たまには環境を変えて2017/06/10

ジワジワと交流会が近づいてきて
何とな~くソワソワしている方も
多いかと思います。
「うぅ、やばい!」と焦ってみたり、
「いや、楽しめれば良いんだから大丈夫」と
自分に言い聞かせてみたり…。

何を隠そう、私もそんな1人。
毎年のように書いていますが、
私も演奏の際は緊張しまくりますので、
もう今からハラハラドキドキです。(苦笑)

「普段通りに、いつもみたいに」
なんて思ってみたところで、
手は冷た~くなり、足はガクガク。
お腹も痛くなってくるし力も入らない。
練習の時は無心になって集中できるのに、
本番では弾き始めると『余計なこと』を考えて、
頭の中を雑念がグルグルしてみたり、
いつも当たり前のように弾けていたところで、
突如「あれ?何の音だっけ?」と
わからなくなったり。
もうヒドイもんですよ。トホホ。(´д`lll)

それでも、
指は動き続ける!
何食わぬ顔で弾き続ける!!
↑これが大事。

そうできる(そうなる)ためには、
いつものピアノの練習にひと工夫。
わざと少しプレッシャーをかけてみましょう。
そう!ズバリ「緊張の練習」です。
本番で「いつも通りに」と思ったところで、
所詮「いつも通り」なんて
残念ながら無理、ムリ、むり。(T_T)
それならば練習の段階で
「いつもと違う状況」をあえて作って、
不慣れな環境・状況・雰囲気に
ちょっとでも慣れておこう!という作戦です。

・いつも1人きりで練習しているなら、
 家族や友人など誰かに居てもらい練習する。
・いつも静かな環境で弾いているなら、
 TVをつけたり窓を開けるなど雑音の中で弾く。
 (窓を開けて弾く際は時間帯に注意しましょう)
・「よし!本番」という気持ちで録音してみる。
・録画をしてカメラを人の目だと仮定して弾く。
・スラスラ弾けていても超ゆっくり弾いてみる。
・ヘッドフォンを外し音を出して弾く。
・人が見ている前提でお辞儀をしてから弾く。
・暗譜しているなら逆に楽譜を見ながら弾く。
・ミスをした際、いつも弾き直しているなら、
 強引にそのまま最後まで弾き切ってみる。

などなど。

…ということで、
私も環境を変えて練習してきましたョ。
いつも自宅の整った環境で弾いているので、
貸しスタジオのグランドピアノを借りて、
2時間ほどこもって練習。
初めて利用する施設(場所)、
大きさも響き方もタッチも全く違うピアノ、
扉の外に何となく感じる人の気配、
これだけのことですが、
いつもより落ち着かないものです。
そして、やっぱり最初の何回かは
上手く身体を使えずぎこちなくなり、
「いつも通りの演奏」とはいきません。

リラックスできていない時に自分がどうなるか、
曲のどの部分に不安を感じているのか、
”いつもの感じ”に少しでも近づけるには
どうすること・どう思うことが効果的か…

そんなことを考えながらピアノを弾き、
自宅での練習とはまた一味違った
有意義な時間を過ごしてきました。
それにしても2時間ってあっ!という間。
2時間は短い。短すぎる!
できることなら思う存分、
5時間くらい弾き続けたーーーーい!
あぁ、ピアノ弾くって楽しいですね。
練習、楽しい♪

===================
≪今回利用した貸しスタジオ≫
PIANO STUDIO
「BASS ON TOP」 池袋西口店
グランドピアノ5台 アップライト2台あり

ボロボロでも大切2017/05/11

ゴールデンウィーク中、
少し時間的に余裕があったので、
レッスン室を整理整頓しました。
んまぁ~、
出てくる、出てくる、古い譜面たち。

私は、地元の児童合唱団に
小学3年生~高校に入学する前まで
入団していたんだけど、
その頃、演奏会などで歌っていた楽譜が
わんさかととってあるのだ。
きちんと製本されている曲集はもちろん、
普段の練習用のプリント譜も
数えきれないほどたくさん。
懐かしい「わら半紙」に印刷された
古い譜面たちがどっさり~。
30年モノのそれらは一層茶色くなり、
ボロボロでザラザラ。(笑)

ハッキリ言って、あれらの曲を
合唱で歌うことはもう2度とないだろうし、
もしも歌いたくなり楽譜が必要となれば、
今やネットで調べたり、新しく購入も可能。

だけど、だけど…
うーーーーーーーーん、
やっぱり捨てられないよ~。(;´Д`)
何故だろう、
譜面って捨てられないんだな。
それが、たとえボロボロのわら半紙でも、
譜面なんて見ずにもう歌える曲だとしても、
間違いだらけの手書きの譜面でも、
コード進行も頭に入ってるし、なんなら、
すぐに自分で譜面におこせますけど…、
という程度の曲のものでも、捨てられない。

というわけで、
1枚1枚譜面を確認しては、
その曲を歌いながらファイリング♪
ベンジャミン・ブリテンの小ミサとか
難しいのに、よく歌ってたもんだねぇ。

ピアノの楽譜も同様。
小学校に上がる前くらいの頃に、
使っていたであろう楽譜たち。
表紙はとっくに取れてなくなり、
製本も崩れてページが紛失し、
端っこは擦れてガサガサボロボロ。
それでも私にとっては大切な思い出の楽譜。

曲が仕上がると
貼らせて貰えた「ヘビ」シール。
『かたてずつ 50かい ひくこと』
と書き込まれた先生の文字。
弾けなくてイライラして、
自分で鉛筆でグチャグチャ~!!と
譜面を塗りつぶした箇所。

楽譜を広げると、当時の気持ちや
懐かしい記憶が蘇ります。
今に繋がる大事な思い出。
ボロボロだけど大切な宝物です。(*´Д`*)

あ、ちなみに。
動物シールは色々とあって、
好きなものを選べたんだけど、
「ウサギ」とか「ゾウ」「キリン」とかある中で
「ヘビ」が大のお気に入りでした。(笑)
哺乳類に限らず、爬虫類、両生類、鳥類、
そして昆虫まで…
私の「無差別級の生き物好き」は
幼少の頃からだったと再確認。(^-^)

そんなこんなで、
色々と片づけ&整理整頓して
レッスン室、スッキリしました~。
気分爽快♪

名刺の思い出2017/02/09

ムフ。(*´m`*)
仕事用の名刺を作った。

去年、「名刺があったら良かったのに~」
という場面が何度かあったので、
そろそろちゃんと作ろう!と
心に決めていた。
そして、チマチマとStudio*ABE*の
ロゴマークを自作したりして、
準備を進めていたのだ。
で。こんな感じで作ってもらおう!と、
デザインも決まり業者に発注。
本日、手元に届きました。
わーい。嬉しい♪

==================

大学生1年生の頃、
お茶の水にある某楽器店で
販売のアルバイトをしていた。
店頭での主な扱いは、
エレキギターにアンプ、エフェクター、
ベースにアコギにウクレレ、
そして、リズムマシンにシーケンサー、
電子ピアノやらシンセサイザーまで。
知識が乏しかった私はヒーヒー言いながら、
週4日くらい接客にあたっていた。

店で様々な楽器を扱う中、
電子ピアノは唯一わかる分野だったので、
一生懸命覚えて接客にも熱が入った。
商品の特徴を話しつつ弾いて見せたり、
メーカーごとの違いを説明したり、
そして、購入の意思が感じられたら、
電卓を片手に値段の交渉までやっていた。
(「価格は相談にのります」というスタイル)
お茶の水は楽器店が多く並ぶ街なので、
大抵の場合、丁寧に接客をしてもお客さんは
「他の店も見てきます」と店を出てしまう。
簡単には即決してくれない。

その時、渡すのがお店の「名刺」。
もし戻ってきてくれたら「私」で買ってね!
さっき提示した値段は約束するよ!
今回は他店で購入したとしても、
また何か楽器を買う際には
「○○楽器店の私」を思い出してね!
…そんな想いで渡していた。
が、しかし、たかがアルバイト。
名刺に名前は印刷されておらず、
自分の名前は手書きで書き足す、
というショボイものだった。

1年ちょっと働いていたかな?
その後、別のバイトもして、
大学を卒業、結婚、引っ越し…。
仕事を探していて、
やはり音楽関係の職場で働きたい!と
またもや同じ楽器店(他店舗)で
お世話になることに…。(笑)
(この頃よりピアノ教室も開始!)
最初に雇ってもらった時から
数年が経過していた。
今度はデジタル専門売り場に配属。
電子ピアノの販売をメインに
再び接客しながら名刺を配る日々。
出戻り(?)のアルバイトだったので、
一応「経験あり」と認められてか、
この時は、正社員ではない私にも
名前が印刷された名刺が用意された。
何気に嬉しかったっけ。

ある日。
いつものように接客をし名刺を渡すと、
「あぁ、やっぱりそうだ!」とお客さん。
「以前は駅前のお店にいましたよね?
僕、名刺、まだ持ってますよ(笑)」
と言われ、びっくり!!
なんと、4、5年前に渡した
昔の私のあの”手書き名刺”を
捨てずに持っていてくれて、
下の名前を憶えていてくれたのだ!
最初の時もお買い上げ頂いたけれど、
話しが弾んで、この時もお買い上げ。
私のつたない接客が、名刺の力もあって
売り上げにつながった、という経験。
とても嬉しかったのでよ~く覚えている。

==================

たくさんの人と出会う中、
その人の印象に残り、
自分の存在を覚えていてもらうって、
簡単なことではない。
でも、もし名刺を渡しておくことで、
「あぁ、確か…ピアノ教室の!」
「大人専門に教えてる人だよね」
と、ちょっとでもその人の記憶に残り、
それがキッカケで、
何かが始まる可能性があるとしたら…

そう思うとワクワクする!!(*´ー`*)

新しい名刺を見ながら
果てしなく妄想が膨らむ私。(笑)
人との素敵な繋がりが広がりますように☆

今年を振り返る2016/12/30

2016年も残すところあと1日。
やっと年賀状をすべて書き終え、
ホッと一息ついているところです。
はぁぁ~~ん。(*´Д`*)
仕事を終えた後のコーヒーは
格別に美味しいよ~。ふぅ~。

さて。
今年はどんな1年でしたか?
私は『人と会うこと』が、
キーワードになった1年でした。
新規の生徒さんをはじめとする
新たな出会いもあれば、
ピアノの恩師や北海道時代の恩人、
元生徒さんとの嬉しい再会もありました。
これまでご無沙汰してばかりだった
親戚とも交流を持つようになりました。

そして、そのご縁を大切にし、
会う回数や時間を重ねることで、
可愛がって頂けるようになったり、
一層の信頼関係を築けたり、
心の距離が近くなったり…。
色々な嬉しい変化がありました!

皆さんに本当によくして頂きました。
人の温かさに触れる場面が多くあり、
ありがたいなぁ~と感じると同時に、
自分は誰かをこんな風に温かい気持ちに
少しでもしてあげることができただろうか?
と、自分自身を振り返っています。

人から何かをして頂いて、
ただただ「わーいわーい♪」と
喜んでいるようじゃぁ、
まだまだ未熟者ですよね。(´д`lll)

人のために何かをしよう!
世の中の役に立つことをしよう!
…とは思うけれど、
一体何をしたら良いのやら。
私に何が出来るのやら。(苦笑)
そんな大層なことは
まだまだできそうにありません。
なので、感謝の気持ちを持ち続け、
引き続き、今の自分にできること
(=ピアノ教室)を
真面目に精一杯やっていこう!
と、心に決めたのでした。

そんなワケで来年も、
ピアノ指導、張りきって行ないます!
ピアノ、思いっきり弾きまくります!
一緒に楽しみましょう~。
皆さん、ついて来てくださいね。( ´ ▽ ` )ノ


※ お知らせ ※

1月初回のレッスン時に
毎年恒例の「個別面談」を行ないます。
(レッスン後10分程度お時間を頂きます)
内容は以下の通りです。
 ・教室規定の確認
 ・連絡先などの確認
 ・レッスンについて

お忙しいと思いますが、
ご協力をお願い致します。

会いたい人に会う2016/11/25

『会いたい人に会う!』
これ、私が少しずつ実践していること。

「いつか会えるといいな~」
「また会いたいなぁ」なんて、
ただ願っているだけじゃなくて、
実際に、会おう!連絡しよう!と
なるべく行動に移すようにしています。

会いたい相手は主に恩師。
・声楽の先生(←近年再会を果たしました)
・ピアノの先生
・中学時代の音楽の先生
先生方には本当にお世話になりました。
今、私がこうして音楽を続けて
楽しくピアノ教室の仕事できているのは、
先生方との出会いが大きく影響しています。
「直接会ってお礼を言いたい!」
年々、その気持ちが増しています。

…で、先日の演奏会。(前記事を読んでね)
ずっと会いたいと願っていた
高校~大学時代のピアノの恩師と再会!
大学を卒業して20年。
欠かさず年賀状で挨拶していたとはいえ、
あれから先生も多方面にわたりご活躍され、
今では大学教授になられ、
お弟子さんは優秀な方ばかりで、
超多忙な日々を送られている様子…。
私程度のヘッポコな生徒がいきなり連絡して
「先生、会いたいですぅ~」なんて
気軽には言えない状況になっていたので、
はてさて、どうしたものか…と
思っていた矢先の出来事。

んも~ぅ、本当に幸運でした♪
「アナタ誰だっけ?」と
言われなくて良かった~。ホッ。(笑)

そして、先日、
「お昼休みなら時間とれるわよ」とのことで、
先生と大学でお昼をご一緒してきました(^-^)

思い起こせば20年前の
卒業が近づいた大学4年のある日、
「kikkiちゃん、アナタこの先どうするの?」と
真理先生に聞かれ、初めて他人に
「いつか大人を対象にピアノ教室を開きたい」
という自分の夢を話した私。
先生は真剣に聞いて下さり、
「とても良いと思う。大人の趣味のピアノは、
これからの時代に合っていると思うわ」
と、私のやりたい方向性を認め、
背中を押してくださったのでした。

卒業してから、楽器店で働いたり、
イベントデモ演奏(某電子ピアノメーカー)の
仕事をしつつ、ピアノ教室の準備を始め、
念願の「大人のためのピアノ教室」をスタート。
今、Studio*ABE*があるのは、
あの時、先生が背中を押してくれたから、
と思ったりするのです。

今回、やっと直接お礼を言うことができました~。
ただただ「お礼を伝えたい」と、
ここ数年ずっと思っていたので、
たった1時間程度のランチタイムでしたが、
1つ大きな仕事をこなした気分。
とても晴れやかな気持ちで大学を後にしました。
「そうだ!先生と記念に写真を撮ろ~う♪」
と思っていたのに、実際にお会いしたら、
緊張やら、嬉しさやら、何やらかんやらで、
すっかりそんなことは忘れてしまっていて、
それだけが後悔~。(涙)

翌日、お礼のメールを書いた際、
先生にその事を伝えると、
「写真を忘れたことで、また次に繋がるわね」
と、嬉しいお返事が!(*´Д`*)
またお会いできると思うと、今から楽しみです。
はぁ~。
やりたかったことを1つ終え、
今、ものすごい充実感。
こうした機会に恵まれたことに感謝!

====================

『会いたい人に会う!』もそうだけど、
”やりたい”と自分が感じたことを
実際に”やる”って簡単なようで難しい。
「忙しいし」「でも、だって…」「また今度」と、
なんだかんだ出来ない理由を見つけて、
先延ばしにしたりする。

そもそも”やりたい”という
自分の欲求に対し、鈍感で気が付かず、
無視したり、さらっと流してしまいがち。
だから、なかなか行動に至らなかったりする。
その一歩を踏み出せば、
世界が広がるかもしれないのに。
気持ちが晴れやかになるかもしれないのに。
楽しみが増えるかもしれないのに。
何ともったいないことか!

そう思うと、
「大人のピアノ」も一緒なんだなぁ~。
と、しみじみ。

 ピアノやってみたい!
 ピアノ習ってみたい!
 弾けるようになりたい!

今、教室に通ってくれている
生徒さん達は皆、”やりたい”と感じた
自分のその気持ちにGOサインを出し、
一歩を踏み出した人達なんだよね。
改めてその行動力と勇気に敬意を表します!

…と、ここまで
チョコレート片手にブログを更新中。
どうやら「食べたい!」という欲求に対しては、
優れた行動力があるらしい、私。(´д`lll)

その行動力、
今後は他に生かそうと思いますッ!(決意)

ジャズ漬け旅行2016/09/17

ちょっと遅い夏休み、
東北で思いっきり楽しんでまいりました。
はぁ~、楽しかった!(*´Д`*)
今回は「ジャズ漬け旅行」と決めていたので、
行きの車内のBGMからずーっとジャズ。
とにかくジャズ。
ジャズ、ジャズ、ジャズ。

9/10&11の2日間は
仙台・定禅寺ジャズフェスティバルで、
朝から晩まで生ジャズ聴きまくり。
今年も色々なバンドの演奏を
楽しませてもらいました~。
街中にステージが設けられていて、
あちこちで演奏しているので、
お気に入りのバンドを求めて、
あっちへこっちへ移動しながら
愛犬を連れてブラブラと散歩。
「お♪」と思ったバンドで足を止め、
演奏を楽しみました。

2日目、ノリノリな演奏のビッグバンドを
ちょっと離れたところで聴いていると、
ノリノリで踊っている男性を発見。
皆が曲に合わせて手拍子をする程度の中、
群衆のちょっと後ろで1人、本格的にダンス!
筋肉質な体つきの男性が
曲に合わせて踊っている。
結構ステップが激しく器用な動き。
ちゃんと曲に合ってて、
音楽のキメのところでちゃんとキマる。
う…うまい!!
ダンス上手いぞ!(笑)
一体なに者?

日本人ってシャイだからなのか、
音楽に合わせて踊る人って少ないけど、
彼のダンスが周りを陽気にさせるようで、
後ろから見て(観察して)いると、
ダンスマン(←勝手に命名)の近くにいる人は
釣られて一緒に何となく踊りだすのだ。
その様子は何とも微笑ましく、
そのダンスマンごしに演奏を聴くのが、
もう楽しくて、楽しくて♪
その後も、時々どこかのステージで
ダンスマンに出会えたりして、
ダンスマンを見かけると嬉しくなる私。(笑)
さすがに、夜フィナーレが近づいた時間に、
変わらず激しく踊る彼を目撃した時には
「1日中踊っていたんだ!」とびっくり。
ダンスマンのおかげで、
今年は音楽以外の楽しみ方もでき、
ジャズフェスを2倍満喫できました~。

そして、12~13日にかけては、
仙台から足を伸ばして秋田の田沢湖へ。
目的地は田沢湖畔にある
ペンション≪サウンズグッド≫さん。
そう!今回は「ジャズ漬け旅行」。
ここは定期的にジャズライブも行われている
ジャズカラー満載なお宿なのです。
(愛犬も一緒に泊まれます)
泊まりに行った日は平日だったので、
ライブはなかったけど、宿はジャズ一色。
ピアノにウッドベース、ドラムなど
楽器が置かれたレストランのスペース。
ジャズレコードが飾られ、ジャズ本が置かれ、
ジャズメンの置物、BGMはもちろんジャズ!
そして、お風呂はなんとグランドピアノ形。
ジャズを聴きながらピアノ風呂でノンビリ♪
部屋No.もジャズの曲にちなんでいたりして、
隅から隅までジャズ。

ジャズとは関係ないけど、お料理も美味しく、
部屋(コテージ)もとっても素敵でした~。
その場で挽いて入れてくれた
カメルーン産コーヒーも美味しかったなぁ。
また泊まりに行きたいペンションでした。

…っとまぁ、そんなこんなで、
「ジャズ漬け旅行」を思いっきり
楽しんでまいりました~。( ´ ▽ ` )ノ
たくさんリフレッシュできたので、
また皆さんと共に、レッスンに、
そして自分の練習に励みまーす!!

ジャズ欲求、高まる!2016/08/16

◇ お知らせ ◇

9月中旬に夏休みを頂きます!

今年も仙台で行なわれる
「定禅寺ジャズフェスティバル」
の日程に合わせて、夏休みを頂き、
帰省する予定でいます。
9月10日(土)~14日(水)の間、
レッスンが行なえません。
ご迷惑をおかけしますが、
レッスンのスケジュール調整を
宜しくお願い致します。
※9日(金)は午前~夕方までレッスン可

=================

そんなわけで、
ジャズ欲求が高まってきている私。
ブログを書きながらもBGMはジャズ。
夕食の準備もジャズを聴きながら。
ピアノの練習もここ最近は
ちょっとジャズの比率が多め。
そうそう。つい最近、
気になっていた映画『セッション』
(↑ジャズドラマーの映画です)
もDVDを借りてきて見ましたよ。
更には、漫画『ブルージャイアント』
(↑ジャズが題材の漫画ですよ)
も読み始めてしまったもんだから、
もう高まるジャズ欲求が止まらない~!
ちなみに、「ブルージャイアント」の
主人公は仙台出身という設定なので、
話しの中にジャズフェスも出てきたりして、
一層ワクワク感を増してくれます。

…で。
あぁー!
ジャズってやっぱりイイよねーーー!!
くぅーーーーーー!ジャズりたいッ!
っという想いが高まり過ぎて、
思わず衝動的な行動に出てしまった私。

(*´m`*)ムフ。無謀にも
お店でやってるジャムセッションに
1人でフラリと行ってきちゃいました。
お店でのセッションに参加するのは
何年ぶりかな?えぇっと…
ん!?約10年ぶり!?
「だ…大丈夫か?私?」
と不安はありつつも、
「きっと何とかなるさ♪」と
行ったこともないお店に突撃。
きゃぁー、緊張するよーーー!!!

(数時間のセッションタイム♪)

いやぁ~。楽しかった。
自分の演奏(内容)は超へっぽこでしたが、
充分すぎるほど楽しめました~。(*´Д`*)
行ったことのない初めて入ったお店で、
初対面の知らない人達ばかりの中、
その場にいた数名と組んで
一緒にジャズを演奏する。
上手い人も、初心者も交じって、
その場で曲を奏でる。
これって、やっぱりスゴイことだなぁ。
音楽(ジャズ)という共通語を使って
演奏を通して会話しているあの感じ、
ホント楽しい。

さすがに、超久々だったこともあり、
「そのフレーズ何度目よ!?」
「走ってる!」「16分音符が弾けてない!」
と、ピアノを弾きながら自分で
突っ込みを入れたくなったけど(苦笑)、
それでも、何とか形になるのは、
一緒に演奏してくれた人達の
サポートがあるから。
お付き合いしてくれた方々に感謝です。

そんなわけで、
高まっているジャズ欲求に
良い刺激がプラスされ、
俄然、練習に対するやる気が出ました。
新しいフレーズのストック、耳コピ、
スケール練習、コード進行のメモリーetc、
もっと丁寧に地道な練習をこなし、
コツコツ真面目に積み重ねなくては!
クラシックの練習とジャズの練習、
生徒さんのレッスン用の練習も…
となると、こりゃ大変だぞ。
むむぅ。
私も、早起きして朝練なのか??
それは…



ない。(笑)
やっぱり睡眠時間はたっぷり欲しい~。

まずは昼間の”グータラ空き時間”
=別名:おやつタイムを削りますかね。
練習を重ねてもう少し腕を磨いて、
感覚をきちんと取り戻してから、
またセッションに突撃しようっと♪


はぁ。楽しかった。