言葉の持つ力2017/05/25

先日の出来事。
昼、夕方、夜…と連続してレッスンが入り、
あわただしくバタバタと過ごしていたら、
たまたま庭先で出会った父に、
「お。頑張ってるね~」と、声を掛けられた。

「頑張ってね」ではなく、
「頑張ってるね」という一言。
たった一文字「る」が入るかどうかの違い。
だけど、受け取る側の気持ちは
その一文字で大きく変わる。
その時、私は「頑張ってるね」と言われ、
自分のことを見てくれている存在がいる、
と感じることができ、
嬉しい気持ちになると同時に、
何だかハツラツとした気分になれた。
思いがけず、ふいに頑張りを認められて
ハッピーな気分になれたんだなぁ。(*´Д`*)

ちなみに「頑張ってね」だと、
受け取り手の状況(心の余裕)によっては、
他人事のように感じられ冷たい印象に思えたり、
プレッシャーを与えてしまう恐れがあるので、
少し注意が必要かもしれない。
…とはいえ、私個人的には
「頑張ってね」というストレートな言葉も
励まし・応援という意味合いで
決して嫌いな言葉じゃないけどね♪
(最近では、状況などに一切関係なく、
「頑張ってね」という言葉自体を
使うことがタブーな雰囲気があって、
そのほうが何だか気持ち悪い気がする)

この出来事のように
人を元気にさせたり、やる気を起こさせたり、
同じような言葉でもたった一文字の違いで、
相手に感じさせる印象が変わったり。
言葉には本当に力があるなぁ、と実感。
ということは、
逆パターンとして、良くない方向に
その力が働くこともあるワケで…。

レッスンしていてよくあるのが、
「できない」「ダメだ」「無理」「苦手」
などのマイナスなイメージの言葉を、
生徒さんが自分で口にしてしまうこと。
これは本当に残念。
良いことは何もない!!
むしろ悪い影響が出ちゃうんです。

「できない」などの言葉を多用することは、
無意識に自分自身を言いくるめて、
自己暗示にかけているようなもの。
「うんうん、そうだよね。私できないよね」と、
自分を納得させてしまうので、
当然、行動もそれに伴うものになっていく。
そしてその結果、ほら、やっぱり。
「できない」の出来上がり~。
となるワケ。

ピピィィィーーーーーッ!!(警笛)

自分で自分の限界を決めつけちゃうなんて、
何ともったいないことか!!
そして、出来るようになったこともあるのに
「できない」にフォーカスしてしまうとは
何とつまらないことか!!

何度練習を重ねても間違えてしまったり、
一向に弾けるようにならないと、
「できない」と思ってしまう気持ちはわかる。
そう感じること自体は普通の感覚なので、
仕方がないし特に悪いことではない。
だけど、ちょっと待って。
そこで「できない」「無理」「ダメ」と
わざわざ口に出して言わないで!!

スポーツ選手が競技中に
「ハッ」「ヴグァ~!」などの声を出すと、
声を出さずにやるよりも
力が発揮されることは証明されています。
「あなたは○○な人」と言われると、
人はそれにふさわしい行動を取るようになる
こと(=ラベリング効果)も証明されています。
古くから「言霊」=言葉には魂が宿る、
などとも言われるし、
「口に出したほうが願いは叶う」や、
「笑いが病気を治す」も有名ですね。

言葉にする。声に出す。
発する(発せられる)ことで脳の働きを通して、
気分や思考、行動、身体機能にまで、
何らかの影響を及ぼす言葉や声。
それだけ力があるんです。
言葉の持つ力を侮ることなかれ!

ピアノを練習していて
ネガティブな思考に陥ってしまう生徒さんは、
無意識に否定的な言葉を発していないか、
少しだけ気を付けてみて。
気にしてみるだけで
何かが変わるかもしれませんよ!?

ちなみに。
ここだけの話ですが…
何度、練習してもうまく弾けない時、私は、

「絶対にできーーーーーーる!!ヽ(`Д´)ノ
あと少しで弾けるようになーーーーる!」

と、ピアノに向かって
1人叫んだりしているのでした。(笑)


=====≪お知らせ≫==========

交流会のお申し込みは、5月末日が締切です。
参加する/しないにかかわらず、
申し込み用紙のコメント欄をご記入のうえ、
(参加される方は会費と一緒に)
提出してくださいますようお願い致します。

交流会BLUESの楽譜がお手元にない方、
交流会BLUESでの担当パートが不明な方、
交流会BLUESを練習しておきたい方、は、
遠慮なく申し出て下さい。
申し出があればレッスンを致します。
交流会ブルースに関して私の方から
あれこれレッスンを促すことは殆どありません。
心配な方は自分からおっしゃってくださいね♪

=====================

生演奏を聴きに行こう2017/03/28

ちょっと久しぶりのブログ更新。
早いもので3月も終わりに近づき、
桜のシーズン到来ですね。
…といっても、
ここ数日はあまりの寒さに咲くのもストップ。
本格的に咲き始めるのは
今週末くらいでしょうか?
それにしても毎日、毎日があっという間。
気付けば、もう今年の4分の1が終わっちゃう!
嘘でしょ~早すぎです~。((+_+))

さて。今年の1月、初回レッスン時に
皆さんに「今年の目標」をお聞きしましたが、
その後、順調に目標達成に向けて
進んでいますか?

・年間で〇曲仕上げる!
・姿勢やフォームを気を付けて練習する
・毎日少しでも練習時間を確保する
などなど。
皆さん、それぞれに目標を立ててくれました。
「しまった!Σ(||゚Д゚)…忘れた」
という方は申し出てくださいね。(笑)
記録してありますので、こっそり教えます。

その中に、「お。それ、いいね♪」
と思った目標がありましたので、
今日はそれを紹介したいと思います。

=================

目標 『ピアノリサイタルに足を運ぶ』

=================

音楽が好きで、ピアノが好きで、
こうしてピアノ教室に通い、習っていても、
「生演奏はなかなか聴く機会がない」という方、
実は案外多かったりします。
また、
「ロック歌手のコンサートはたまに行くけど、
オーケストラは聴いたことがない」とか、
「ライブハウスでジャズを聴くことはあっても、
ピアノリサイタルは行ったことがない」とか。
同じ音楽でも、ジャンルや楽器が違うだけで、
そのスタイルの生演奏を聴くのは未経験、
なんてこともよくあります。

ピアノを学んでいるのでしたら、
たまにはピアノ演奏を生で聴いて頂きたい!
…と、私としてはやはり思うわけです。
だから、この目標を聞いたときには、
「おぉーーーー!!!素晴らしい!」
と、嬉しく思ったのでした。

クラシックのソロリサイタルならば、
思う存分ピアノ曲を堪能できますし、
実際に弾いている姿をその場で見るのは、
本当に刺激を受けますよ~。
繊細で美しい音色に包まれウットリ。
素早い指の動きには目が釘付け!

ピアノトリオなどのジャズならば、
その場その場で繰り広げられる、
臨場感のある演奏に興奮すること間違いなし!
カッコイイ音使いに酔いしびれ、
くぅ~!いいね~!ジャズ最高~☆って
全身で感じることができると思います。

もちろんピアノに限らず、生演奏ならば、
ヘヴィメタルだろうが、合唱だろうが、
アイドルグループだろうが、和楽器だろうが、
どれもみんなオススメしますョ。
もしも、アナタがこれまで
「CDを買ってそれを聴くだけだった」というなら、
まずは生演奏をぜひ!と思うのです。

「ピアノはよく聴きに行っています」という方は、
たまにはピアノ以外の楽器や
聴きに行ったことのないジャンルの演奏を
聴きに出かけてみてはいかがでしょう?
想像もしていなかった新たな世界が開けて
音楽の幅が広がるかもしれないですし、
「いやぁ、やっぱりピアノが1番だね!」と
再認識するかもしれませんしね。(笑)

さてさて、そんなわけで。
私は今日、中学校吹奏楽部の
演奏会を聴きに行ってきまーす♪
近所の女の子から「ぜひ来てください」と
招待のお手紙を頂いたのだ!ヽ( ´ー`)ノ
吹奏楽は普段あまり聴く機会がないので
ワクワクします。

楽しみ、楽しみ。

ひと工夫で弾きやすく2017/01/22

普段、皆さんが使っている楽譜って
大譜表(=右手左手でひとまとまり)が
1ページのうちに何段かにわたって
書かれていますよね。
五線譜を4つに区切って(4分割して)、
次の段に移るときもあれば、
1段が5小節だったり、6小節だったり…。
よくよく見てみると、
「1段を何小節で区切っているか」は色々。

これが実は厄介。
曲のまとまりやフレーズとは関係なく、
変なところ(=中途半端なところ)で
次の段へと移ってしまっていることが
結構あるのです。
編集の関係上、決められたページ数に
その曲をちょうどよく収めなくてはならず、
音楽の流れを無視した状態で、
小節数が割り振られていたりするんですね。
また、それとは別のパターンですが、
細かい音符がた~くさん並ぶような曲だと、
「1段がまるごとたったの1小節」、
なんてこともあるんですよ。

でも!
本当はフレーズの切れ目に合わせて
段が変わるほうが断然弾きやすい!
ほんの少しのことだけれど、
段が変わる時は目線を右から左へと
移さなくてはいけなので、
音楽的な流れが少しでも切れていた方が
弾きやすいわけです。

先日、レッスンでの出来事。
一息で弾き切りたいフレーズが
ひとまとまりにならなかった時のこと。
楽譜を見ると、案の定フレーズの途中で
次の段へと移っていました。
「途中で段が変わるけど、
それに惑わされ影響されてはダメですよ」
というアドバイスをし、
「段(小節割り)が直せると良いんだけどね~」
なんて言いながら、
その時はレッスンを進めました。

そして次のレッスンの時、
生徒さんの楽譜を見ると、
なんと本来のフレーズのまとまりに合わせ、
段が4小節ずつきれいに
カスタマイズされているではありませんか!
コピーをとって切り貼りしてあったのです!

おぉーーーーーーぅ!!!!
なんと素晴らしい!

本人にその効果を聞くと、
「弾きやすくなった!(^-^)v」と。
そうなんです!
段の切り替えを本来のまとまりや
フレーズに沿ったものにするだけで、
目線の動きが自然なものとなり、
ぐんと譜面が読みやすくなるんです。
(=それに伴って弾きやすくなる)
ピアノ歴が長く”楽譜慣れ”している人は、
「段の影響」をあまり受けないかもしれませんが、
初心者さん、初級者さんの場合は、
はっきりと違いを感じられると思います。

楽譜のコピーを取り、切り貼りをして、
段ごとの小節数をフレーズに合わせ調整。
少々手間はかかりますが、
楽譜のカスタマイズ、
やってみる価値ありですよ♪

それにしても、その手間を惜しまず、
実際に行動に起こした、
生徒さんの熱意とやる気に感心!
嬉しいですね~。(*´∀`*)
ひと工夫で弾きやすくなることもあります。
是非お手本&参考にしてくださいね。

レッスンの受け方~その他~2016/09/09

先日よりシリーズでお届け中。
≪レッスンの受け方≫
3回目の今日は≪その他≫です。

====================
どんな受け方(習い方)をしているの?
≪その他編≫

まず、月謝に関して。
レッスン前にお渡しくださる方もいれば
レッスン後の方もいます。
これ、どちらでも全く構いません。(^-^)
「袋を紛失しそうだから」と持ち帰らずに、
教室での保管を希望される方もいます。
また、前月のうちに「来月分です」と
早めに月謝を納めて下さる方もいます。
Studio*ABE*の生徒さんは皆さん、
本当にきちんとしてくださっていて、
つり銭の要求や滞納もなく助かっています!
気持ち良く日々のレッスンが行なえていることに、
心から感謝しています。
ありがとうございます。

予定変更(キャンセル/振替)などに関して。
殆どの生徒さんは滅多に変更などもなく、
いつも予約した日時にいらっしゃいます。
…が、変更の多い方もいらっしゃいます。
人によっては2~3回に1度の頻度で
キャンセルや振替を要求してこられます。
これはお仕事の関係もあるので
仕方のない部分のもあるのでしょうが、
「予約日時にレッスンを行なう」が原則です!
このことはお忘れなく~。

※注意※
レッスン後に約束した日時(予約日時)に
私は時間を確保してお待ちしています。
前日までに連絡を入れてお休みをした際、
振替レッスンを(可能な範囲で)行ないますが、
その場合は、
本来レッスンのために空けていた時間の他に
私のプライベートな時間を割いて
対応することになります。
その辺をどうぞご理解くださいますように…。

他には、
平日夜間のレッスンでよくあることとして、
遅刻に関してですが、予約の時に
「残業の可能性があり10分位遅れるかも…」
など、事前にお知らせ頂いていた場合には、
その予定でスケジュールを組みますので、
範囲内の遅刻であれば問題ありませんョ。
寝坊や電車の乗り遅れ、道間違えなどの
いわゆる「普通の遅刻」!
これは気を付けましょう~。
時々ありますけどね。
ま、誰しもやらかしてしまう時はあります。
「どうしたのかな?」と心配しつつ待っています。
平然と「こんにちは~」と入室するのではなく、
ひと言、謝罪できる人であってほしいものです。

あと、何気ない「お喋り」の時間。
これも人によって随分と差があります。
最近の出来事をお話ししてくださる方、
ご家族やペットの話しをして下さる方、
たまに仕事の愚痴をもらしてみたり(笑)、
時には恋愛話を聞かせてくれたり…。
もしかしたら「レッスン以外の会話は不必要」
と感じている方もいらっしゃるかと思いますが、
実はそんなことはありません。
レッスンとは関係のない「ちょっとしたお喋り」
をすることで緊張がほぐれたり、
親近感が増すことで質問しやすい環境が整ったり、
レッスン時間を更に有意義なものに
変えることができるんですョ。

「レッスン時間がお喋りで潰れてしまうのでは?」
と不安に感じている方。安心して下さい♪
レッスンはレッスン。みっちりやります!(*^ー^)ノ
「無駄話ししていては迷惑がかかってしまう」と、
そそくさと支度をし即行でピューッ!と帰っている方。
たまにはちょこっとお喋りもどうぞ。(笑)

===================

さて。3回にわたり記事に書いてきましたが、
(3回も引っ張るほどの内容か??汗)
「他の人はこういう時どうしてるの?」
という疑問が他にもありましたら、
是非、お声を聞かせて下さいね。
その時はまた皆さんのレッスン風景を
ブログ内でお伝えできればと思っています。


*オマケ*
9/10~14 夏休みを頂きます。
その間はPCをチェックできませんので、
用事のある方は携帯へご連絡ください。
体験レッスンなど「お問い合わせ」に関しては、
返信が15日以降になりますので
予めご了承ください。

レッスンの受け方~質問編~2016/09/04

前記事≪レッスンの受け方≫の続きです。

====================
どんな受け方(習い方)をしているの?
≪質問編≫

レッスンの受け方(習い方)として、
「質問をする/しない」も
生徒さんによってかなり違いがあります。

「先生、しつもーん!( ´ ▽ ` )ノ」と
レッスン中にどんどん質問が出てくる方、
「何か質問はありますか?」と尋ねても
「大丈夫です」と質問が殆ど出ない方、
「今日はいくつか質問あるんですけど…」と
予め疑問点などをまとめ用意されてくる方、
などなど。
基本的に、疑問・質問はウェルカムです!
(レッスンに関係していることならば)
自宅で練習していてわからなかった点、
楽譜に書いてあることで不明なこと、
レッスンでイマイチ理解できなかった時、
以前習ったことで確認したいこと、など、
レッスン時間内でしたら
何でもドシドシ聞いて下さい。

知らないこと&わからないことは
恥でも何でもありません!
今更かな…という初歩的なことでもOK。
わからなければ何度も質問して頂いてOK。
せっかくピアノを習いに来ているんです。
遠慮なく「私」を使って下さいね。(笑)

レッスンの質を高めるためにも
「質問すること」はとても大切です。
質問の内容やその傾向から、
生徒さんの置かれている今の状況を
私が把握できることも多いですし、
質問して頂くことによって、同じ内容の事柄でも、
更に違った言い回しで伝えたり、
違ったアプローチで指導したり、
他の方法を提示することもできるので、
結果的に生徒さん側にとって
『得』になることが多いかと思います。(^-^)

だから遠慮は無用!受け身にならず、
積極的にレッスンにかかわって頂きたいです。

※「知りたい、知りたい」で、
知識だけをどんどん増やすのでなく、
練習すること(実践)も忘れずに~!

====================
次回は≪その他編≫を書く予定です。
お待ちあれ。

レッスンの受け方~記録編~2016/09/01

Studio*ABE*では普段、
1対1でレッスンを行なっているので、
生徒さん同士が顔を合わせることは
ほとんどありません。
つまり、皆、自分以外の(他の人の)
レッスンがどのように行なわれているか、
お互いに見たことがないので知らない、
というわけです。

気にはなるけど…。
他人のレッスンを見る機会もないし、
人は人、私は私。
今まで通りで、まぁ、いっか。ヽ( ´ー`)ノ
↑これ、全く問題ありません。(笑)
でも、他の人のレッスンの様子を知ることで
役立つことや新しい発見もあるかと思うので、
今日はちょこっと紹介してみますね。

レッスンの内容(中身)については、
その人の習っているジャンルや
技術的なレベル、レッスンの進め方が
1人1人全く違うので、ここでは省略します。
…ということで、今日は
≪スタイル色々!レッスンの受け方≫
について、書いてみようと思います。
まずは≪記録編≫から。

====================

どんな受け方(習い方)をしているの?
≪記録編≫

レッスンでは何かしらの注意点があった時、
シャーペンor赤えんぴつなどで、
私が横からサッと楽譜に書くことがあります。
譜面に○印をつけたり、波線を書いたり、
スラーをなぞったり、指番号をふったり…。
指導内容やアドバイスは口頭で伝えつつ、
書き込むのは簡単な記号程度。
この時、生徒さんのとる行動は実に様々!

1・持参しているメモ帳や5線ノートに
 その場で注意点を書いておく
2・私が書いたしるしの横(譜面上)に、
 その場で注意書きをメモする
3・特にその場では何もしないけど、
 レッスン終了時に確認作業をして帰る
4・特にその場では何もしないけど、
 後でレッスンノートに記録しまとめる
5・特に何もせず、とにかく記憶力に頼る

実は、学生時代の私といったら、
レッスンで先生が注意したところを
特にメモすることもなく「はい」と返事をし、
その場で「注意に従って弾く」という
レッスンの受け方をしていました。
上記でいうと5番ですね。
レッスンを中断してメモをとるのが
何となく良くないことのような気がしていた、
というのもありますが、
「先生の指導を一語一句逃さず聞くぞ!」
という意気込みが足りなかったのは確かです。
家に帰ってその日は練習をサボリ(笑)、
翌日に楽譜を広げてピアノを弾き始めて、
「あぁ、ここだ…」と注意された箇所にきて、
「で、何だっけ?どう弾くんだっけ?」
なんてことも。(´д`lll)
人の記憶ってそんなもんなんですねぇ。

ちなみに私、大人になってから、
ジャズの基礎を習いに行きましたが、
その時は4番派でした。
毎回、レッスンを終えて師匠宅を出たら、
楽譜をカバンから取り出して、
ブツブツ言いながら復習しつつ歩き、
駅までの途中にある喫茶店に立ち寄り、
・今日教わったこと
・注意をうけたこと
・やるべき練習課題
を、ノ-トに細かく記録していました。

※余談※
後にこのノートは、師匠の方から
「他の人のレッスンの参考にするから貸して」
と言われるほどの物となりました!(笑)

レッスンの受け方として、
1~5番のどれでも構いません。
ただ、5はやはり「忘れてしまう可能性」
がありますよね。(笑)
せっかく習いに来ているのに勿体ない!
その場でメモをとるのは全く構いませんので、
「書くのでちょっと待って下さい~」と
遠慮なく言って下さいね。

====================

次回は、≪質問編≫を書く予定。
しばしお待ちください~。

こどものための…??2015/05/20

====================
「交流会」の申し込みについて

用紙の提出と会費の支払いは、
5月末日のレッスン時までに
宜しくお願い致します!!
====================


新しい楽譜を買いました~♪

 こどものためのピアノ曲集
 『星のどうぶつたち』
 作曲:田中カレン

ムフ~。(*´m`*)
やっぱり新しい楽譜はワクワクするなぁ。

この曲集に関しては
「どれもこれも素敵な曲ばかり!」
という情報を以前から得ていたので、
ず~っと気になっていたんだよね。
だけど、自分が子供の頃にはなかったから、
当然、習ったこと(弾いたこと)は無いし、
「こどものための」とタイトルについていると、
大人の生徒さんにはオススメしても
あまり好まれない傾向があるので、
これまで実際にレッスンで扱う機会もなかったのだ。

※1995年に作られました
※今現在ピアノを習っている子供さん達の間では、
 発表会用の曲として定着しつつあるようです

「こどものための」と書いてある楽譜や、
子供の学習用としてよく使われる曲集は
これに限らず他にもたくさんあります。
これらの楽譜に対して、

 「でも、これって子供が弾く曲でしょ?」
 「こどものためのって、恥ずかしい~」
 「こどもの楽譜には興味ないんで…」
 「動画を見たら子供ばかりが弾いてるし」
 「子供用の曲だから単純&簡単すぎるでしょ?」

と、いうような発言をする大人がたくさんいます。
(当教室の生徒さんに限らず、です)
そんな時、私は「え、だから?何?」と、
いつも思ってしまうのです。
だって、素敵な曲は素敵だし、
曲集として魅力的なものは魅力的!
…と思っているから。
それが「こどものため」かどうか、なんて、
私にとってはちっとも関係のないこと。
「この曲、イイ!気に入った!」
「わぁ、これ弾いてみたいなぁ~」
そう感じるかどうか、それだけ。
フィルターをかけずに音楽を聴くことができると、
その分、多くの素敵な曲と出会えます。
だから、皆さんには、
肩書きや楽譜タイトルに惑わされず、
そして、大人の(変な)プライドに振り回されず、
音楽そのものに耳を傾けてほしいと
思っています!!


今回、この曲集の購入を決めたのは、
「”はくちょう”が綺麗なので弾いてみたい」
と、K山さんが言ってくれたから。
 (『星のどうぶつたち』の中にある1曲)
彼女は、自分の感性に素直に従い、
いつも自分の価値観で「良い曲」「好きな曲」
「弾きたい曲」を見つけてきてくれます。
それが何というタイトルか、簡単か難しいか、
誰が作曲したものか、有名か無名か、
子供向けに作られたものかどうか、
なんて関係なく選曲しているのです。
実に自然体&ピュアな感性で曲を選んでいます。
これってなかなか出来ないことなんですョ!

彼女のおかげで、
この曲集を実際に弾いてみることになり、
ワクワクが止まらない私。(笑)
また1つ2つと自分の「お気に入りの曲」が
増えるかもしれないと思うと、
今から取り掛かるのが本当に楽しみ~♪

とにかく綺麗で、不思議で、切なくて、優しい…
そんな雰囲気の曲がいっぱいあります。
どの曲もとてもオススメですョ。
興味ある方はレッスンの時に聞いて下さいね。