新たな風を取り入れる2018/07/04

私は「新たな風を取り入れること」が
実は…苦手。(汗)
意外に思われることもあるけれど、
結構、保守的で慎重派。

簡単な話しで例えると、
レストランで毎回同じメニューを
頼んでしまうタイプの人間なのです。
気に入ってるし、美味しいし、
安心だし、これでいいよね、と。

自分が思ったこと、やろうとしたことが
正解じゃなかったら、失敗したら…
迷惑がかかるかも、怒られるかも…
と思うと、行動に起こせず、
興味はあるけどそのままやり過ごす、
という選択を長~い間してきたように思う。
子供時代、かなり厳しく躾られ、
自分自身に決定権はほとんど無く、
親が決めた「100%の優等生像」を
きっちりとこなしてきた(演じてきた)からね。
もしかしたらそういったことが
背景にあるのかもしれない。

でもね。
数年経過したある日、
そのレストランで別のメニューを
何かのきっかけでたまたま頼んでみたら、
な、な、なんと!(゚Д゚;)
こっちのほうが好みだし、
断然美味しいじゃーーーーん!!
なんてことがあったりするんだな…。(笑)

数年前くらいからだろうか、
自分のそんな傾向を自覚してからは
ちょっとした好奇心を大切にして、
興味をもったことに対し、
自分自身に積極的にGOサインを
出すようにしている。
そして、「変化」を必要以上に怖がらず
柔軟に対応していこう、と心掛けている。
「新たな風を取り入れること」は
不安だし怖いし失敗もあり得るし、
億劫だし面倒だったりもする。
「このままでいいじゃん」という気持ちも
ムクムクとわいてくるんだけど、
もしかしたら、
食べていなかったことを後悔するほどの
美味しい『絶品メニュー』かもしれないからね。

っと、そんなわけで。
(本題に入るまでが長い!←自己突っ込み)
以前から興味がありつつも
先延ばしにして手を出さずにいた
楽譜作成ソフト『finale』を遂に導入!
それに伴い新しくMIDI鍵盤(88key)も購入!
これで手書きの楽譜とはオサラバなのだ。
パソコンで、
楽譜を綺麗に浄書(清書)できる~!
リアルタイムで楽譜になっていくから、
曲を作る時も頭にペンさしながら、
ピアノ弾いて、書いて、弾いて、書いて…
の作業をしなくて済む~!
生徒さん用のアレンジも効率よく捗る~!
…はず!(笑)

使いこなすまで時間がかかるだろうけど、
手書き譜面より見やすくなるだろうし、
きっとレッスンの質の向上に繋がるよね♪
譜面に起こすのが若干面倒、という理由で
ここ数年、作曲をする頻度も落ちていたけど、
これで意欲的に取り組めそうな気がする!

「一歩を踏み出す」
と言ったら大袈裟かもしれないけど、
こんなレベルのことでも
新たな風を取り入れることは
私にとっては少々勇気のいること。
そう考えると、
ピアノに興味を持ちピアノ教室を調べ、
ドキドキしながら問い合わせをし、
当教室でピアノを始められた皆さんの
その勇気と行動力には
改めて頭がさがる思いです。
私も見習わないとね。(´ー`)

さーて。
とにかく使い方に慣れなくちゃ。
ムキィーーーーーッ!
これなら手書きの方がマシじゃーーー!(怒)
と、イライラを爆発させないように、
焦らずノンビリ楽しみながら頑張ります♪

羊と鋼の森2018/06/06

先日、文庫本を頂きました。
興味がありつつも、
まだ読んでいない小説だったので、
「わーい、わーい♪」と
大喜びで頂戴し、一気に読みました。
(読みやすくて一気に読めちゃった)

* * *

『羊と鋼の森』 (宮下奈都 著)

ピアノの調律に魅せられ、
その道を踏み出した一人の青年。
悩みながら、迷いながら、
調律の技術を高めつつ、
一人の人間としても
成長を遂げていくストーリー。

* * *

映画化も決定し近々公開になるらしいので、
テレビなどで話題にされることも多く、
本の存在をご存知の方も多いと思います。
話しの内容が気になる方は、
本や映画をご覧になると良いかも。
小難しくないし、重々しい感じもないし、
ピアノが好きな人には
気軽に楽しめる作品だと思いますよ♪

内容はもちろん良かったのですが、
この小説の舞台が北海道であること、
そして、宮下奈都さんの文体が、
私的にはツボ。
とっても気に入りました~。(*´ω`*)

私の心のふるさとである「北海道」が
舞台となっているので、
(生まれも育ちも東京ですが、
2010年より3年弱北海道在住でした)
物語のキーワードとなる「森」をはじめ、
北海道の大自然や空気感、
「道民あるある」的なことが
随所に散りばめられているのです。
読みながら、懐かしくて嬉しくて…。(涙)

本を閉じて目を瞑ると、
森の中で木々がザワザワと鳴る音や、
木の実が落ちてくる音。
晴天の朝のキーーーンと冷えた空気。
春が来る時の何とも言えない喜び。
これらの記憶がブワっと蘇りました。

大好きな北海道の森を
身近に感じることができたのは
著者の綴る文章が、
北海道の自然の美しさと同様に
あまりにも美しかったから。

静かで穏やか。そして、美しい。
スッと入ってきます。

これって美しい音を出す人の
ピアノの演奏を聴いた時と似ている。
身体にスッと入ってきて、情景が浮かび
感情が揺さぶられるあの感じ。

そしてまた、
 自分に才能はあるのか?
 才能がなかったら?
 努力すれば道は開けるのか?
 努力し続けられることが才能なのか?

…といった、
誰しもが考えたことがあると思われる
「才能」「努力」にまつわる
迷いや不安といった心の葛藤にも、
著者の文章はスッと入ってきて、
読み手に勇気や励ましをくれます。

美しく静かで穏やかな言葉の中に、
芯の強さのようなものを感じました。

普段あまり読書はしないんですが、
内容そのものを楽しむことに加え、
文章を味わうことができたので、
大満足な作品でした!!

==================

…ということで(?)
教室のピアノも調律の予約を入れました。

現在かなり気持ち悪い箇所がありますが、
もうちょっとだけ辛抱してくださいね~。
交流会前には整った状態にして頂いて、
当日は気持ちの良い音で
演奏を楽しんで頂ければと思っています。

思い出は音楽とともに2018/03/14

突然ですが現在、義父は仙台で1人暮らし。
義母が亡くなり1人で暮らすようになり
間もなく3年が経とうとしています。

近くに親戚たちがいるとはいえ
やはり色々と心配…ということで、
義母が亡くなってから
すぐに義父用の『携帯電話』を購入&契約。
86歳にして初めて携帯電話を持つ義父に、
メールの打ち方、送信受信の仕方、
電話の仕方、写真の撮り方などを教え、
連絡を取る日々が始まりました。

”らくらくタイプ”の携帯じゃないのに、
あっという間にメールの打ち方を覚え、
立派な長文でしっかりと漢字の変換もされ、
今日の様子を送ってくれる義父。
私はそれを『お父さん通信』と命名。(笑)
以来3年間、ほぼ毎日欠かさず、
私と義父とでメールのやりとり。

そんな義父も89歳になりました。
『お父さん通信』を読むと、
89歳とは思えないエネルギッシュな毎日で、
そのパワフルさに驚くばかり。
健康で歩けること、友人や仲間がいること、
色々なことに興味を持ちそれを楽しむこと、
って大事なんだな~とつくづく思います。

ボランティアで
健康麻雀教室のサポーター講師をし、
「コーヒーの会」で仲間と喫茶店めぐり、
興味をもった演奏会に1人で足を運び、
たまに温泉旅行に友達数人と出かけ、
家では読書、CDで音楽鑑賞。
メールに「私も案外忙しいのです」とあり、
「そりゃ、そうだろうよ」と読みながら
突っ込みを入れたくなります。(笑)

先日も
「聴きたい曲を見つけたのでCDを買った」
とあったので、詳しく話しを聞いたら、
ハイケンスの「セレナード」という曲が懐かしく、
それを聴きたくて注文購入したとのこと。
今から70年以上も前に、
『前線へ送る夕べ』というラジオ番組で
テーマ曲に使われていたらしい。
当時、義父は15歳位だったと思われるけど、
懐かしい曲の話しをする時の義父は、
いつもとっても楽しそう。
青春時代の想い出が音楽と一緒に蘇るようで、
次々と色々なエピソードを聞かせてくれます。
寮歌はみんなでよく歌ったから
今でも歌詞を覚えている!と自慢気。(^-^)

70年という長~い年月が過ぎても、
音楽は人の心にしっかりと残っている。
そして、それを聴くと当時の遠い記憶が蘇り、
出来事だけじゃなく、感じていた気持ち、
見ていた景色や風の匂いまで、
昨日のことのように思い出せるんだから、
音楽って本当に不思議。

CDが送られてきて、
その曲の説明や当時の思い出を語る
嬉しそうな様子の『お父さん通信』に
私も何だかニコニコしてしまうのでした。

確定申告してきました2018/03/08

本日、雨の中、
確定申告を済ませてきました。

今年も青色申告会さんでお世話になり、
例年より遅くややギリギリになりましたが、
色々とチェックをしてもらい無事に提出。
ふぅ~。

皆さんから頂いている月謝は現金のみだし、
仕入れとかもないし、
減価償却が必要なモノも購入してないから
特に難しい仕訳もないんだけれど、
それでも、ああいった提出書類の書き方って
なんとなく難しく感じてしまう私。
言葉とか普段使わないものばかりだし、
イマイチ理解できないことも…。(恥)
だから、青色申告会さんで
一緒に確認してもらえるのは助かります。

今年は1月に2度もインフルエンザにかかり、
(型違いでAとBどちらもかかりました!!)
そのせいでレッスンをお休みしてしまったり、
皆さんにも大変ご迷惑をおかけしました。
実は、この青色申告会さんでの「決算指導」も
1月に予約をしていたんだけれど、
インフルエンザで前日にキャンセル。
日にちを変更して頂いて今日となったため、
ギリギりになってしまったのです。

何はともあれ、
無事に終えることができ気分はスッキリ♪

さーて。
気持ちを切り替え、
交流会に向けて準備開始だ!
何だか毎日バタバタと忙しく、
1週間があっという間な今日この頃。
やることいっぱい。
やりたいこといっぱい。
嬉しいことや楽しいことが多く
日々充実しています。
ありがたいなぁ~。(*´ー`*)

宣伝しちゃおうっと2018/02/05

今日は音楽とは全く関係ない話題。
普段、音楽の話し以外は
なるべく書かないようにしているんだけど、
今日は「どうしてもー!」なのである。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
北海道で暮らしていた頃(2010~2013年)、
ワタクシ、らーめん屋さんで働いていました。
数年間でいくつかの職場を渡り歩いた結果、
居心地が良くて最終的に働いていたお店が
そのらーめん屋さん。

小さいけど、ちょっとした有名店。
大物ミュージシャンもたびたび食べに来るし、
店の外に行列ができることもしばしば。
いやぁ~、ホント。
美味しいんです。
まかないで週3くらいは食べていましたが、
それでも飽きない!(←食べ過ぎ)
今でも「食べたいよ~」と禁断症状が出るくらい。

私が働いていた頃は、
平日は店長(店主)と自分の2人態勢で
店を切り盛りしていました。懐かしい。
うふ。(*´m`*)
「麺入りまーす!」とか言って麺を茹でて、
そして、チャッ!チャッ!と
湯きりしてたんですよ~。(笑)
帆布の前掛けを腰に巻いてね。

店長は真っ直ぐで熱くて心の綺麗な人。
店がどんなに忙しくなっても平常心で、
仕事の教え方も上手。
ついでに注意の仕方も上手。
冗談も多くて笑いの絶えない職場だった。
その明るくて楽しい店長を慕って、
午後になると近所の子供達が遊びに来る。
店を閉めた午後の休憩時間に、
皆で隣の公園で水鉄砲して遊んだっけ。
頭からびしょびしょになって。

店長からは本当に色々なことを学んだ。
音楽とは全く無縁の生活だったけど、
あの経験は今の私にも生かされていると思う。
本当にお世話になった。
感謝でしかないのだ!!

で。
前置きはこれくらいにして…。

このたび、なんと、
そのらーめん店のカップ麺バージョンが
明星より発売されたのです~!!(拍手!)
かなり前から話しは店長より聞いていましたが、
ついに実現です♪
こ、こ、こ、こ、これは宣伝せねば!!
…ということで、私の愛してやまない
札幌味噌らーめん専門店≪狼スープ≫の
カップ麺、全国のローソンで発売中です。

濃いです。
非常に濃厚です。
身体に良い…とは言えません。(笑)
だけど、生姜のきいたトロリとしたスープ、
興味のある方はご賞味あれ。

もちろん本当はお店でらーめんを食べて頂きたい!
もうホント美味しいから!
北海道(札幌)に出張や旅行に行かれる方は、
味噌らーめん専門店≪狼スープ≫に
是非お立ち寄りくださいませ~。

目標を上手く立てよう!2018/01/04

皆さんはその年の抱負や目標って、
毎年立てていますか?
そして、それを達成すべく実行していますか?

考えてみれば、私は子供の頃から、
「よーし、今年は〇〇するぞー!」など
一応、目標らしきモノは立てていました。
が、しかーし。
1週間後にはすっかり頭から消え、
1ヶ月もすれば完全に忘れているレベル。(汗)
そんなだったので、もちろん
「達成も何も」って感じでしたね。(;´Д`)

そんなことを大人になってからも
何度となく繰り返していましたが、
数年くらい前から、少しずつ変化が♪
「〇〇をする!」とか「〇〇になる!」とか、
その場の勢いや思いつき、ノリで、
目標となるゴール決めてしまうのではなく、
自分が”本気で興味を持っている物事”に対し、
「どうしていきたいか、どうなりたいか」を考え
「そのために何をすれば良いか」を想像し、
『具体的な行動』を目標として設定してから、
「目標を立てて、ハイ、終わり」にならず
きちんと機能するようになってきたのです!

*** 参考までに ***

2017年(昨年)の抱負→
 自分のピアノの限界はまだまだ!と信じて
 テクニックの向上を目指す

もう少し具体的には→
 ≪ショパン エチュード≫(数曲抜粋)の
 演奏の完成度をもう少し引き上げて
 自分自身が更に納得して弾けるようにしたい

そのために→
 ≪ショパン エチュード≫を弾きつつも、
 前年(2016年)から練習し始めてみた
 ≪クラマー=ビューロー60練習曲集≫に
 継続して取り組み、技術の向上を図る
 (※確か1月の時点で「18番」あたりだった)

具体的な行動(目標)→
 上記の練習曲集をどんどん仕上げ、
 月に3曲くらいのハイペースで取り組み
 年内に60番(60曲)まで全部終わらせる!

結果どうなったか→
 現在、58番、59番を練習中。
 10月の体調不良時の練習不足が尾を引き
 「目標達成!(1冊終了)」とはならなかった

*** 以上 ***

というわけで、目標達成ならず~。

でも、
…ん?あれ??
ここで不思議な感覚を味わった私。
祝!目標達成~!とはならなかったけど、
私、全然ガッカリもしていないし、
やる気を失ったりもしていない…ぞ??

正直に言うと、
10月に身体が思うように動かず
殆ど練習ができない期間には、
「あ~もう、ムリムリ!達成は無理だ~」
と嘆き、投げやりな気持ちになったり、
何となく表面的に弾けたら適当にマルにして、
次に進んでしまいたくなったりもしました。
でも、その時に、
「待って。おかしくない?焦ってどうする?
私が練習しているのは目標を達成するため、
…じゃないよね?」と自問自答。

で、確信したんですね。
注目すべきはそこじゃない、と。

この1年、私なりに真剣に取り組んできて、
音楽的な成長を自分自身とても感じている。
弾き方(身体の使い方)の新たな発見や
弾き方の悪い癖に気が付き矯正するなど、
テクニック面で得たことは多かった!
ついでに、譜読みも更にラクになり、
自分でもびっくりしたりして…。
並行して弾いているショパンエチュードも
明らかに以前より弾きやすいし!

な~んだ、目標は達成できなかったけど
目的は果たせてきているじゃない♪
と、気が付いたんです。
「どうなるため、なんのために(=目的)」
「何をするか(=目標)」なので、
結果、これでも良かったと言えるんですね。

一見すると些細なことのようだけど、
実は、ものすご~く大切なことに
私ったら気が付いちゃったんじゃない?
なんて思ったりして…。(*´m`*)ムフ。

というわけで、
皆さんもピアノ・音楽において
「自分が本気で興味を持っていること」
の中から抱負を考えてみてください。
そして、それを達成するために
「具体的な目標」を立ててみてください!
上手に目標を立てることができれば、
きちんとそれが機能し、
あなたが望む結果にきっと繋がりますョ。

==================

1月初回レッスンに行なう個別面談では
”今年の目標”を皆さんにお聞きしています。
レッスン後に少々お時間を頂きますが、
ご協力お願い致します。

新年会へ参加の「有/無」の返信は
生徒さん全員にお願いしています。
返信がまだの方は7日までに
必ずお返事ください!お願い致します!

私、脱皮しました!2017/09/30

この夏の出来事。
愛犬との散歩中に
綺麗なカマキリの抜け殻を発見しました♪

セミの抜け殻はよく見かけるけど、
カマキリのはあまり見かけないから、
「え?脱皮するの?知らなかった!」
という方もいらっしゃるのでは?
実は、多くの昆虫が脱皮するんですよ。
脱皮を繰り返して大きくなっていくってわけ。
ダンゴムシだって、コオロギだって、クモだって、
脱皮を繰り返して立派に成長するのだ!

カマキリの抜け殻を見つけ、
それを指につまみ眺めながら、
意味深げにニヤニヤと1人喜ぶ私。

ムフ。(*´m`*)

実は。私もどうやら、この夏…
脱皮したんです!!!
いえぇーい!(拍手)

====================

40年もピアノを弾いていると、
越えられない壁、限界のようなものを感じ、
「諦め」や「挫折」といった感覚を
味わう機会は幾度となくやってくる。

いくら練習を重ねても「ここまでか…」と感じたり、
指を開き続けて弾かなくちゃならない曲は
「これ以上は指がキツイ…」と諦めたり、
弾けるようになっても本来の高速テンポだと
満足のいく仕上がりにならなかったり…。
でも、その都度、
「あーでもない、こーでもない」と
試行錯誤を重ねて色んな練習方法を試し、
ひたすら弾きまくり、練習しまくり、
時には、それを放り出して(中断して)、
全く別の曲やジャンルに没頭したりしつつも、
また、改めて再挑戦し取り組み続ける。

そうこうしていると、ふと気が付けば、
いつの間にか苦しかった壁を乗り越えていて、
ある時、「あれ?私、弾けてる!」
なんて状態になっていたりするのだ。

『脱皮』
↑まさにこんな感覚。(笑)
一皮むけてちょっと大きくなった感じ。

そんな脱皮現象も、
子供の頃は短いスパンでたびたびあって、
「ちょっと苦しいな」→「練習、頑張る」
→「はい、脱皮!おめでとう~」と、
すぐに一回り大きくなれたんだけど、
大人になってからは、
ぶち当たる壁も相当、分厚く&高くなり、
そう簡単には越えられないものとなっていた。

自分の力量・テクニックレベルを
客観視できるようになればなるほど、
子供の頃のように無邪気に夢を見て
がむしゃらに頑張ることも難しい…。
練習するにしても時間的な制限もある。
ここ何年も大きな壁を見上げていた気がする。

それが、ここへきて久々の脱皮!!
数年に1度レベルではなく、
10年に1度レベルの豪快な脱皮。(笑)

自分が長年にわたり、
知らず知らずにやってしまっていた
ほんのちょっと、ほんの僅かな
「弾き方の癖」に気が付いたのだ。
そして、指に重みをかける方向と
支えに対する意識を変化させたことで、
一気に苦手だったことが解消したのだ。
んも~ぅ、本当にスゴイ進歩。嘘のよう。
弾ける。弾ける。
自分でも大興奮!

そして、ここへきて譜読みの速度が急激にUP↑
もともと譜読みは得意な方だとは思うけど、
これまでなら「うげぇ~ムリ~」と思ったものも、
不思議とサクサク♪
脳ミソの中で何かしらの新たな回路が、
開通したような気がする。(笑)

====================

今回の『脱皮』。
私は音楽の神様からのご褒美だと思っている。

昨年あたりから、技術の底上げを狙い、
「真剣に頑張らないと無理!」
というレベルの目標を掲げ、
少々厳しめの練習を自分に課してきた。
そして、それに真面目にコツコツ取り組み、
ほぼ毎日きちんと継続してきた。
そのこと自体は、まぁ特別なことではない。
ピアノを仕事にし、教えているワケだし、
真面目に練習するなんて当たり前、
と言えるよね。

私が今回、
この「脱皮」というご褒美を貰えたのは、
単に練習を真面目に頑張ったから、ではなく、
多分、その過程を心から楽しんでいたから。
かつてこれほどまでにエチュード(練習曲集)を
「うわぁ~♪楽しい!」と思いながら
練習で弾いていたことなんてあっただろうか?

思い起こせば、
小学生の頃から練習曲集は何冊もやってきた。
チェルニーで言うなら、100番に始まり、
30番、40番、50番…とやり続け、
30番や40番は終わったら
「もう一度、最初から」と言われ、
2度3度と繰り返し学んだ。
その他の練習曲集も色々やったけど、
正直、つまならいと思ってたし好きじゃなかった。
仕方なく嫌々やっていた感じは否めない。
(※ショパンのエチュードは別物として扱います)

ところが。
今は違うのだ!

1曲1曲弾き進めることがとにかく楽しい。
少しずつでも形になっていくことが嬉しい。
同じ音形の反復練習も必要に感じるし、
腕、手首の使い方、軸や重心などを考えたり、
和声の流れを感じ取りながら弾くのも楽しい。
要するに、
「はぁ、エチュードも練習しなくちゃ…」じゃなくて
「あぁ~エチュード練習したいッ♪」という変化。

タイトルのついているような曲を
派手に弾きこなすことだけでなく、
地味な基礎を学び続けることも大切に考え、
そして、それを純粋に楽しめるようになった私へ、
神様がご褒美をくれたのかなぁ~
なんて思ったりしたのです。(^-^)

とにかく毎日、練習が楽しいんだよね。
(もちろんレッスンで教えるのも楽しい!)
ピアノ弾いてると幸せ~って気分。
ピアノを弾き始めて40年がたち、
この夏、久々の脱皮をして(笑)、
ますますピアノが大好きになったのでした。

脱皮したカマキリも一回り大きくなって、
今頃は立派な鎌を振り回しているかな?



脱皮、バンザイ!ヽ( ´ー`)ノ