪大人のコース≫すらまだ数は少なく、
かなり珍しいタイプのピアノ教室でした。
それが、ここ数年で一気に増加!
街にある多くのピアノ教室が
「大人のコースもあります」
「大人の方もレッスンいたします」と
掲げるようになりました。
そして、
実際に大人の生徒さんも教え始めた先生は
子供さんとのレッスンの違いに驚くわけです。

以下は、あまり好ましくない
大人のレッスンでありがちな生徒さんと
行なわれがちなレッスン(先生)の例。

~生徒側~
・教室に通う=弾けるようになると思っている人
・豊富な知識で弾けた気になっている人
・自分の演奏がCDのようにならず卑屈になる人
・自宅での練習時間がほとんど取れない人
・1から「譜読み」を手伝う必要がある人
・基礎無しに「有名曲(=難曲)」を弾きたがる人
・要望を越した我儘を遠慮なく言ってくる人
・仕事を理由に予定変更が多い人
・発言が「できない」「向いてない」と後ろ向きな人
・「基礎は今更もういいから」と言い放つ人
・レッスンそっちのけでお喋りが止まらない人
・子供向けの教本には抵抗がある人
・個人的な誘いをしたり、口説いてくる人

~先生側~
・何となく弾けていれば丸にして機嫌をとる
・希望をなんでも優先し適切な判断をしない
・「言っても無駄」と深い内容のレッスンをしない
・進みが遅いこと、覚えの悪さにイライラする
・大人相手だと遠慮して”注意”ができない
・子供のような順調な上達を期待してしまう
・中~上級曲を弾きたがる生徒は面倒くさい
・レッスン時間を練習や譜読みに充てたくない
・大人の趣味=気楽、と勘違いしている
・何かにつけ子供と比較する
・子供のレッスンと内容や進め方が全く同じ
・教材や曲目に対する配慮が足りない
・「とにかく基礎」で柔軟性がなく頭が固い
・コードの知識がほとんど無い


使う教材と進め方は先生が決めて、
「譜読み」は生徒さんが自力でやってきて、
自宅では練習(予習・復習)をやってくれて、
レッスンでの指導には従順に従い、
「基礎が大事」「この曲はまだだよ」と言えば、
素直に納得してくれる、もしくは、
言い聞かせることができる子供たち。
(※もちろん例外はあると思うけど、
子供本人にやる気があり
保護者の協力が得られる場合の
一般的なレッスンでは、ということです)

が、しかーし!
大人はそうはいかないのですッ!!(笑)
なんてったって…

まず、毎日が忙しい!
そして、プライドもある!
ついでに、耳は肥えている!
更に、基礎の大事さはわかっていても、
「あと何年楽しめるか」を考えたら
チンタラ進んではいられない。
ピアノを楽しむために始めたんだから、
憧れの曲や楽しめる曲を弾きたい。
でも、難しくて時々挫折しそうになる。
YouTubeで子供の演奏を見て
凹んだり、自信をなくしたり…。(´・ω・`)

これって、考えてみたら当然のこと。
こんな風に思う気持ち、
私、よーーーーくわかるんです。

上記の生徒さんの例の中には
「うーん、それはダメでしょ」と
言いたくなるケースもありますが(苦笑)、
これらは大人のレッスンではよくあること。
特別変わったことではありません。
それにどう対応・対処していくか、
これが先生の腕の見せどころ!
大人のレッスンの醍醐味なのです♪

生徒さん1人1人の
その時の状況と気持ちに寄り添い、
その人に適したメニューを組んで、
色々な角度から指導することで、
良い方向へと進んでいきます。
先生側が勝手に生徒さんの限界を
決めてしまうなんてダメ!
生徒さん側が学ぶ意欲を持続できるよう
教え導き、知的好奇心を刺激して、
この先にある可能性を示すこと。
これが大事だと私は思っています。

「大人の生徒さんは基礎やりたがらない」
「どうせ長続きしないで辞めていく」
「今更、表現とかフォームとか言っても無駄」

残念ながら、
大人への指導を行なっている先生から
このような発言を聞くことがあります。
でも、これって「そうかな?本当に??」
と、私は思うんですよね。
だって、
「えぇ!?実際はそんなこと無いのに~」
って思うんだもん!!

「時々スタジオの生ピアノで練習しています」
「良いタッチの電子ピアノに買い替えたんです」
「ピアノって奥が深いんですね~」
「朝、出勤前に少しだけど練習してます」
「”ただ弾く”以上のことに興味が出てきました」
「楽典の本を買ってみようと思うんですが…」
「好きな曲の他に練習曲もやってみます!」
「やっぱり基礎は大事ですね~」
「いやぁ、もう10年以上の付き合いですね」

これらはウチの教室の生徒さん達から
発せられた言葉の数々。
大人の趣味のピアノは気楽なものだから
適当に丸つけて機嫌をとっておけばいい?
いやいや、
「楽しい趣味」であっても、
決して全員が「お気楽」なわけではなく、
私が感心してしまうくらい、
多くの方が真面目にピアノに取り組み、
真摯にピアノに向かっています。
向上心を持って学んでいますし、
本当にその姿勢は素晴らしいのです。
(勿論「お気楽コース」を望まれる方もいます。
それはそれで、大いに結構なことです!)

練習時間を確保するのは難しいし、
進みはゆ~っくりかもしれない。
だけど、
「大人には大人のレッスン」をすることで、
ピアノ学習に対する意識は高まるし、
それが確実な進歩や成果に繋がり
充実したレッスン時間を
双方が得られると実感しています!


あらら、今回も長くなりましたね。(汗)
つまり…えぇ~っと、
何が言いたいのかというと…
「大人を教えるのはやっぱり楽しい~」
ということ。
そして、
Studio*ABE*に通ってくださってる皆さんは
どの方も私の自慢の生徒さんだよ~♪
ってことでした。(*´∀`*)アハ。
ホント、皆さんの頑張りに刺激されています。
感謝です。
私も先生として日々精進なのだッ!!

教室のロゴマーク2017/02/20

Studio*ABE*のホームページデザインを
全体的に手直ししました!
(PC閲覧用のWEBページです)

ウェブデザイン素人の私が
テンプレートなどを使わずに、
なんせ1から作っているので、
プロが見たら「何じゃこりゃ」な
感じだとは思いますが、
手直しをして以前より
少しはマシになったかな?(笑)
今回も、「大人向けの教室である」
という雰囲気を出しつつ、
男性にも抵抗なく受け入れてもらえる
色合いとデザインを心掛けて作りました。

デザインを変えただけで、
各ページの内容(文章など)は
殆どそのままです。
レッスン方針や教室の案内など
教室の「軸」となる部分に
変更はありませんのでご安心ください。

先日のブログ記事で少し書きましたが、
教室のロゴマークを考え作ったので、
そのマークをホームページのほうにも
使いたかったのです~。(^-^)
ホームページのトップページ下部に
教室のロゴマークが意味すること
(=マークに秘められた私の想い)が
綴ってありますので、
お時間ある方は見てみて下さいね。

一応ブログでもお伝えしておきます。
以下、ホームページより。

===≪ロゴマークについて≫======

「親切&丁寧にレッスンを致します」
という私の気持ちを表した
ハート形のフォルム。
鍵盤はピアノを弾く「技術」、
五線譜は音楽を理解する「知識」を
それぞれイメージし、
その重なりは技術と知識の
バランスのとれた融合を意味しています。
また、地道に練習を繰り返す、
以前習っていたピアノに再挑戦する、など
「諦めずに何度でもトライしてもらいたい!」
という願いを込め、
五線譜には”繰り返し記号”を用いました。
私の自作デザインです。

===================

~スマホで見る場合~

現在、スマホから
ホームページにアクセスすると、
自動的にモバイルサイトが表示されます。
スマホでPC版を閲覧したい方は、
モバイルページの1番下にある
「PC版を閲覧」をタップしてください。
(各ページ毎タップする必要があります)

華やかな経歴はないけれど2016/10/06

私には輝かしい経歴はありません。

よくピアノの先生のプロフィールって、
○×コンクールで△賞受賞 とか、
海外での留学経験あり とか、
◇△協会会員 とか、
色々と書いてありますよね。
私、そうゆうの一切ありません。(笑)

コンクールなど受けたことないですし、
学生時代はここで何度も書いている通り
かなり不真面目な生徒だったので、
(音楽で遊んでいた感じです…)
ピアノも声楽もそこそこで、
素晴らしい成績は残していません。
そして、「どこかに所属する」というのを
あまり好まない性分なため、
どこかの団体に属したこともありません。
当然、「プロの演奏家です」なんて
名乗れません。食べていけません。(汗)

まったく無名の街のピアノの先生です。

実は、以前、
「尊敬する○○先生(有名な方)に
ピアノを習えることになったので
ここの教室、今月で辞めます」
と、ある日突然メールで言われ
レッスンを終了したことがありました。

「演奏活動もしているスゴイ先生」
「CDも出してる有名な先生」と、
「無名な自分」を比べることが
そもそも間違いだとはわかっていますが、
その時は、その生徒さんのために
教材を作ったり、カリキュラムを組んだり、
一生懸命やってきたレッスンは
いったい何だったんだろう…、と、
悔しさだか虚しさだか何だわからない
後味の悪いモヤ~っとした気分になり、
正直、かなり凹みましたねぇ。(´д`lll)

そのことがあってから、いろいろ考えました。
私は何に凹んでいるのか?
生徒さんが自分のもとを去ったから?
尊敬する先生に習うことになったのに、
喜んであげられない自分の心の狭さ?
自分が無名であることが悔しい?
じゃぁ、自分は有名になりたいの?
自分には何がある?
自分の強みって何?
自分のやりたいことって何?
と。

…え?答え?

まだ、出ません~。(笑)


でも、無いもの尽くしな私ですが、
「これはある!!!」と、
胸を張って言えることがある、
ということに気付きました。

「音楽&ピアノが大好き!」
「教えることが好き!」
という気持ちはもちろんですが、
大人にピアノを教えることに対する
≪意欲と情熱≫です。
これはシッカリと持っています!
無名だし、輝かしい経歴はないけれど、
「大人を専門的に長年指導してきた」
という実績があります!(^-^)v

大人に適した指導やアプローチの方法、
説明やアドバイスの伝え方、
個別に対応できるだけの引き出しの数、
大人が望む「ピアノのレッスン」とは
どういったものなのか?
大人にとっての「ピアノの先生」は
どういった存在が理想的か?などなど、
自分なりに考えて、勉強&研究し、
1から積み上げてきたものがある!!
と、気が付いたんです。

世の中には、
「大人のレッスンはつまらない」
「大人を教えるのは面倒くさい」
「適当に褒めて気分良くさせておけば良い」
と思っている先生がいたり、
そもそも「実は教えることは好きじゃない」
という演奏活動メインの先生がいたり、
子供の数が減り始めたから
大人「も」教えるようになった、という
時代の流れと生徒人数確保のために
大人の指導を始めた先生がいたり…と、
さほど≪意欲・情熱≫を持つことなく、
大人を対象にピアノを教えている教室が
残念ながら、あるんですよね。

※もちろん多くの先生は、
大人の指導にも情熱をもって
取り組んでいると信じたいです!

そしてまた、習う側の生徒さんのほうも、
ピアノ教室を探す際に、
「海外留学やコンクール受賞歴の有無」
を重要視したり、
「演奏家として活躍している人に習いたい」
「有名なスゴイ先生の指導を受けたい」
という希望があったりするんですね。

考え方、感じ方は、人それぞれ。

こんな私に対して、
「ピアノ、楽しい~」と笑顔を見せてくれて、
「レッスンに来るのが楽しみなんですよ」
と言ってくれる大人の生徒さん達がいます。
それだけで充分じゃない?
しかも、大学時代に夢として掲げていた
「大人のためのピアノ教室を開くこと」が
今こうして叶っているわけだから、
これってホントに幸せなことだよね。

そう思ったら、いつの間にか
凹んでいた気持ちはスッと消えていました。

「先生のピアノの音色に涙がでるの」
と、言ってくださる生徒さんがいます。
いつも私のことを(過剰に)褒めてくださり、
歯の浮くような恥ずかしくなる言葉を
たくさんかけてくださいます。
お世辞だとわかっていても、
嬉しいものです。
そんな風に言ってもらえるのは、
ありがたいことだなぁ、と思うと同時に、
その言葉に見合う自分にならなくては…と、
ピリッと気が引き締まります。

今、自分にできることを精一杯やる!
そして継続する。
華やかでなくても、輝かしくなくても、
いつか振り返った時に、
しっかりとした1本の道ができているはず!

はず…。
だよね。


そうだと、いいな。(笑)

著作権侵害は犯罪です2015/06/14

キャッチコピーやコンセプト、方針・内容など、
Studio*ABE*のサイト内の文章を無断転載し
あたかも自分の想いを綴ったかのように
ホームページを作り、生徒募集を行なっている
ピアノ教室があります。

これは著作権侵害にあたり、犯罪です!
(本日の記事はホームページ内にも載せました)
=======================

つい先日のことです。
Studio*ABE*の教室の雰囲気や
レッスン方針、内容をお伝えするための
キャッチコピーをはじめとする各ページの文章が
無断で盗用されいることがわかりました。
「大人を専門に指導する」と謳い、
当サイトと同じ文章を用いて
生徒募集を行なっているその教室の講師は、
大変ショックなことにStudio*ABE*に
一時期、3ヵ月ほど通われていた
元生徒さんでした。
本当にビックリしました。

当サイト内にある文章は全て、
私がピアノレッスンへの想いを込めて、
時間をかけて考え作り出したもので、
その著作権は私にあります。
何故こういったことが平然と行なえるのか
私には全く理解できませんし、
残念でなりません。

ピアノ教室を探している大人の方々は
数あるピアノ教室の中から、
「どの先生が自分に合うかな?」
「この教室なら通えるかな?」
「ネットで探して大丈夫かな?」と、
ピアノレッスンを始める楽しみと同時に
不安も抱えて教室を探していると思います。
そこに綴られたピアノの先生の言葉を読み、
ホームページの内容や雰囲気から、
その教室を信じて、
「よし!ここに連絡してみよう」と、
1歩を踏み出すわけです。

自分の言葉で想いを伝えない「文章の盗用」は、
これからピアノを習おうと思っている
その方々の「勇気」と「信頼」を
踏みにじる行為であると言えます。
そして、複数のホームページで
同じ文章(講師の想い)が存在するということは、
当サイト側が真似をしている、という
間違った印象や誤解を与えることにも繋がり、
Studio*ABE*の信頼を著しく損ないかねません。
非常に不愉快であると同時に、
生徒さんに対する不誠実な行為に対し
強い怒りを覚えます!!

※彼女に対しては抗議文書を送りました。
 経緯の説明と、サイトの削除
 (または該当文章の削除)、謝罪を求め、
 回答待ちの状態です。

◇無断転載が発覚した場合◇

当サイトで使用している
文章・画像・イラストはすべて
Studio*ABE*が著作権を保有しています。
Studio*ABE*管理者(私)の許諾を得ずに
当サイトの文章・画像などを無断転載、
無断使用することは固くお断りいたします。
これに違反することは著作権侵害にあたります。
無断転載が発覚した場合には
直ちに掲載内容を削除するよう請求します。
速やかに応じて頂けない場合には、
サイト名、サイトURL、管理者を公表するとともに、
法的な手段・手続きをとることも検討いたします。

======================

それにしても、
元生徒さんがこんなことをするなんて…。
がっかり。
はぁ、人間不信になりそうだ。(ノД`)

Studio*ABE*について2014/10/11

前記事『先生も教室もいろいろ』では、
  街には色々なピアノ教室があり、
  教室の特徴、方針などには違いがあり、
  先生のタイプも色々で、
  得意とする事や出来る事が違いますよ~
ということを書きました。
じゃぁ、Studio*ABE*はどうなのよ?
ということで、今回は当教室について書きますね。
すでにウチの教室に通われている方も、
興味がありご覧いただいている方にも、
目を通して頂けたら嬉しいです。(^-^)

====================

Studio*ABE*は、
「ピアノで遊ぶ」を理想のスタイルとし、
ピアノを使っての「遊び心」を大切にしています。
HPをご覧頂ければわかるかと思いますが、
バリバリのクラシック派ではありません。
ジャズは好きですが、
それが専門というわけでもありません。
「大人を専門的に指導している」
というのが、教室としての大きな特徴です。

以前の記事にも書いたと思いますが、
私は幼少の頃より
正統派クラシックピアノを学び始めましたが、
「即興で自由にピアノを弾くこと」や
「ジャズよりのサウンドを奏でること」に
常に喜びや楽しさを感じていたので、
小~中学生くらいになると、
興味あるピアノ曲と言えば、
もっぱらラグタイムやブルースに!
西部劇に出てくる「酒場のピアニスト」に
ものすご~く憧れていました。(*´Д`*)
気に入った音楽を適当に耳で拾い、
雰囲気を真似して、いつも弾き遊んでました。

長年、勉強してきたクラシックピアノが
自分のベースにあることは確かですが、
クラシックはピアノのレッスン(勉強時)のみで、
普段はそれ以外の音楽に親しんでいたので、
音楽に対しては許容範囲が広く、
「かなり柔軟なタイプ」と言えると思います。
そんな経緯があったからなのか、
作曲やアレンジも積極的に行ないます。

曲を「再現するため」には楽譜は必要だけど、
音楽を「奏でる」だけなら楽譜は必要ない、と、
思っているので、その場に楽譜がなくても
適当にピアノを弾いて曲を奏で、
何時間でも遊んでいられます。
ひたすら飽きることなく。(笑)
そう!私にとってピアノを弾くことは、
まさに「遊んでいる」という感覚なんです。
”クラシック一筋”で真面目に
勉強されてきた先生と比べると、
何とも適当で、チャランポランな先生に
思えるかもしれません。(´д`lll)

「楽譜がないと何も弾けない」じゃぁ、
せっかくのピアノがもったいない!
大人の方に、ピアノという楽器を使って、
音楽を総合的に楽しめるようになってほしい!
そう思いながら、日頃の指導にあたっています。

また、私は「どう弾くべきか」より、
本人の「こう弾きたい」を重視しています。
生徒さんの「興味」や「好き」という気持ちに
寄り添う形でレッスンを進めているので、
次のような方には、
もしかしたら不向きな教室かもしれません。

 ・ピアノに思い入れ(好き・憧れ)がない方
 ・弾きたい曲、好きな曲が特にないという方
 ・「楽しさ」より「正しさ」を追求したい方
 ・教科書通りのレッスンを希望する方
 ・先生に「お任せ」「丸投げ」という方
 ・時代背景、解釈、奏法などについて議論し、
  「どう弾くべきか」追求したい方
※各項目はわかりやすくするために
  少々極端な表現で書いています
※基本を蔑ろにしても良い、ということでは
  ありません。

「趣味としてピアノを楽しんでほしい」
「ピアノという楽器そのものを楽しんでほしい」
という思いが土台にあるので、
守備範囲(レッスン内容)はかなり広めです。
しかし、逆を言うと、
「本格正統派のクラシック(orジャズ)で
内容を掘り下げ”上級クラス”のレッスンを!」
となると、専門的に勉強&指導されて、
そちらの方面で活躍されている先生の
指導を受けられた方が(お任せしたほう)が、
生徒さんのためになると思っています。
※このことからコンクールや受験目的の
レッスンはお引き受けしていません

守備範囲を横に広げるだけでなく、
掘り下げ理解を深め、技術の向上を図ること。
そして、常に指導力を磨くよう努力すること。
これが、ピアノの先生として、
私が「すべきこと」だと考えています。
日々精進!勉強&練習あるのみ!
学生時代にサボっていた分を取り戻すべく、
今になってせっせと練習に明け暮れる日々。(笑)
今や「真面目な練習」も遊びの一部となって、
なかなか楽しいもんです。

「ピアノの先生は何でも弾けるはず♪」
…という、
生徒さんが抱く”憧れの先生像”に
一歩でも近づけるよう、私も頑張りますよー!
さぁ。今日も練習だ!!
まだまだ勉強中の私ですが、
皆さんこれからもどうぞ宜しく。

ピアノを楽しみながら
一緒に成長していきましょう~。ヽ( ´ー`)ノ