アンケートのまとめ 22017/08/08

前回の記事の続き。
交流会のアンケートのまとめです。

====================

◇交流会全般、参加しての感想◇

◎年に1度、皆さんとお会いし、
 素晴らしい曲&演奏を聴き、
 この上ない幸せな時間でした
◎帰り際、帰りたくなくなるくらい…
 アットホームで落ち着く場所になっています
◎交流会は1つの目標、ピアノの道標
◎頑張っている仲間の存在に刺激を受け、
 自分のモチベーションもあがります
◎とても実りのある会
◎欠席なんて考えられません
◎いつの間にか自分への課題を
 大きくし過ぎていたのかもと思いました
 もっと楽しんで弾きたいです
◎夢、勇気、恐怖(緊張)、安堵、希望の
 詰まった交流会。深い!
◎Studio*ABE*の生徒で幸せです~

皆さんにとって、年に1度の交流会は
とても有意義な時間となっているようで
私も本当に嬉しいです!
仲間との再会や新たな出会いも
大きな喜びであり財産ですね。

◇その他◇

それ以外の項目において、
印象に残った回答をいくつか紹介します。

~冊子について~
◎デザインが素敵!毎回とても楽しみ!
◎先生からのコメントが嬉しいです
◎100点満点。パーフェクト。
◎誤字脱字が無く 
 先生の国語力の高さにも拍手!
◎永久保存し大切にします。

~食べ物・飲み物~
◎もしかしてオードブルは去年と違うお店?
→そうですよ~。イタリアンのお店にしました。
◎フルーツが甘くて美味しかった
◎緊張をほぐすのに良いです
◎どれも美味しく量も充分でした

~それ以外~
◎休憩後の時間の使い方に工夫が必要
→今回、初めて休憩を挟んでみたので、
 確かに中弛みした感は少しありましたね。 
 今後、更に良くなるよう練ってみますね。 
◎聴いて頂ける喜びを今回も感じました
◎”ごあいさつ”の文章が心に残りました
◎先生、毎年の健康診断お願いします
→健康を心配してくれてありがとうございます。
 はい(^-^)今年こそ20年ぶりに行きますッ!
◎リクエストの即興ジャズ演奏、素敵でした
◎ス タ ジ オ ア ベ サ イ コ ー♪
(↑譜面にして書いてくださいました!)
◎小さい頃からやっていたけれど
 自分のピアノに自信が持てず、
 ずっと過ごしていたのですが、
 先生と出会えてレッスンで出来ることが楽しく、
 出来るようになっていることがわかり、
 もの凄い勢いで先生もピアノも
 大好きになっています
→(*´m`*)ムフ~。これ、ラブレターですね。
 嬉しいメッセージをありがとうございます!

====================

皆さんのご協力があるからこそ、
毎年、こうしてアットホームな雰囲気で
和やかに会が行なえているのだと思います。
心から感謝しています!!

1人1人が広い心と優しい気持ちで
他の方の演奏に耳を傾けていることが、
この雰囲気を作り上げているんでしょうね。
心が温かい方々が多く集まっているので、
誰もがすぐに打ち解けられますよね!
初参加となるお2人も楽しめたようなので、
安心しました~。(^-^)

もうすでに「来年が楽しみだぁ」と
生徒さんが言ってくれているのを聞くと、
「今年も開催して良かった!」と思います。
来年はどんな進歩が見られるか?
どんな素敵な曲に出会えるか?
皆さんがどんな風にピアノの腕をあげ、
音楽的に成長していくのか、私も楽しみです。

また、1歩ずつ、
自分のペースで練習を楽しみながら、
各自レッスンを頑張っていきましょう!!

アンケートのまとめ 12017/08/04

交流会に参加された皆様、
今年もアンケートにお答え頂きまして
ありがとうございました!
交流会を終えてホッと一息つきたい時に、
アンケートを書いて提出って、
少々面倒くさい作業ですよね??(汗)

でもでも…!
試行錯誤を重ね交流会を
1から手作り開催している私にとっては、
皆さんのアンケートの反応(回答)が
何よりのご褒美であり活力源なのです!
今後の参考になるご意見や
温かい労いの言葉を頂戴すると、
「交流会、続けていこう!頑張ろ!」と
元気をチャージすることが出来ますので、
今後ともアンケートへのご協力を
何卒宜しくお願い致します。m(_ _)m

用紙の裏にまで書いてあったり、
紙を足して書いて来て下さったり、
小さな字で細かくたくさん書いてくれていたり、
工夫を凝らして書いて下さったり…
涙が出るほどに嬉しかったです!
感謝申し上げます。

さて。
今年も様々な意見・感想を頂きましたので、
いくつか紹介したいと思います!
(※原文より短くしてある場合があります)
長くなりそうなので2回に分けて更新します。

あ、それから!
今年のベストプレーヤーは
1つ前の記事(7/29)で発表していますので、
そちらもご覧くださいね~♪

====================

◇自分自身の演奏について◇

今年は、自分自身の演奏に対して、
厳しいコメントを書かれていた方が
多いように感じました。
後悔、反省、練習不足などの言葉がズラリ。
中には「悪夢でした(涙目)」なんて
回答も…Σ(||゚Д゚)そんな、そんな…。

◎う~ん、これが現実です
◎反省!1に練習、2に練習!
◎緊張から解放されたい、怖さから逃れたい、
 そんな事が頭の中を先行して
 演奏とは呼べない後悔が残る結果
◎練習不足で残念!!

でも、こういった言葉の背景には、
(以前の記事にも書きましたが)
『挑戦』というキーワードが
あったように思うのです。
満足のいく出来栄え、納得のいく演奏には
至らなかったとしても、
今回の経験、感じたことは
きっと今後に活かされるはずです!
そんな中、
何らかの収穫や成果があった方々の
回答がこちら↓

◎満足度60%(前回より10%UP!)
◎ミスはあったが勢いよく最後まで
 止まらずに弾き通せて良かった
◎自分自身の思うピアノの音色と
 実際にグランドピアノから出る音色との
 ギャップにずっと悩んでいたけれど、
 今回初めて、グランドピアノの音と
 一体化できた瞬間がありました
→おぉ、素晴らしい~♪大収穫ですね!


◇他の人の演奏について◇

◎皆さんの上達にただ驚いています
◎ピアノへの熱い取り組み姿勢に共感
◎良い曲ってたくさんあるものです
◎綺麗な曲が沢山あって楽しかった
◎様々なジャンルを聴けて楽しかった

クラシック~映画音楽~ジャズ等が、
1度に聴ける機会は滅多に無いので、
これはStudio*ABE*の交流会ならではの
魅力的な要素の1つだと思います。
同じグランドピアノで演奏していても、
弾き手や曲目で表情がガラリと変わるから、
ピアノって本当に面白いですよね!
これまで知らなかった新しい曲を知る、
という点でも良い機会になっているようです。

また、他の生徒さん達の
真摯にピアノに向かう姿には、
皆がお互いに心を打たれるようですね。
「よし、自分も頑張ろう!」と
刺激を受けるという意見も多かったです。


◇『交流会ブルース』について◇

◎来年は格好よくアレンジしてみたい!
◎アドリブが出来るようになりたいかも
◎湧き出るリズムにセッションの楽しさを実感
◎自分としては気持ちよく弾けました
◎リズム感の欠如…痛感
◎前回よりノリ良く弾けた

今年は『どれみカード』のクジ引きで
組み合わせのメンバーを決めましたが、
それが何気に好評だったようです。(^-^)
誰と組むかちょっとワクワク。
チームごとの写真も良かったですね!
また、「交流会の最初にやったことで、
少しリラックスできた」という意見もあり、
「交流会はブルースでスタート!」と
定番化するのも悪くないかも♪
と感じています。

そうそう。
ジャズを勉強されている方から、
「クラシックの方々は楽しめていないような…」
というご意見を頂き心配していましたが、
アンケートを見るとクラシック中心の方達も
皆さん楽しめていたようで安心しました。
ただ、慣れない独特のノリとアンサンブルに、
照れくささを感じたり、ぎこちなくなったり、と、
余裕がなくなってしまうようですね。

交流会ブルースでアレンジやアドリブに
今年こそ挑戦するぞ!と思っていても、
いざ、交流会の前になると、
皆さんどうしても自分の演奏する曲のことで
頭がいっぱいになってしまうので、
結局、ブルースは後回し。
そんな感じの人が多いことがわかりました。

それならば!全く別の機会に
『交流会ブルースのための講習会』(任意参加)
を合同レッスン形式で行なうのはどうかな?
とか、検討中です~。(^-^)
良いアイデアがあればお知らせを!

====================

今日のところは、
アンケートのまとめはここまで。
次回に続きます。
もうしばらくお待ちくださいませ~。

2017年ベストプレーヤー!2017/07/29

交流会から約1ヶ月が経ちました。
その後、ピアノとの付き合い方に
何かしらの変化はありましたか~?
レッスンでは
「来年はもっとこうしたい、ああしたい」
というお話しを聞けるようになったり、
「ピアノに対する意欲がUPしてます!」と、
より一層、練習に励んでいる様子が伺えたり、
嬉しい変化を感じています。(^-^)v

さて。
皆さんにお答え頂いたアンケート。
色々な意見や感想を頂きましたので、
現在まとめているところですが…
ひと足お先に今年のベストプレーヤーを
発表したいと思います!
アンケートの7つ目にあったあの質問
『印象に残った生徒さんは誰ですか?』
の項目の結果です。

今年、交流会で「印象に残った」として
皆さんから多くお名前が挙がり
ベストプレーヤーとして選ばれたのは…


じゃじゃーーーーん!!
( ´ー`)ノ

「T岡 Y子さん」 です!


選出の理由としては、
「昨年以上に練習を頑張った感じが
ヒシヒシと感じられたから」
「人生の重みが音色と重なって聴こえた」
「昨年より一段と素敵な演奏で驚きました」
などがありました。

今年は票がバラバラに割れ、
多くの方に1票ずつ入るといった状況の中、
複数票を獲得したT岡Y子さんに決定!

「60歳の手習い」と言って、
当教室でピアノを始めてくださり、
以来、ずっと継続してくださっています。
本当に長い長~~~~いお付き合い。
当時、私は…25歳くらい?若ッ!(*_*)
ピアノの先生として指導歴も浅く、
1人の人間としてもまだまだ未熟だった私を
当時からずっと優しい眼差しで見守り続け、
教室に通い続けてくださっています。

途中お休みする期間があったり、
月2回から1回に減らしたり、と、
状況や様子を見ながらのレッスンですが、
今年の交流会の前には、
また月2回のレッスンに戻したりして、
私から見ても意欲的に
練習に取り組まれていたように思います!

そんなY子さんのお名前を
アンケートの回答欄で見つけるたびに
「お!?今年はもしかして!?」と、
ワクワクしながら集計したのでした。(笑)
彼女のひたむきに継続してきた姿勢、
そして、人柄が出ている優しい音色、
それらを感じ取り理解して下さってる人が
ちゃんといるんだなぁ~と思うと、
本当に嬉しくて、嬉しくて。
ほんわか温かい気持ちになる結果でした♪


T岡Y子さん、おめでとうございました!!

募集を締め切りました2017/07/26

=====================

生徒さんの募集を再開していましたが、
体験レッスンのお申込みを頂きましたので
募集の受付を締め切りました。

新たな生徒さんとの出会いは
いつもワクワクします!
レッスン開始に至りますように☆

=====================

交流会のアンケート提出がまだの方、
31日までに提出くださいますよう
宜しくお願い致します。
皆さんのアンケートが出揃いましたら、
結果をまとめて記事にしますので、
お楽しみに~。

生徒さん募集中!2017/07/18

===================

平日の昼間の枠(昼~夕方)限定で
生徒さんの募集します!!

===================

交流会前、数ヵ月の間に生徒さんが
2名ほど教室を去ることになりました。
生徒さんとのお別れは、
その都度、色々と思うことがあり、
落ち込んだり、凹んだり、悲しかったり、
寂しかったりするのですが、
いつまでも引きずっていてもしょうがない!
切り替え切り替え。切り替えていこーう!

交流会も無事に終えて、
気持ち的にも、時間的にも
少し余裕ができたので募集を再開します。
超久々の募集にドキドキです。(笑)
素敵なご縁があるといいなぁ。

「ピアノを習い始めてみようかな?」と
ピアノ教室を探されている方、
もしも当教室に興味がありましたら、
ホームページのインフォメーションをご覧の上、
≪お問い合わせフォーム≫より
お申込み下さいね。( ´ ▽ ` )ノ

勝手に説明と補足2017/07/10

先日のピアノ交流会。
皆さんの演奏の最後に、
私も2曲ほど演奏させて頂きました。

毎年、打ち上げとなるお食事会の席で、
「あの曲は有名な作品なんですか?」とか
「アレンジは先生がしたんですか?」とか、
曲に対して質問があったりするので、
その時に曲の背景や作曲家の話し、
アレンジについての補足などするんですが、
今年は、まったく話題にのぼらず…。
誰にも何も曲について言われず…。

あれ?(´・ω・`)
あの2曲は、あまり皆さんの
興味を誘うタイプの曲じゃなかったのかなぁ?
と、少々ガックリ。

やっぱり結局はショパンなのか?
誰もが知ってる有名な曲が良いのか?
明るく華やかなほうが好まれるのか?
…と、毎年、選曲には頭を悩ますわけですが、
今年はアレコレ悩んだ結果、
自分の「お気に入り曲」をチョイスしただけに、
あらら~もしかして選曲に失敗したのか?
と、少しばかり残念だったりして。(苦笑)

というわけで、何気に消化不良な私。
皆さんの興味があろうがなかろうが、
このブログで勝手に説明しちゃいます!(笑)

====================

◆プーランク 「即興曲第15番」
 ≪エディット・ピアフを讃えて≫

この曲は1932年~1959年にかけて
作曲された15の即興曲の最後の1曲で、
シャンソン歌手エディット・ピアフへの
オマージュとなっています。
皆さんご存知の通り、私の音楽好きは雑食系。
この曲はクラシックに位置づけられますが、
「クラシックど真ん中」という感じではないですね。
シャンソンの雰囲気がガッツリ出ています。

甘く切なく、歌い上げる感じの旋律、
だけれど、重すぎず押しつけがましくなく、
軽やかでサラっとお洒落な感じ…これが、
「くぅー!フランスっぽいぜ!プーランクめー!」
と、私的にはツボなわけです。(笑)

ちなみに、15番以外は知らなかったのですが、
今回の選曲にあたり全曲を通して聴いてみたら、
んも~ぅ、どれもこれも素敵過ぎて、
あっという間に虜になってしまいました。
洗練されたお洒落な感じ、粋なセンス、
繊細で美しくうっとりするようなメロディや
可憐で可愛らしい響きの数々。
その中に、時折見せる冗談のようなフレーズや
ビックリ箱の様な仕掛け。面白い!

で。すぐさま楽譜を購入。
はぁ~ん(*´Д`*) 13番、7番いい!
あ~、でも3番も好みだねぇ。
いずれは全部弾いてみたい!!
今はダントツで好みだった1番をせっせと練習中。
自分の好みの曲に出会うと
ホントに幸せな気分になります♪

◆パット・メセニー
 「Letter From Home」

ジャズ&フュージョンのギタリスト、
パット・メセニーのナンバーから、
1989年に発表された
アルバム「Letter From Home」の最終曲。
アルバムタイトル曲となっていて
エピローグ的な短い1曲です。
オリジナル曲は主役がメセニーのギターで、
ピアノや他の楽器と一緒に奏でられているので、
ピアノソロの曲ではないんです。

ピアノソロ用のアレンジ譜を探したけど、
日本では売られていないようで見つけられず。
でも、と~~~っても素敵な曲だし、
この曲を交流会の最後に弾きたいッ!!
という想いをどうしても諦めきれず、
「えぇーい!ならば自分で耳コピーして
ピアノソロ用にアレンジしちゃえ!」
と、音を拾って編曲してみたのでした。

※その後、Youtubeの海外動画で
 ピアノソロ譜っぽい譜面を発見!
 でも、見てみたら自分のアレンジと
 ほぼ同じような仕上がりだったので
 交流会では自分編曲バージョンを採用

…っとまぁ、そんな風に、
自分としては強い思い入れがあっての
選曲、そして編曲だったのです。

パット・メセニーというギタリスト、
生徒の皆さんはご存知だったでしょうか?
私の休日のドライブには
彼の音楽は絶対に欠かせない!!
それくらい車に乗るといつも聴いてます♪
一緒に組んでいたピアニスト、
ライル・メイズのソロがまた良いんだなぁ~。

メセニーのアルバムは聴き慣れないと、
少しとっつきにくい曲もあるかと思うけれど、
爽快で開放感ある雰囲気は、
どんな景色ともマッチしてBGMとして最高!
たくさんCDが出ていますので、
もしも興味がわいたら、
色々と聴いてみて下さいね。(^-^)

====================

交流会のアンケートの提出期限は
7月いっぱい(7月中レッスン時)までです。
提出がまだ済んでいない人はお忘れなく~。

交流会の≪会計報告≫をしています。
レッスン室の掲示用ボードをご覧ください。

写真web公開中!2017/06/27

交流会の写真をweb公開しました!

公開期間は1ヵ月程度の予定です。
閲覧には合言葉が必要なので、
生徒さん以外は見られません。
ご安心くださいね。

参加された皆さんへはメールで
URLや合言葉をお知らせしましたが、
参加できなかった生徒さんで、
「わぁ~私も見たいよ~!」
という方がいらっしゃいましたら、
私宛にメールをください。
情報をお知らせ致します。

また、参加された方で、
「メール?届いていませんけど…?」
という方がいらっしゃいましたら、
お知らせください。

写真の撮影に協力してくださった
H岡さんには心から感謝いたします!!
皆を代表してお礼申し上げます。
ありがとうございました。(*´Д`*)