交流会、終了~!2018/06/27

6月24日
『第12回 ピアノ交流会』が行なわれました。
当日は、雨もあがり天気が回復、
良い交流会日和となりましたね♪

心に沁みる素敵な演奏の数々、
尽きない会話と溢れる笑顔、
本当に有意義で貴重な時間だなぁ~と
毎年感じます。

今年も和やかに楽しく
交流会を終えることができましたのも、
皆様の支えとご協力があったから。
心より感謝申し上げます。
また、H岡さんには
素敵な写真をたくさん撮って頂きました。
皆を代表しお礼を申し上げます。

***

冊子の「ごあいさつ」にも書きましたが、
大人がピアノを学び続けることは
「孤独との戦い」だったりします。
ピアノは”練習溜め”ができないので、
日々コツコツと練習を繰り返し
1人でピアノに向かう必要があります。

大人の趣味ですから
真面目に練習をしても、しなくても、
誰かに何かを言われたり
注意されるわけでもありません。
練習をしなければそれだけ進みは遅くなり、
一向に弾けるようにならない。
ただ、それだけ。

結構、厳しい世界ですよね。

そんな「厳しく孤独な世界」に
足を踏み入れてしまった皆さんにとって、
交流会で他の方々と再会することは
新たな「やる気」を芽生えさせてくれる
良い機会、大切な時間となると思っています。

練習する気になれない時があったり、
壁にぶち当たった時のつらさに
「わかる、わかる」と一緒に共感したり、
出来るようになったことや、
去年より上達&進歩し成長した様子を
互いに認め喜び合う姿を見て、
改めて、「演奏を発表、披露する場」
という意味だけの『発表会』とせずに、
『交流会』というスタイルでおこなってきて
正解だったのかもな~と思いました。

今年も参加された皆さんが
それぞれに刺激を受け、
ピアノや音楽の素晴らしさを再確認し、
練習に対する意欲を盛り立てながら、
また1年、ピアノと向き合って
練習を重ねてくれることを願っています。

本当に本当にお疲れ様でした!!

***

私は…
へっぽこな演奏をお聴かせすることになり、
自分自身にホント心底ガッカリして、
この2日間は悔しくて、情けなくて、
泣いても収まらず、気分は沈んだまま
どーーーーーーんよりしておりました。
演奏、挨拶、進行、不備、気配り不足、
そして自分の性格の悪いところ、
などなど反省点がありすぎて…。
(´・ω・`)
頼りない先生でごめんなさい。

でもでも。
これが私という人間であり、
何がどうであれこれが今の実力。現実。
K山さんを見習って言い訳は致しません!(笑)
指導力を高めるだけでなく、
皆が憧れるような演奏力のある先生に
少しでもなれるよう私もまた日々精進。
練習に励みます。

今日より明日。
少しずつでも前進していこう!
うじうじして時間を潰すくらいなら
良くなるように考える!行動する!
這い上がれ、自分。(笑)

7月、皆さんのハツラツとした笑顔に
お会いできることを楽しみにしています。

***

アンケートの回答を宜しくお願い致します。
7月レッスン時に提出してください。
WEB公開中の写真がうまくご覧になれない方、
URLのお知らせを受け取っていない方、
不参加だった方でご覧になりたい方、
いらっしゃいましたら私にメールをくださいね。

せっせと準備2018/06/18

交流会が近づいてきたので、
毎日せっせと準備におわれています。

5月中頃に自転車で転倒事故を起こし、
(それはもう不格好な転びっぷりで…涙)
肩の靭帯を痛め、その後、
関係あるのか無いのか手首も痛みだし、
ちょっと動かすと「痛いよ~」という状態になり、
無理をしたら悪化しそうな気配だったので
怖くてピアノの練習を泣く泣くストップ。
少しの間、弾けない状態が続いていましたが、
1週間前くらいから完全復活ー!!
嘘のように痛みがなくなり、
以前と同じ程度にガシガシと
長時間弾いても大丈夫なまでに回復。
あぁ~~~~(*´ω`*)
弾けるってホント嬉しいことです。

っと、そんなこんなで、
ようやく私も交流会に向けラストスパート!
(手遅れ感は否めませんが…汗)
皆さんに演奏をお届けできるよう
私も練習に励んでいます。

お料理や飲み物の手配、
備品やお菓子の買い出し、
冊子の印刷・製本、
これらもほぼ完了!

そして、本日、ピアノの調律も完了。
グランドは微妙にピッチがずれてきていたから、
弾くたび(レッスンで弾いてもらうたび)に、
ぞわわわぁ~~~~~っと
気持ち悪い感覚に襲われていましたが、
2台ともすっきりと響く
気持ちの良い音になりました。

さぁ、あとは交流会当日を迎えるだけ。
素敵な1日になりますように。
皆さんが(私も)緊張に打ち勝って
楽しんでのびのび演奏できますように…☆




ところで。
誰か私の分の交流会ブルースの楽譜を
持ち帰っていませんか~?
心当たりのある方、返却願います!

お疲れさまでした2018/01/22

わーーー♪雪ですね。
北海道での生活を懐かしく思い出しながら、
だんだん白くなっていく外の景色を眺めつつ、
ブログを書いています。

***

先週の土曜日に
『交流会ブルースの勉強会』(追加講座)と
『新年会 2018』が行なわれました。
みっちり勉強、そしてお喋り。
楽しい時間でした~。

前半はテーブルを囲んで和気藹々と勉強し、
後半は順番にピアノを弾きながら
ブルースノートスケールを使って
曲に合わせてアドリブに挑戦!
「うわぁ~混乱する~」とか言いながらも、
何とかなっちゃうから面白い♪
前回の勉強会に引き続き、
今回も素敵なフレーズが飛び出しましたよ。

普段は楽譜に書いてあるメロディーなどを
そのまま正しく弾いているわけですが、
譜面にオタマジャクシが書いていなくても、
使える音がわかれば、
こうして何かしらのアドリブができちゃうんです。
「その場で音楽を作る」「ピアノで遊ぶ」
という感覚はクラシック学習者にとっては
あまり馴染みがないことなので、
きっと貴重な体験になったことと思います。

***

新年会も楽しかったですね!

予想外の予約トラブルがあり焦りましたが、
皆さん誰1人として嫌な顔1つせず
寛大な心で変更を受け入れてくださり、
無事に行なうことができました。
本当にありがとうざいました!!!
皆さんに助けて頂き心から感謝しています。

さて。
新年会も済み私も本格始動です!
最近はありがたいことに、

・期間限定&曲限定で始められた新規生徒さん
・時間延長の形で追加レッスンをされる生徒さん
・月2回の他に追加レッスンをされる生徒さん

などがいらっしゃり、
皆さんの”やる気”に嬉しい悲鳴をあげています。
本来、なまけ者で寝坊助でぐーたら万歳!な私。

これ、「えー!そう見えない」とか言われますが、
すぐにダラダラ、ぼけぇ~っとしたくなります。(汗)
なので!
今年は≪上手な時間の使い方≫を意識して、
テキパキと自分のやれること増やし、
仕事の効率をあげていかねば!と思っています。
たくさんピアノを弾く時間を確保したいし、
いろんな練習もしたいしね~♪

新年会で良い刺激を頂いたので、
皆さんを見習って私も頑張りまーす!

戌年ですね2018/01/01

あけましておめでとうございます。
(戌年なので我が家の愛犬の登場です)

2018年がスタート!
穏やかな太陽の日差しとすっきりとした青空、
気持ちの良い年明けとなりました。
今年はどんな年になるんだろう?
今からワクワクです♪

まずは勉強会(追加講座)と新年会ですね。
私はやる気満々!(´ー`)ノ
楽しみだ~。
勉強会はまだ参加申し込み可能です。
新年会は、お店を予約する関係上、
全員から参加有/無のお返事を頂きたいです。
返信がまだの方は、
遅くとも7日までにお知らせください。

さて。
今年は5日がレッスン初めです。
今年もピアノを学ぶ楽しさを感じて頂けるよう、
私も質の高いレッスンを目指し
一緒に頑張ります!

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

==================
※ お知らせ ※

年初め1回目のレッスン時に
毎年恒例の「個別面談」を行ないます。
(レッスン後10分程度お時間を頂きます)
内容は以下の通りです。
 ・教室規定の確認
 ・連絡先などの確認
 ・日頃のレッスンについて
 ・今年の抱負、目標

お忙しいとは思いますが、
ご協力をお願い致します。

勉強会の教材が完成!2017/12/12

≪交流会ブルースのための勉強会≫、
いよいよ今週末となりました。
(忘年会もね!)

当日使用する
「自作テキスト(教材)」が出来あがり、
眺めてニヤニヤ。(笑)
私自身もワクワクしてきましたよ~♪

クラシック中心に学んでいる方にとっては、
普段あまり馴染みのないジャズやブルース。
「弾けたらカッコイイだろうな~」とか
「アドリブって何をやっているんだろう?」とか
気になりつつも、
気軽に学ぶ機会ってなかなか無いと思います。
新たな扉を開いて知識を得ることは
音楽の幅を広げることにも繋がります。
「ほんの少しでいいから学んでみたい!」
「それらしく弾いてみたい!」
という興味を満たしつつ
勉強ができちゃう今回の企画は、
参加される皆さんにとって
とても有意義なものになると予感しています。

告知が遅かったあげく、
開催が12月中旬ということもあって、
都合がつかない方も多く、
少人数での開催となりますが、
理解度を確認しながら進められるので、
私的には少人数でちょうど良かったかも、
と思っています。(^-^)

ということで、
週末は楽しい勉強会にしましょう~♪
(忘年会も楽しみにしています!)

ところで。
テキストを作っていて思ったのですが、
『楽譜作成ソフト』ってどうなんだろうか?
使いやすいのかなぁ?
今回、ちょこっとした譜例を作るのに
ワードで作成したら、もう、
いちいち面倒で、面倒で…。(;´Д`)

手書きで譜面を作ることには慣れているから、
普段は”手書き派”なんだけど、
やはり学ぶ側(弾き手)からしたら、
手書きのオタマジャクシより
活字のオタマジャクシ(←変な言い方。笑)
のほうが見やすいのかな~?
と思ったりもして…。

使い勝手が気になる私なのでした。
「私、楽譜作成ソフトを使ってますよー」
という方がもしもいらしたら
情報をお知らせください!

私の言葉2017/12/04

先月のことになりますが、
以前(2010年に北海道に行く前まで)
私のところにピアノを習いに来てくれていた
生徒さん達とお会いする機会がありました!

豪華で美味しいお料理の数々と
豊富な種類のお酒を堪能しつつ、
(なんと昼間っから夜遅くまで!!)
懐かしいレッスンの話しに始まり、
音楽の話題、今現在の様子、
色々とお喋りをして
とーーーっても楽しい時間を過ごしました。

その時に、
思いもよらない言葉を頂きました。

私が当時レッスンの時に発した言葉を、
胸に刻み、今でも思い出している、と。
そして、春に仕事でピンチが訪れたが、
その言葉を自分に言い聞かせ、取り組み、
周りも驚くような成果を出すことができた、と。
一緒に働いている職場の皆さんにも
「ピアノのレッスンで学んだ」と伝えた、とも。

こんなに嬉しい言葉が聞けるなんて…!!

私が発した言葉そのものは、
そんな大それたものではないので、
成果を出せたのは、
もちろん彼本人の努力の賜物です。

お酒の席でのお話しなので、
多少、大袈裟に話されてたんでしょうが、
難題を成し遂げたその時の様子を
身振り手振りで思い出しながら話す姿は
とても満足気で自信に満ち溢れていました。
そして
「先生のあの言葉があったから頑張れた」
と感謝され、
言葉にならないほどの感動を覚え、
泣きそうになってしまいました。
(ん?泣いていた、かな??笑)

レッスンで私が発した言葉で
頑張れている人がいる。
しかも、ピアノに限らず。

なんて凄いことでしょうか!!!

自分の存在が、自分の言葉が、
他人の人生に影響を及ぼしている、と
これほどまでに実感したことは
かつてありません。
とても嬉しく有難い気持ちになったのと同時に
改めて自分自身を振り返り、
自分の言動にはきちんと責任を持たなくては…!
と、肝に銘じる出来事でした。

私のほうこそ
最高のご褒美を頂き、
ますますやる気が出てきました!
はぁ~~~~~ん(*´Д`*)
ピアノの先生やってて良かった。

楽譜への書き込み2017/11/15

レッスンの時、説明や注意とともに
私にえんぴつで波線を書かれたり、
音符に丸や指番号を付けられたり、
スラーやブレスの記号を書かれたり…
なんてこと、結構ありますよね。

大人になってピアノを始めた方の中には、
「えッ!楽譜に直接書いちゃうの!?」と
驚かれる方もいらっしゃいます。
「大切に綺麗に使っていきたい!」
という気持ちはよーくわかります。
…が、”書き込み”って重要なんです。

地図を想像してみてください。
詳しく細かな路地まで記してあったとしても、
それを使ってどこか目的地に行くとなったら、
行先のゴール地点に目印をしたり、
道順をなぞっておいたり、
曲がり角の情報(お店や信号の名前など)を
書き込んでおいたりしませんか?
もちろん「単なる地図」の状態のまま
書き込みなどしなくても行きつけるはずです。
でも、自分に適した情報を付け加えることで、
曲がる所を間違えてしまったり、
道に迷ったりする”リスク”を減らせますよね。

楽譜は
『曲を奏でるための地図』のようなもの。
書き込みをしておくことで、
弾き進めつつ視覚から情報を得て、
「あ、次は音を外しやすいところだ」とか
「区切らずに次の小節までスラーだな」とか
気を付けることができます。
その箇所にきて、間違えたり、
変な弾き方をして通過してしまってから
「あぁ、そうだった、ココだった~(;´Д`)」
と、気が付くのではなく、
弾く手前で気が付き注意をして、
正しく弾くこと(&正しく弾こうと意識すること)が
とっても大事なのです。

ピアノの練習の基本は「反復」です。
繰り返すことで脳みそは記憶をし、
動作として馴染んでいきいます。
無駄に何度も不注意によるミスを繰り返すか、
注意をしてミスを防いだ状態で繰り返すか、
どちらが良いかは一目瞭然ですよね。

…とはいえ、
「楽譜に直接書き込むことには抵抗がある」
という方もいらっしゃるでしょう。
輸入楽譜なんて高価ですからねぇ~。
お気持ちわかります。
その場合は、練習している曲の譜面を
レッスン用にコピーしてご持参ください。
その場合、書き込みはそちらにします。(´ー`)ノ

あ、それから。
いつでも私が書き込みする、とは限りません。
私の書き込みで充分、とも限りません。
気が付いたことや注意することなど、
自分でどんどん書き込んじゃってください。
レッスンの場で書いて頂いてOKですよ。
また、自宅で練習している時に、
書き込みしたいことがあれば、
もちろんそれも書いて大丈夫です。

その際、文章をダラダラと書いてしまうと、
ごちゃごちゃして楽譜が見づらくなったり、
”情報”としてわかりづらくなるので、
楽譜へは記号や短い言葉で
書き込むことがポイントです。
一言で書けない理論的な内容や補足、
私から言われた練習方法や課題などは、
別にノート(メモ帳など)を用意して、
記録しておくと良いですね♪

何年もの月日が経ち、
しばらくぶりにその楽譜を見た時、
その曲のメロディを思い出すと同時に
残された書き込みから、
レッスンの時間、先生とのやりとり、
当時自分が感じていた心情などが
一気に思い出されることがあります。
「あぁ~この曲、ここで苦労したなぁ~」
「先生と指使いで議論したっけ」とか。

楽譜の書き込みから
そんなことを思い出すのも
また楽しいものです。

=================

12月16日の「勉強会&忘年会」に
参加される方へ

勉強会の会費(2000円)は
12月1回目のレッスン時に
月謝と一緒にお支払いくださいますよう
お願い申し上げます。

忘年会の会費につきましては、
お店が決定して金額がわかり次第、
お知らせ致します。

=================