レッスンの受け方~記録編~2016/09/01

Studio*ABE*では普段、
1対1でレッスンを行なっているので、
生徒さん同士が顔を合わせることは
ほとんどありません。
つまり、皆、自分以外の(他の人の)
レッスンがどのように行なわれているか、
お互いに見たことがないので知らない、
というわけです。

気にはなるけど…。
他人のレッスンを見る機会もないし、
人は人、私は私。
今まで通りで、まぁ、いっか。ヽ( ´ー`)ノ
↑これ、全く問題ありません。(笑)
でも、他の人のレッスンの様子を知ることで
役立つことや新しい発見もあるかと思うので、
今日はちょこっと紹介してみますね。

レッスンの内容(中身)については、
その人の習っているジャンルや
技術的なレベル、レッスンの進め方が
1人1人全く違うので、ここでは省略します。
…ということで、今日は
≪スタイル色々!レッスンの受け方≫
について、書いてみようと思います。
まずは≪記録編≫から。

====================

どんな受け方(習い方)をしているの?
≪記録編≫

レッスンでは何かしらの注意点があった時、
シャーペンor赤えんぴつなどで、
私が横からサッと楽譜に書くことがあります。
譜面に○印をつけたり、波線を書いたり、
スラーをなぞったり、指番号をふったり…。
指導内容やアドバイスは口頭で伝えつつ、
書き込むのは簡単な記号程度。
この時、生徒さんのとる行動は実に様々!

1・持参しているメモ帳や5線ノートに
 その場で注意点を書いておく
2・私が書いたしるしの横(譜面上)に、
 その場で注意書きをメモする
3・特にその場では何もしないけど、
 レッスン終了時に確認作業をして帰る
4・特にその場では何もしないけど、
 後でレッスンノートに記録しまとめる
5・特に何もせず、とにかく記憶力に頼る

実は、学生時代の私といったら、
レッスンで先生が注意したところを
特にメモすることもなく「はい」と返事をし、
その場で「注意に従って弾く」という
レッスンの受け方をしていました。
上記でいうと5番ですね。
レッスンを中断してメモをとるのが
何となく良くないことのような気がしていた、
というのもありますが、
「先生の指導を一語一句逃さず聞くぞ!」
という意気込みが足りなかったのは確かです。
家に帰ってその日は練習をサボリ(笑)、
翌日に楽譜を広げてピアノを弾き始めて、
「あぁ、ここだ…」と注意された箇所にきて、
「で、何だっけ?どう弾くんだっけ?」
なんてことも。(´д`lll)
人の記憶ってそんなもんなんですねぇ。

ちなみに私、大人になってから、
ジャズの基礎を習いに行きましたが、
その時は4番派でした。
毎回、レッスンを終えて師匠宅を出たら、
楽譜をカバンから取り出して、
ブツブツ言いながら復習しつつ歩き、
駅までの途中にある喫茶店に立ち寄り、
・今日教わったこと
・注意をうけたこと
・やるべき練習課題
を、ノ-トに細かく記録していました。

※余談※
後にこのノートは、師匠の方から
「他の人のレッスンの参考にするから貸して」
と言われるほどの物となりました!(笑)

レッスンの受け方として、
1~5番のどれでも構いません。
ただ、5はやはり「忘れてしまう可能性」
がありますよね。(笑)
せっかく習いに来ているのに勿体ない!
その場でメモをとるのは全く構いませんので、
「書くのでちょっと待って下さい~」と
遠慮なく言って下さいね。

====================

次回は、≪質問編≫を書く予定。
しばしお待ちください~。

こどものための…??2015/05/20

====================
「交流会」の申し込みについて

用紙の提出と会費の支払いは、
5月末日のレッスン時までに
宜しくお願い致します!!
====================


新しい楽譜を買いました~♪

 こどものためのピアノ曲集
 『星のどうぶつたち』
 作曲:田中カレン

ムフ~。(*´m`*)
やっぱり新しい楽譜はワクワクするなぁ。

この曲集に関しては
「どれもこれも素敵な曲ばかり!」
という情報を以前から得ていたので、
ず~っと気になっていたんだよね。
だけど、自分が子供の頃にはなかったから、
当然、習ったこと(弾いたこと)は無いし、
「こどものための」とタイトルについていると、
大人の生徒さんにはオススメしても
あまり好まれない傾向があるので、
これまで実際にレッスンで扱う機会もなかったのだ。

※1995年に作られました
※今現在ピアノを習っている子供さん達の間では、
 発表会用の曲として定着しつつあるようです

「こどものための」と書いてある楽譜や、
子供の学習用としてよく使われる曲集は
これに限らず他にもたくさんあります。
これらの楽譜に対して、

 「でも、これって子供が弾く曲でしょ?」
 「こどものためのって、恥ずかしい~」
 「こどもの楽譜には興味ないんで…」
 「動画を見たら子供ばかりが弾いてるし」
 「子供用の曲だから単純&簡単すぎるでしょ?」

と、いうような発言をする大人がたくさんいます。
(当教室の生徒さんに限らず、です)
そんな時、私は「え、だから?何?」と、
いつも思ってしまうのです。
だって、素敵な曲は素敵だし、
曲集として魅力的なものは魅力的!
…と思っているから。
それが「こどものため」かどうか、なんて、
私にとってはちっとも関係のないこと。
「この曲、イイ!気に入った!」
「わぁ、これ弾いてみたいなぁ~」
そう感じるかどうか、それだけ。
フィルターをかけずに音楽を聴くことができると、
その分、多くの素敵な曲と出会えます。
だから、皆さんには、
肩書きや楽譜タイトルに惑わされず、
そして、大人の(変な)プライドに振り回されず、
音楽そのものに耳を傾けてほしいと
思っています!!


今回、この曲集の購入を決めたのは、
「”はくちょう”が綺麗なので弾いてみたい」
と、K山さんが言ってくれたから。
 (『星のどうぶつたち』の中にある1曲)
彼女は、自分の感性に素直に従い、
いつも自分の価値観で「良い曲」「好きな曲」
「弾きたい曲」を見つけてきてくれます。
それが何というタイトルか、簡単か難しいか、
誰が作曲したものか、有名か無名か、
子供向けに作られたものかどうか、
なんて関係なく選曲しているのです。
実に自然体&ピュアな感性で曲を選んでいます。
これってなかなか出来ないことなんですョ!

彼女のおかげで、
この曲集を実際に弾いてみることになり、
ワクワクが止まらない私。(笑)
また1つ2つと自分の「お気に入りの曲」が
増えるかもしれないと思うと、
今から取り掛かるのが本当に楽しみ~♪

とにかく綺麗で、不思議で、切なくて、優しい…
そんな雰囲気の曲がいっぱいあります。
どの曲もとてもオススメですョ。
興味ある方はレッスンの時に聞いて下さいね。

レッスンは再構築の連続2015/03/11

自宅練習をきちんとしていったのに、
次にレッスンに行くと先生に色々と言われる。
 ・新しいこと(部分)を指摘・注意される
 ・「ここはこんな風に弾いて…」と
  更に追加で指摘を受ける
 ・前回は何も言われなかった箇所の
  弾き方を新たにアドバイスされる
 ・指使いを変えられたりする
↑レッスンでこういった経験ありますよね?
通常のレッスンではよくある光景です。
こんな場面になった時、
アナタはどう感じているでしょうか?
 A:「せっかく練習したのに。
   だったら最初から言っておいてよ~」
 B:「変な癖をつけてしまったり、
   間違った解釈で練習したくないから、
   あらかじめ言っておいてほしいなぁ」
 C:「先生は後出しで”ダメだし”ばかり。
   はぁ、やる気なくなるぅ…(-"-)」
このように感じている人、いませんか?

=======================

A:「せっかく練習したのに。
  だったら最初から言っておいてよ~」

大人は子供より上記のように考えがちです。
日々の生活に追われ忙しい大人達は、
「やるべきこと」「注意点」「最終的な形」
まずこれらを全部提示してもらって、
最短でそこに辿り着けるようにしたい、
と、”省エネ的”な考え方をすることが
たびたびあります。
知識も豊富で理解力もあるので、
「全体像」が頭の中でわかると、
コツコツ積み上げていく作業を軽視し、
最終的な形までひとっ跳びしたくなるようです。
大人ならではの傾向…と言えるでしょう。

B:「変な癖をつけてしまったり、
  間違った解釈で練習したくないから、
  あらかじめ言っておいてほしいなぁ」

また、大人の学習者は先生から
「指摘を受けること」「直されること」を
”恥”と捉えてしまう方も時々いらっしゃいます。
これは真面目に自宅で練習をされる方に
多くみられるように感じます。
わからないからレッスンを受けるわけで、
教えられていない状態で間違えることも、
上手に弾けずにミスすることも、
知らなくて答えられないことがあっても、
何ら”恥ずかしいこと”ではありません!!
指摘された数だけより良い演奏なっていく、
と思って堂々とレッスンを受けて下さいね。(^ー^)v
注意を受けず、どこも直されずに
〇マルを貰うなんてあり得ないわけですから。
(↑こうならレッスン受ける必要ないですもんね)

C:「先生は後出しで”ダメだし”ばかり。
  はぁ、やる気なくなるぅ…(-"-)」

実際に当教室であった話しですが、
以前レッスンで、
「ここはこの指で弾いたほうが…」と指摘した際、
ポツリと「あぁ、またダメ出し」と、
呟いた生徒さんがいらっしゃいました。
そして、
「だったら前もって言っておいて下さいよ」
と、言われてしまったのです!((+_+))
それは私にとって衝撃的な出来事でした。
指導としてのアドバイス&指摘を
「ダメ出し」と解釈されたことに加え、
「前もって注意点などは全部提示してほしい」
という要望。(←現実的に考えて難しいです)
「大人の生徒さんはレッスンに何を望むのか?」
など、レッスンの進め方について、
色々と考えさせられる出来事でした。

=======================

出来る限り効率よく物事を進めたい。
遠回りすることは”無駄”に感じる。
自分が知りたいことだけを教えて欲しい。

こう思う大人の方は多いでしょう。
その「考え方が悪い」というわけでも、
「間違っている」ということでもありません。
ですが、ピアノの学習に関しては、
ほんの少し考え方を変えて頂きたいのです。

≪レッスンは再構築の連続≫です。

自分で自宅練習(復習と予習)で仮構築する。

レッスン。先生に指摘・注意され、
構築してきたものを少し崩される。
「こうしましょう」とアドバイスされる。

それを持ち帰り、また自宅練習。
指摘を受けた箇所を直した状態で再構築し、
更にその先まで仮構築する。

レッスン。新しい個所について指摘され、崩される。
具体的なアドバイスを受ける。

自宅練習。指示通りやって再構築する。
更に他の部分を仮構築していく。

(続く)
…と、こんな感じに、
崩して手直し、崩して手直し、の繰り返しで、
少しずつ学びながら作り上げていくものです。

その人のレベル、技術力や理解力、
自宅練習時間の有無(長短)、
練習の仕方などによって、
「最初は言われなかったことについて、
途中から指摘されるようになる」
ということもあるでしょうし、
「この人にはココまで要求するけど、
あの人にはココまで要求しない」など、
指摘の度合いにも違いがあったりします。
最初にあらゆる全ての注意点を伝えておく、
というのは不可能なのです。

この「再構築する」という
レッスンスタイルを繰り返していくうちに
「きっとこう弾くのが良いんだろうな」
「この指で弾くことになるだろうな」など、
生徒さん側も学習者として成長し、
予測ができるようにもなっていくので、
結果、だんだんと初歩の指摘は少なくなり、
レッスンの内容はより濃いものへと
シフトチェンジしていきます。
当然、自宅練習の効率も上がり、
確実な上達にもつながっていきます。

だからお願いなのです!
最初から全部を欲張らないで。
遠回りすることを無駄に思わないで。

≪ピアノのレッスンは再構築の連続≫

このことを忘れないで下さいね。(^-^)

椅子って大事なんです2015/01/22

今日はピアノを演奏するうえで、
実はものすごーく大事で、
演奏にも深く関係している「椅子」のお話し。

レッスンを開始する前に、
椅子の高さを自分で調整される生徒さんって
実はとても少ないです。(;´Д`)
(自分で高さなど変えて良いですよ、と
お伝えしているはずなのですが…)
皆さん、椅子に腰かけると、
大抵そのまま弾き始めてしまいます。
その弾き姿を私が横から見て、
「ん?これは高さが合ってないなぁ」
と感じることもしばしば。
レッスン開始と同時に演奏が止められ、
高さを調整するよう促されたことのある方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

椅子の高さ、椅子の位置(左右&前後)、
椅子の座り方(位置と姿勢)は
実はとっても大事!!

まず高さ。
鍵盤に対して肘が下がってしまう高さは
低すぎると言えます。
こうなると、手首も下がり気味になるので、
指先だけで打鍵をするような感じになり
指や手首、腕への負担が多くなります。
手の交差、指の交差なども弾きにくくなります。
有名ピアニストの中には
椅子を低く設定する方もいらっしゃいますが、
通常(ピアノ学習者)は低すぎには注意が必要です。
「鍵盤と水平の位置」を基準に考えましょう。

次に位置。
左右&前後、椅子は動かしてセットしましょう。
基本的には鍵盤中央を基準にセット、でOK。
ただし、例外もあります。
例えば、両手共に高音域のポジションしか
使わない曲なのに、中央に椅子を置けば、
無理な姿勢(右方向に腕を伸ばす姿勢)で
弾くことになりますよね。
当たり前ですが、これだと腕が疲れてしまいます。
自分の弾く曲に合った位置にセットしましょう。

次に、前後の位置!
こちらは重要です。
机で勉強、或いはテーブルで食事をする時のように、
鍵盤の下まで足(腿)が入り込まないように
注意してくださいね。
身体が鍵盤に近すぎると、窮屈な感じになり
肘が後ろに突出し脇が締まってしまいます。
これでは腕が自由に動きません。
力も抜けず肩こりなどの原因にもなります。

また、椅子に深く腰掛けすぎると、
重心が後ろにいってしまうので、
肩からの腕の動きがスムーズでなくなり、
指に重みを伝える感覚が掴みにくくなってしまいます。
椅子の半分より前に浅く腰かけましょう。

…これらのことを総合すると、
椅子そのものの置く位置は
結構「後ろにさげた場所」にになるかと思います。
これまであまり気にしたことがなかった方も、
今一度、確認してみてくださいね♪
正しい椅子の位置、姿勢で弾くと、
無駄な力がスッと抜けて、
「弾きやすくなった!」
と、感じるかもしれませんよ。

足の長さ、胴の長さ、腕の長さ…、
それに加え、指の力、弾き方の癖、などなど
人それぞれ違いがありますので、
「これが正しい高さ(位置)です」と
決めてしまうことができません。
自分にあった微調整をおこないながら、
「無理なく最も弾きやすい状態」を見つけて、
ピアノに向かうようにしましょう。
詳しい説明やアドバイスが必要な方は
レッスン時にどんどん聞いて下さいね( ´ ▽ ` )ノ

※電子ピアノ使用の生徒さんへ※
電子ピアノ購入時についていた付属椅子は、
高低自在椅子ではないという場合も多いです。
ウチの椅子は高さを変えられない!という方、
可能であれば椅子の購入をオススメします。

クリスマス曲を弾こう2014/12/24

メリークリスマス♪♪

クリスマスの曲って
誰もがいくつか知っていると思います。
「きよしこの夜」「ジングルベル」
「赤鼻のトナカイ」などなど。
ちょっと口ずさんだだけで、
クリスマス気分がグ~ンと盛り上がり、
ワクワクしてきますよね。
それらの名曲を、恋人の前で、家族の前で、
友人たちとのパーティーの席で、
サラッとピアノで弾けたりしたら、
素敵だと思いませんか?

「いいね~。よし、弾いてみよう!」

そう思い立ち、楽譜をいざ広げてみても、
自分の腕前や譜読みの力、初見の力、
楽譜そのもののアレンジの難易度によっては、
いきなりチャッチャと弾けるとは限りません。
それなりに美しく、かっこ良く、仕上げるには
やはり練習は欠かせない。
ウヌヌ、厳しいけどこれが現実。(苦笑)

クリスマスの曲は、
すぐに弾いて楽しめそうな簡単な譜面から、
ジャズっぽくアレンジされた譜面まで、
色々な楽譜が市販されています。
(譜面が手元になくても、
一般的なクリスマス曲であれば、
私が好みやレベルに合わせ楽譜にしますよ)
今年はクリスマス曲にトライしなかったけど、
来年こそは弾いてみたい!という方、
是非、10~11月頃になったら
「クリスマスの曲をやってみたい」
と、リクエストして下さいね。( ´ ▽ ` )ノ

先日19日に、
今年のラストレッスンを終えたT野さん。
レッスンでやった曲は「ザ・クリスマス・ソング」。
クリスマスシーズンに合わせ、
11月から選曲していたのでした♪
ちょっと難しいコード進行の曲だけど、
1段譜での勉強を兼ねつつ、
頑張って練習し、無事に仕上げて終了!
彼女の選曲のおかげで、
私もクリスマス気分を楽しみながら
レッスンを進めることができました。


クリスマスは、チキンとケーキがあれば
それでOK?
うーん、それだけじゃ、何だか物足りない。
やっぱり聖なる夜には
クリスマスの曲が聴こえてこないとね。
今日はレッスンの合間に、
1人ポロロ~ンと「ホワイトクリスマス」を
弾いてみる私なのでした。(*´Д`*)

皆さん、素敵なクリスマスを…☆

マトリョーシカ2512014/11/16

ジャズピアノを弾くうえで
とっても重要な「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ」。
よく「ツーファイブ」と言われるアレですね。

ジャズピアノといっても、
ジャズナンバーを2段譜(※)で
そのまま弾いている方の場合は
理論や和声(コード進行)を勉強したり、
分析する機会もないと思うので、
全く知らないかもしれません。
クラシックピアノのレッスン者に至っては、
「何のこっちゃ」だったりしますよね。(笑)
 ※2段譜とは…
 よく目にするクラシックの譜面のように、
 両手どちらもオタマジャクシが書いてある譜面。
 (そのまま楽譜通り弾けば曲になります)
 ※「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ」…
 ツーファイブ自体の説明はここでは省略します。

ですが、2段譜ではなくコードを勉強して、
1段譜でジャズを弾こうと思う人ならば、
必ず耳する、目にする「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ」。

ジャズではこの「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ」の流れが、
曲中、色々なところに使われています。
よく使われるのは曲の終わり部分ですが、
そこ以外にも実はたくさん使われています。
同じ曲の中でも一部分が転調していて、
そこにいくための「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ」だったり、
Ⅴが代理の裏コードになっていたり、
パッと見つけるのは難しかったりするけど、
じっくり楽譜を読み解いて分析していくと、
たくさん見つけることができます。

…と、そんなことを説明しながら、
進めていた今日のH原さんのレッスン。

大きな「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ」の流れの中に、
小さな「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ」が入っていることを、
説明していた時でした。
なかなか複雑な内容なので、
角度を変えつつ、言い方を変えつつ、
私がアセアセと説明していると、

「なるほど、マトリョーシカな感じですね」

と、一言。
おぉーーーぅ!!
そうそう、そんな感じです!
ピッタリなイメージ。

あまりにもピッタリだったので、
「マトリョーシカ251」と名付けよう。
H原さんのおかげで、
今後この説明がラクチンになりそうだ♪

ありがたいこと2014/08/25

5月くらい…だったかな。
「坂道のアポロン、知ってますか?」と
T野さんが、あるアニメを教えてくれた。
以前、深夜にTV放送されていたらしいけど、
全く知らなかった私。
どんなアニメなのか話しを聞くと、
主人公がジャズピアノを弾いて、
ジャズ演奏シーンもよく出てくる、とのこと。
「オススメなので見てください♪」だそうだ。

ほほ~ぅ。興味津々。
ピアノの演奏シーン(音源)は、
ジャズピアニスト松永貴志さんが
弾いていると知り、更に見る気満々。

彼女からその話を聞いた頃は
交流会とか色々あったので、
忙しくてずっと「お預け状態」だったけど、
少し前に、時間が取れたので、
DVDを借りてきて全部一気にアニメ鑑賞!

ムッホ。(*´m`*)
なかなか楽しめました。音楽良かった。
アニメでピアノを弾く細かい指の動き
よくあそこまで表現できるな~と感心。
ジャズは「小難しいオヤジの音楽」で、
酒とたばこを連想させるけど、
ピュアな恋愛に添えられた
爽やかなジャズがそこにはありましたョ♪
あと。
長崎弁の可愛さにヤラれた!(笑)
(※物語の舞台が長崎なのです)

そして、先日。
今度は I 原さんが、レッスン後に
「あの…先生、これ見ます?」
とカバンから何やら出してきた。
映画『花とアリス』のDVD。
わーい。見ます、見ます。(^ - ^)

実は、この映画の挿入曲、交流会の時に、
別の生徒さん(K山さん)が演奏したのだ。
私は映画を見たことがなく、
全く曲を知らない状態でレッスン開始。
本人から音源は頂いていたので、
曲については知ることができたけど、
結局、映画の内容は知らないまま…、
となっていた。
そんな経緯を知った I 原さんが
「私、この映画好きでDVD持ってるので…」
と貸してくれたのだ!
で、先日、時間が取れたので映画鑑賞。

ウフ。(*´m`*)
これまた何とも切ない映画でした。
そして、例の曲は、物語の中に溶け込んで、
主張するような、しないような、
独特の雰囲気を出しつつ、
ふわふわ~っと心地良く流れていました。

でもって、つい最近。
新しい生徒さんK藤さんが
「先生、これどうぞ」と
色々な曲が入ったDVDをくれた。
ご自分の好きな曲をチョイスし、
雰囲気別に2枚組にまとめ、
作成したものらしい。
普段私が聴かない雰囲気の曲が
たくさん収められていたので、
かなり聴きごたえがあり、
そして、とても新鮮でした~。

===================

生徒さんからのこういったアクション、
何だか嬉しいものです。(^-^)
普段アニメはほとんど見ないし、
映画に関しては邦画はあまり見ないし、
AORは日頃ほぼ聴かないんだけど、
…でもでもでも!!
そんなのは関係なく、
私にとって嬉しい出来事なのでした♪
「好きなものを共有したい」
そんな風に思ってくれてたのかな?
なんて考えると、
「嬉しいなぁ~、ありがたいことだなぁ~」
と、素直に思います。

まだ「自分が出会っていない音楽」は
星の数ほどあるし、私が知っている
「音楽に関係する知識」なんて
その中のほんの少しのこと。
にも関わらず、普段の生活では
自分の『好きセンサー』がピピピ…と、
反応したものだけに、
ついつい興味を示してしまうから、
こうしたキッカケはとても貴重。
新たな発見があったりするからね。

この嬉しい出来事を生かし、
音楽的な視野を広げ、
幅広い音楽に柔軟に対応できるよう

「いつでも頭は柔らかく!!」

…そんな風に思うのでありました。