勉強会の教材が完成!2017/12/12

≪交流会ブルースのための勉強会≫、
いよいよ今週末となりました。
(忘年会もね!)

当日使用する
「自作テキスト(教材)」が出来あがり、
眺めてニヤニヤ。(笑)
私自身もワクワクしてきましたよ~♪

クラシック中心に学んでいる方にとっては、
普段あまり馴染みのないジャズやブルース。
「弾けたらカッコイイだろうな~」とか
「アドリブって何をやっているんだろう?」とか
気になりつつも、
気軽に学ぶ機会ってなかなか無いと思います。
新たな扉を開いて知識を得ることは
音楽の幅を広げることにも繋がります。
「ほんの少しでいいから学んでみたい!」
「それらしく弾いてみたい!」
という興味を満たしつつ
勉強ができちゃう今回の企画は、
参加される皆さんにとって
とても有意義なものになると予感しています。

告知が遅かったあげく、
開催が12月中旬ということもあって、
都合がつかない方も多く、
少人数での開催となりますが、
理解度を確認しながら進められるので、
私的には少人数でちょうど良かったかも、
と思っています。(^-^)

ということで、
週末は楽しい勉強会にしましょう~♪
(忘年会も楽しみにしています!)

ところで。
テキストを作っていて思ったのですが、
『楽譜作成ソフト』ってどうなんだろうか?
使いやすいのかなぁ?
今回、ちょこっとした譜例を作るのに
ワードで作成したら、もう、
いちいち面倒で、面倒で…。(;´Д`)

手書きで譜面を作ることには慣れているから、
普段は”手書き派”なんだけど、
やはり学ぶ側(弾き手)からしたら、
手書きのオタマジャクシより
活字のオタマジャクシ(←変な言い方。笑)
のほうが見やすいのかな~?
と思ったりもして…。

使い勝手が気になる私なのでした。
「私、楽譜作成ソフトを使ってますよー」
という方がもしもいらしたら
情報をお知らせください!

私の言葉2017/12/04

先月のことになりますが、
以前(2010年に北海道に行く前まで)
私のところにピアノを習いに来てくれていた
生徒さん達とお会いする機会がありました!

豪華で美味しいお料理の数々と
豊富な種類のお酒を堪能しつつ、
(なんと昼間っから夜遅くまで!!)
懐かしいレッスンの話しに始まり、
音楽の話題、今現在の様子、
色々とお喋りをして
とーーーっても楽しい時間を過ごしました。

その時に、
思いもよらない言葉を頂きました。

私が当時レッスンの時に発した言葉を、
胸に刻み、今でも思い出している、と。
そして、春に仕事でピンチが訪れたが、
その言葉を自分に言い聞かせ、取り組み、
周りも驚くような成果を出すことができた、と。
一緒に働いている職場の皆さんにも
「ピアノのレッスンで学んだ」と伝えた、とも。

こんなに嬉しい言葉が聞けるなんて…!!

私が発した言葉そのものは、
そんな大それたものではないので、
成果を出せたのは、
もちろん彼本人の努力の賜物です。

お酒の席でのお話しなので、
多少、大袈裟に話されてたんでしょうが、
難題を成し遂げたその時の様子を
身振り手振りで思い出しながら話す姿は
とても満足気で自信に満ち溢れていました。
そして
「先生のあの言葉があったから頑張れた」
と感謝され、
言葉にならないほどの感動を覚え、
泣きそうになってしまいました。
(ん?泣いていた、かな??笑)

レッスンで私が発した言葉で
頑張れている人がいる。
しかも、ピアノに限らず。

なんて凄いことでしょうか!!!

自分の存在が、自分の言葉が、
他人の人生に影響を及ぼしている、と
これほどまでに実感したことは
かつてありません。
とても嬉しく有難い気持ちになったのと同時に
改めて自分自身を振り返り、
自分の言動にはきちんと責任を持たなくては…!
と、肝に銘じる出来事でした。

私のほうこそ
最高のご褒美を頂き、
ますますやる気が出てきました!
はぁ~~~~~ん(*´Д`*)
ピアノの先生やってて良かった。

楽譜への書き込み2017/11/15

レッスンの時、説明や注意とともに
私にえんぴつで波線を書かれたり、
音符に丸や指番号を付けられたり、
スラーやブレスの記号を書かれたり…
なんてこと、結構ありますよね。

大人になってピアノを始めた方の中には、
「えッ!楽譜に直接書いちゃうの!?」と
驚かれる方もいらっしゃいます。
「大切に綺麗に使っていきたい!」
という気持ちはよーくわかります。
…が、”書き込み”って重要なんです。

地図を想像してみてください。
詳しく細かな路地まで記してあったとしても、
それを使ってどこか目的地に行くとなったら、
行先のゴール地点に目印をしたり、
道順をなぞっておいたり、
曲がり角の情報(お店や信号の名前など)を
書き込んでおいたりしませんか?
もちろん「単なる地図」の状態のまま
書き込みなどしなくても行きつけるはずです。
でも、自分に適した情報を付け加えることで、
曲がる所を間違えてしまったり、
道に迷ったりする”リスク”を減らせますよね。

楽譜は
『曲を奏でるための地図』のようなもの。
書き込みをしておくことで、
弾き進めつつ視覚から情報を得て、
「あ、次は音を外しやすいところだ」とか
「区切らずに次の小節までスラーだな」とか
気を付けることができます。
その箇所にきて、間違えたり、
変な弾き方をして通過してしまってから
「あぁ、そうだった、ココだった~(;´Д`)」
と、気が付くのではなく、
弾く手前で気が付き注意をして、
正しく弾くこと(&正しく弾こうと意識すること)が
とっても大事なのです。

ピアノの練習の基本は「反復」です。
繰り返すことで脳みそは記憶をし、
動作として馴染んでいきいます。
無駄に何度も不注意によるミスを繰り返すか、
注意をしてミスを防いだ状態で繰り返すか、
どちらが良いかは一目瞭然ですよね。

…とはいえ、
「楽譜に直接書き込むことには抵抗がある」
という方もいらっしゃるでしょう。
輸入楽譜なんて高価ですからねぇ~。
お気持ちわかります。
その場合は、練習している曲の譜面を
レッスン用にコピーしてご持参ください。
その場合、書き込みはそちらにします。(´ー`)ノ

あ、それから。
いつでも私が書き込みする、とは限りません。
私の書き込みで充分、とも限りません。
気が付いたことや注意することなど、
自分でどんどん書き込んじゃってください。
レッスンの場で書いて頂いてOKですよ。
また、自宅で練習している時に、
書き込みしたいことがあれば、
もちろんそれも書いて大丈夫です。

その際、文章をダラダラと書いてしまうと、
ごちゃごちゃして楽譜が見づらくなったり、
”情報”としてわかりづらくなるので、
楽譜へは記号や短い言葉で
書き込むことがポイントです。
一言で書けない理論的な内容や補足、
私から言われた練習方法や課題などは、
別にノート(メモ帳など)を用意して、
記録しておくと良いですね♪

何年もの月日が経ち、
しばらくぶりにその楽譜を見た時、
その曲のメロディを思い出すと同時に
残された書き込みから、
レッスンの時間、先生とのやりとり、
当時自分が感じていた心情などが
一気に思い出されることがあります。
「あぁ~この曲、ここで苦労したなぁ~」
「先生と指使いで議論したっけ」とか。

楽譜の書き込みから
そんなことを思い出すのも
また楽しいものです。

=================

12月16日の「勉強会&忘年会」に
参加される方へ

勉強会の会費(2000円)は
12月1回目のレッスン時に
月謝と一緒にお支払いくださいますよう
お願い申し上げます。

忘年会の会費につきましては、
お店が決定して金額がわかり次第、
お知らせ致します。

=================

アンケートのまとめ 22017/08/08

前回の記事の続き。
交流会のアンケートのまとめです。

====================

◇交流会全般、参加しての感想◇

◎年に1度、皆さんとお会いし、
 素晴らしい曲&演奏を聴き、
 この上ない幸せな時間でした
◎帰り際、帰りたくなくなるくらい…
 アットホームで落ち着く場所になっています
◎交流会は1つの目標、ピアノの道標
◎頑張っている仲間の存在に刺激を受け、
 自分のモチベーションもあがります
◎とても実りのある会
◎欠席なんて考えられません
◎いつの間にか自分への課題を
 大きくし過ぎていたのかもと思いました
 もっと楽しんで弾きたいです
◎夢、勇気、恐怖(緊張)、安堵、希望の
 詰まった交流会。深い!
◎Studio*ABE*の生徒で幸せです~

皆さんにとって、年に1度の交流会は
とても有意義な時間となっているようで
私も本当に嬉しいです!
仲間との再会や新たな出会いも
大きな喜びであり財産ですね。

◇その他◇

それ以外の項目において、
印象に残った回答をいくつか紹介します。

~冊子について~
◎デザインが素敵!毎回とても楽しみ!
◎先生からのコメントが嬉しいです
◎100点満点。パーフェクト。
◎誤字脱字が無く 
 先生の国語力の高さにも拍手!
◎永久保存し大切にします。

~食べ物・飲み物~
◎もしかしてオードブルは去年と違うお店?
→そうですよ~。イタリアンのお店にしました。
◎フルーツが甘くて美味しかった
◎緊張をほぐすのに良いです
◎どれも美味しく量も充分でした

~それ以外~
◎休憩後の時間の使い方に工夫が必要
→今回、初めて休憩を挟んでみたので、
 確かに中弛みした感は少しありましたね。 
 今後、更に良くなるよう練ってみますね。 
◎聴いて頂ける喜びを今回も感じました
◎”ごあいさつ”の文章が心に残りました
◎先生、毎年の健康診断お願いします
→健康を心配してくれてありがとうございます。
 はい(^-^)今年こそ20年ぶりに行きますッ!
◎リクエストの即興ジャズ演奏、素敵でした
◎ス タ ジ オ ア ベ サ イ コ ー♪
(↑譜面にして書いてくださいました!)
◎小さい頃からやっていたけれど
 自分のピアノに自信が持てず、
 ずっと過ごしていたのですが、
 先生と出会えてレッスンで出来ることが楽しく、
 出来るようになっていることがわかり、
 もの凄い勢いで先生もピアノも
 大好きになっています
→(*´m`*)ムフ~。これ、ラブレターですね。
 嬉しいメッセージをありがとうございます!

====================

皆さんのご協力があるからこそ、
毎年、こうしてアットホームな雰囲気で
和やかに会が行なえているのだと思います。
心から感謝しています!!

1人1人が広い心と優しい気持ちで
他の方の演奏に耳を傾けていることが、
この雰囲気を作り上げているんでしょうね。
心が温かい方々が多く集まっているので、
誰もがすぐに打ち解けられますよね!
初参加となるお2人も楽しめたようなので、
安心しました~。(^-^)

もうすでに「来年が楽しみだぁ」と
生徒さんが言ってくれているのを聞くと、
「今年も開催して良かった!」と思います。
来年はどんな進歩が見られるか?
どんな素敵な曲に出会えるか?
皆さんがどんな風にピアノの腕をあげ、
音楽的に成長していくのか、私も楽しみです。

また、1歩ずつ、
自分のペースで練習を楽しみながら、
各自レッスンを頑張っていきましょう!!

アンケートのまとめ 12017/08/04

交流会に参加された皆様、
今年もアンケートにお答え頂きまして
ありがとうございました!
交流会を終えてホッと一息つきたい時に、
アンケートを書いて提出って、
少々面倒くさい作業ですよね??(汗)

でもでも…!
試行錯誤を重ね交流会を
1から手作り開催している私にとっては、
皆さんのアンケートの反応(回答)が
何よりのご褒美であり活力源なのです!
今後の参考になるご意見や
温かい労いの言葉を頂戴すると、
「交流会、続けていこう!頑張ろ!」と
元気をチャージすることが出来ますので、
今後ともアンケートへのご協力を
何卒宜しくお願い致します。m(_ _)m

用紙の裏にまで書いてあったり、
紙を足して書いて来て下さったり、
小さな字で細かくたくさん書いてくれていたり、
工夫を凝らして書いて下さったり…
涙が出るほどに嬉しかったです!
感謝申し上げます。

さて。
今年も様々な意見・感想を頂きましたので、
いくつか紹介したいと思います!
(※原文より短くしてある場合があります)
長くなりそうなので2回に分けて更新します。

あ、それから!
今年のベストプレーヤーは
1つ前の記事(7/29)で発表していますので、
そちらもご覧くださいね~♪

====================

◇自分自身の演奏について◇

今年は、自分自身の演奏に対して、
厳しいコメントを書かれていた方が
多いように感じました。
後悔、反省、練習不足などの言葉がズラリ。
中には「悪夢でした(涙目)」なんて
回答も…Σ(||゚Д゚)そんな、そんな…。

◎う~ん、これが現実です
◎反省!1に練習、2に練習!
◎緊張から解放されたい、怖さから逃れたい、
 そんな事が頭の中を先行して
 演奏とは呼べない後悔が残る結果
◎練習不足で残念!!

でも、こういった言葉の背景には、
(以前の記事にも書きましたが)
『挑戦』というキーワードが
あったように思うのです。
満足のいく出来栄え、納得のいく演奏には
至らなかったとしても、
今回の経験、感じたことは
きっと今後に活かされるはずです!
そんな中、
何らかの収穫や成果があった方々の
回答がこちら↓

◎満足度60%(前回より10%UP!)
◎ミスはあったが勢いよく最後まで
 止まらずに弾き通せて良かった
◎自分自身の思うピアノの音色と
 実際にグランドピアノから出る音色との
 ギャップにずっと悩んでいたけれど、
 今回初めて、グランドピアノの音と
 一体化できた瞬間がありました
→おぉ、素晴らしい~♪大収穫ですね!


◇他の人の演奏について◇

◎皆さんの上達にただ驚いています
◎ピアノへの熱い取り組み姿勢に共感
◎良い曲ってたくさんあるものです
◎綺麗な曲が沢山あって楽しかった
◎様々なジャンルを聴けて楽しかった

クラシック~映画音楽~ジャズ等が、
1度に聴ける機会は滅多に無いので、
これはStudio*ABE*の交流会ならではの
魅力的な要素の1つだと思います。
同じグランドピアノで演奏していても、
弾き手や曲目で表情がガラリと変わるから、
ピアノって本当に面白いですよね!
これまで知らなかった新しい曲を知る、
という点でも良い機会になっているようです。

また、他の生徒さん達の
真摯にピアノに向かう姿には、
皆がお互いに心を打たれるようですね。
「よし、自分も頑張ろう!」と
刺激を受けるという意見も多かったです。


◇『交流会ブルース』について◇

◎来年は格好よくアレンジしてみたい!
◎アドリブが出来るようになりたいかも
◎湧き出るリズムにセッションの楽しさを実感
◎自分としては気持ちよく弾けました
◎リズム感の欠如…痛感
◎前回よりノリ良く弾けた

今年は『どれみカード』のクジ引きで
組み合わせのメンバーを決めましたが、
それが何気に好評だったようです。(^-^)
誰と組むかちょっとワクワク。
チームごとの写真も良かったですね!
また、「交流会の最初にやったことで、
少しリラックスできた」という意見もあり、
「交流会はブルースでスタート!」と
定番化するのも悪くないかも♪
と感じています。

そうそう。
ジャズを勉強されている方から、
「クラシックの方々は楽しめていないような…」
というご意見を頂き心配していましたが、
アンケートを見るとクラシック中心の方達も
皆さん楽しめていたようで安心しました。
ただ、慣れない独特のノリとアンサンブルに、
照れくささを感じたり、ぎこちなくなったり、と、
余裕がなくなってしまうようですね。

交流会ブルースでアレンジやアドリブに
今年こそ挑戦するぞ!と思っていても、
いざ、交流会の前になると、
皆さんどうしても自分の演奏する曲のことで
頭がいっぱいになってしまうので、
結局、ブルースは後回し。
そんな感じの人が多いことがわかりました。

それならば!全く別の機会に
『交流会ブルースのための勉強会』(任意参加)
を合同レッスン形式で行なうのはどうかな?
とか、検討中です~。(^-^)
良いアイデアがあればお知らせを!

====================

今日のところは、
アンケートのまとめはここまで。
次回に続きます。
もうしばらくお待ちくださいませ~。

2017年ベストプレーヤー!2017/07/29

交流会から約1ヶ月が経ちました。
その後、ピアノとの付き合い方に
何かしらの変化はありましたか~?
レッスンでは
「来年はもっとこうしたい、ああしたい」
というお話しを聞けるようになったり、
「ピアノに対する意欲がUPしてます!」と、
より一層、練習に励んでいる様子が伺えたり、
嬉しい変化を感じています。(^-^)v

さて。
皆さんにお答え頂いたアンケート。
色々な意見や感想を頂きましたので、
現在まとめているところですが…
ひと足お先に今年のベストプレーヤーを
発表したいと思います!
アンケートの7つ目にあったあの質問
『印象に残った生徒さんは誰ですか?』
の項目の結果です。

今年、交流会で「印象に残った」として
皆さんから多くお名前が挙がり
ベストプレーヤーとして選ばれたのは…


じゃじゃーーーーん!!
( ´ー`)ノ

「T岡 Y子さん」 です!


選出の理由としては、
「昨年以上に練習を頑張った感じが
ヒシヒシと感じられたから」
「人生の重みが音色と重なって聴こえた」
「昨年より一段と素敵な演奏で驚きました」
などがありました。

今年は票がバラバラに割れ、
多くの方に1票ずつ入るといった状況の中、
複数票を獲得したT岡Y子さんに決定!

「60歳の手習い」と言って、
当教室でピアノを始めてくださり、
以来、ずっと継続してくださっています。
本当に長い長~~~~いお付き合い。
当時、私は…25歳くらい?若ッ!(*_*)
ピアノの先生として指導歴も浅く、
1人の人間としてもまだまだ未熟だった私を
当時からずっと優しい眼差しで見守り続け、
教室に通い続けてくださっています。

途中お休みする期間があったり、
月2回から1回に減らしたり、と、
状況や様子を見ながらのレッスンですが、
今年の交流会の前には、
また月2回のレッスンに戻したりして、
私から見ても意欲的に
練習に取り組まれていたように思います!

そんなY子さんのお名前を
アンケートの回答欄で見つけるたびに
「お!?今年はもしかして!?」と、
ワクワクしながら集計したのでした。(笑)
彼女のひたむきに継続してきた姿勢、
そして、人柄が出ている優しい音色、
それらを感じ取り理解して下さってる人が
ちゃんといるんだなぁ~と思うと、
本当に嬉しくて、嬉しくて。
ほんわか温かい気持ちになる結果でした♪


T岡Y子さん、おめでとうございました!!

楽しい交流会でした♪2017/06/26

『第11回 交流会』
参加された皆さん、お疲れさまでした!
今年も和やか&穏やかで
とても楽しいひと時となりましたね。

ピアノや音楽の話し、レッスンの話し、
共通の趣味を持つ仲間との交流は、
世代や性別を越えて
すぐに親しくなれるのが良いですよね。
1年に1度しか会えなくても、
そこには何となく仲間意識が芽生え、
良い関係が築けているように思います。

生徒さんが本当に素敵な方ばかりなので、
Studio*ABE*の交流会は
毎年とても雰囲気良く行なうことができ、
本当に感謝しています。
生徒さんに恵まれている私は
幸せ者だぁーーーーーー!!
と、つくづく感じています。(*´Д`*)

さて。
昨夜は美味しくお酒を頂いて、
食事会をビシっと〆ることをすっかり忘れ、
デヘヘェ~~~ッと終了してしまい、
猛烈に反省している私。(苦笑)
…ということで、
昨日の皆さんの演奏で感じたことを
少しだけお伝えしようかと思います。

今年は皆さんの演奏から
≪挑戦≫という印象を強く受けました。

・初めて弾くタイプの曲に挑戦
・苦手なジャンル/リズムへの挑戦
・多忙で限られた時間で仕上げる挑戦
・長い曲/速い曲/難しい曲…に挑戦
・人前での演奏にリベンジ&初挑戦
・アドリブやアレンジに挑戦
などなど。

皆さんがこれまでの普段の練習で
交流会のために頑張ってきたことは
私がよーーーーく知っています!!

本番での自分の曲の仕上がりには
納得がいかなかったかもしれません。
緊張で普段とは全く違う演奏になってしまい
悔しい思いを感じているかもしれません。
逆に、新たな扉が開けた方という方も
いらっしゃるでしょう。

挑戦するって怖いことです。
無難に曲をまとめたり、
やめておこうという選択肢もある中、
挑戦をした、その勇気に
拍手を送りたいと思います!
今回の挑戦によって
得られたものは必ずあるはずです。
それを大切に育てながら、
また1歩ずつ前進していきましょう♪

私も今回、自分の演奏に関して、
新たな発見があり、それが大収穫でした。
具体的には内緒です~。ムフ(*´m`*)
ますますピアノって奥が深く、
楽しいなぁ~と感じています。

たくさんの差し入れと、
ご協力をありがとうございました。
(残った差し入れは独り占めだー!笑)
そして、本当にお疲れさまでした。(^-^)

==================
≪交流会の写真≫

今年もweb上のアルバムサービスを利用して
閲覧&持ち帰りできるようにする予定です。
これから写真の整理をして
アップロード作業に入りますので、
もうしばらくお待ちくださいね。

≪アンケート≫

アンケートへの回答をお願い致します。
お渡しした冊子の最終ページを切り取り、
7月レッスン時に提出してください。
(参加者は全員提出)