指を広げるストレッチ2018/01/18

◇ ピアノの調律をお願いしました ◇

去年のうちに…と予定していましたが、
都合が合わず、年が明けてしまいましたが、
グランドピアノの調律をして頂きました。

これで週末の勉強会も安心♪
気持ちの良い音でレッスンを楽しんでくださいね。

=====================

先日のレッスンでの出来事。

「じゃぁ、次回から曲の後半に入るので
譜読みを進めていってくださいね。
すでに自分で少し練習してみてありますか?」
という私の質問に、
「せ、先生~、やってみたけどムリです~」
と、涙の訴えをしたS口さん。

始めの部分を少しだけトライしてもらうと、
あらら…、いきなり辛そうだ。
この曲、後半になると和音が続くんです。
間に音を挟んだオクターブの和音から始まり、
その後はポジションを交互に動かす和音の連続。

小柄な彼女。
その体格の通り、手も小さい。
オクターブは一応届いてはいるものの、
ピィーン!と指先を突っ張って届いている感じ。
指が外方向に開ききって反っている、
といえばイメージできるでしょうか?
こうなると間の音を同時に鳴らすことは
かなり厳しいのだ。
(理想は、指の頭が鍵盤をしっかり捉えて
掴むような下方向への力が働いていること)

むむ。(・_・;)
ここは無理せず一番下の音を抜きましょう。
和音間の繋ぎやすさを駆使した指使いよりも
手に負担のかからない指使いにしましょう。
…など、いくつか修正。
「ぅわあ~屈辱的だ~」
と嘆き悲しむ彼女をなだめつつ、
レッスンを終えたのでした。

***

残念ながら手の大きさはもう変わりません。
指もこれ以上、長くなりません。

じゃぁ、オクターブが出てくる曲は諦めるの?
和音が連続するような曲は弾けないの?

手が小さい人は悲しい気持ちになりますよね。
でも、悲観的にならないでください。(^-^)
子供たちの手が小さいことは想像できますよね。
それでも和音が連続するような曲を、
達者に弾く子は多くいます。
小柄なピアニストが演奏会で
両手ともにオクターブの出てくる難曲を
バリバリ弾いていたりもします。

もちろん「手が大きいこと」は
ピアニストにとってそれだけで有利なんですが、
オクターブや和音の連続を弾く際に大事なのは、
実は柔軟性なんです。
「柔軟に」というと、腕や手首の使い方を
イメージする方が多いと思いますが、
それに加えて、「指と指を柔軟に広げること」が
とても大切なポイントなんですね。

指の股(水かき部分)を広げたり、
手の甲(手の平)に隠れている
各指の骨と骨の間の筋肉をほぐす、など
お風呂に入りながらストレッチをしましょう。
時間はかかりますが有効です。

他にも、指が届かない場合は、
音をアルペジオ(分散)で弾いたり、
音を省略したり、片方の手で拾ったり…と
対処方法はいくつかありますし、
指を広げるタイプの練習曲などを使って、
地道に繰り返し練習していく方法もあります。
(※まずは手を傷めないこと、これが一番大事!)

だから、大丈夫!
諦めないで。

手が小さい人は、その分、
指の可動域を広げてカバーするのだ!!!
今日からレッツ、ストレッチ♪

目標を上手く立てよう!2018/01/04

皆さんはその年の抱負や目標って、
毎年立てていますか?
そして、それを達成すべく実行していますか?

考えてみれば、私は子供の頃から、
「よーし、今年は〇〇するぞー!」など
一応、目標らしきモノは立てていました。
が、しかーし。
1週間後にはすっかり頭から消え、
1ヶ月もすれば完全に忘れているレベル。(汗)
そんなだったので、もちろん
「達成も何も」って感じでしたね。(;´Д`)

そんなことを大人になってからも
何度となく繰り返していましたが、
数年くらい前から、少しずつ変化が♪
「〇〇をする!」とか「〇〇になる!」とか、
その場の勢いや思いつき、ノリで、
目標となるゴール決めてしまうのではなく、
自分が”本気で興味を持っている物事”に対し、
「どうしていきたいか、どうなりたいか」を考え
「そのために何をすれば良いか」を想像し、
『具体的な行動』を目標として設定してから、
「目標を立てて、ハイ、終わり」にならず
きちんと機能するようになってきたのです!

*** 参考までに ***

2017年(昨年)の抱負→
 自分のピアノの限界はまだまだ!と信じて
 テクニックの向上を目指す

もう少し具体的には→
 ≪ショパン エチュード≫(数曲抜粋)の
 演奏の完成度をもう少し引き上げて
 自分自身が更に納得して弾けるようにしたい

そのために→
 ≪ショパン エチュード≫を弾きつつも、
 前年(2016年)から練習し始めてみた
 ≪クラマー=ビューロー60練習曲集≫に
 継続して取り組み、技術の向上を図る
 (※確か1月の時点で「18番」あたりだった)

具体的な行動(目標)→
 上記の練習曲集をどんどん仕上げ、
 月に3曲くらいのハイペースで取り組み
 年内に60番(60曲)まで全部終わらせる!

結果どうなったか→
 現在、58番、59番を練習中。
 10月の体調不良時の練習不足が尾を引き
 「目標達成!(1冊終了)」とはならなかった

*** 以上 ***

というわけで、目標達成ならず~。

でも、
…ん?あれ??
ここで不思議な感覚を味わった私。
祝!目標達成~!とはならなかったけど、
私、全然ガッカリもしていないし、
やる気を失ったりもしていない…ぞ??

正直に言うと、
10月に身体が思うように動かず
殆ど練習ができない期間には、
「あ~もう、ムリムリ!達成は無理だ~」
と嘆き、投げやりな気持ちになったり、
何となく表面的に弾けたら適当にマルにして、
次に進んでしまいたくなったりもしました。
でも、その時に、
「待って。おかしくない?焦ってどうする?
私が練習しているのは目標を達成するため、
…じゃないよね?」と自問自答。

で、確信したんですね。
注目すべきはそこじゃない、と。

この1年、私なりに真剣に取り組んできて、
音楽的な成長を自分自身とても感じている。
弾き方(身体の使い方)の新たな発見や
弾き方の悪い癖に気が付き矯正するなど、
テクニック面で得たことは多かった!
ついでに、譜読みも更にラクになり、
自分でもびっくりしたりして…。
並行して弾いているショパンエチュードも
明らかに以前より弾きやすいし!

な~んだ、目標は達成できなかったけど
目的は果たせてきているじゃない♪
と、気が付いたんです。
「どうなるため、なんのために(=目的)」
「何をするか(=目標)」なので、
結果、これでも良かったと言えるんですね。

一見すると些細なことのようだけど、
実は、ものすご~く大切なことに
私ったら気が付いちゃったんじゃない?
なんて思ったりして…。(*´m`*)ムフ。

というわけで、
皆さんもピアノ・音楽において
「自分が本気で興味を持っていること」
の中から抱負を考えてみてください。
そして、それを達成するために
「具体的な目標」を立ててみてください!
上手に目標を立てることができれば、
きちんとそれが機能し、
あなたが望む結果にきっと繋がりますョ。

==================

1月初回レッスンに行なう個別面談では
”今年の目標”を皆さんにお聞きしています。
レッスン後に少々お時間を頂きますが、
ご協力お願い致します。

新年会へ参加の「有/無」の返信は
生徒さん全員にお願いしています。
返信がまだの方は7日までに
必ずお返事ください!お願い致します!

戌年ですね2018/01/01

あけましておめでとうございます。
(戌年なので我が家の愛犬の登場です)

2018年がスタート!
穏やかな太陽の日差しとすっきりとした青空、
気持ちの良い年明けとなりました。
今年はどんな年になるんだろう?
今からワクワクです♪

まずは勉強会(追加講座)と新年会ですね。
私はやる気満々!(´ー`)ノ
楽しみだ~。
勉強会はまだ参加申し込み可能です。
新年会は、お店を予約する関係上、
全員から参加有/無のお返事を頂きたいです。
返信がまだの方は、
遅くとも7日までにお知らせください。

さて。
今年は5日がレッスン初めです。
今年もピアノを学ぶ楽しさを感じて頂けるよう、
私も質の高いレッスンを目指し
一緒に頑張ります!

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

==================
※ お知らせ ※

年初め1回目のレッスン時に
毎年恒例の「個別面談」を行ないます。
(レッスン後10分程度お時間を頂きます)
内容は以下の通りです。
 ・教室規定の確認
 ・連絡先などの確認
 ・日頃のレッスンについて
 ・今年の抱負、目標

お忙しいとは思いますが、
ご協力をお願い致します。

勉強会&新年会だー!2017/12/29

前の記事でもお知らせしておりますが、
12月16日に行ないました
『交流会ブルースのための勉強会』が、
とても内容濃く有意義な時間となりましたので、
参加できなかった生徒さんを対象に
追加で勉強会を行ないたいと思います!

そして、
『新年会 2018』
も、同日開催いたしまーーーす!

=================
『交流会ブルースのための勉強会』
(追加講座)

2018年1月20日(土曜日)
<時間> 15:00~18:00予定
<場所> Studio*ABE* レッスン室
<参加費>2000円
<内容>
座学=ブルーノートスケールを知ろう!
実践=その音を使って
   ピアノでセッションをしてみよう!

『新年会 2018』

1月20日(土曜日)
<時間> 18:30頃~予定
<場所> 未定@練馬にあるどこかのお店
<参加費>未定(4000円程度…かな?)

=================

勉強会は、現時点で
参加者が2名決まっていますので、
あと1~2名の参加が可能です。(定員4名)
申し込み頂いた順に受理いたしますので、
「参加したい!」という方は、
メールで早めにご連絡ください。
定員に達した時点で締め切ります。

※4名集まらず2名のままだったとしても
 予定通り行ないます。
※ジャズ学習者の参加ももちろんOK!
 ただ、初歩的な内容になるかと思いますので
 その点はご了承くださいね。


そして、せっかく集まるならば、
勉強会後はやっぱり「新年会」だよね!
と、ニヤニヤ考えております。
前回の「忘年会」同様に、
飲み会からの参加でも大丈夫です♪
忘年会は都合が合わず不参加だった方も、
忘年会に続きまた参加しちゃおう!という方も、
どちらもウェルカムですよ。(´ー`)

お店を決めて予約をする関係上、
新年会への参加の有/無は
どなた様もお返事をくださいますよう
お願いいたします。
(予定がまだ立たない、という方も
遅くとも1月7日までにお返事ください)

楽しい勉強会と新年会にしましょう~♪

濃い~勉強会でした!2017/12/18

16日に『交流会ブルースのための勉強会』
(&忘年会)が開催されました!

参加してくださった方々、お疲れ様でした~。
いやぁ~、みっちり3時間、
ホント、勉強しまくりましたね。(笑)

普段、音楽理論などあまり意識することなく、
クラシック&ポピュラーを弾いている人にとって、
勉強会の内容は決して「簡単~楽勝~♪」
というものではなかったと思いますが、
皆さん、真剣に私の説明に耳を傾け、
ついてきてくださいました。(*´Д`*)

初めて聞く音楽用語や、
聴きなれないブルースの音。
頭の中が「???」になっても、
皆で一緒に考えて解決できる雰囲気もあり、
途中、冗談あり、笑いあり…で、
真面目に勉強しつつもとても楽しく、
有意義な時間となったように思います。

最初は少ない人数での開催に、
少し寂しい気もするなぁ~なんて思いましたが、
実際に勉強会を終えてみて、

・近い距離感で皆が一体となって勉強できたこと
・質問にも細かく対応する時間的余裕をもてたこと
・実践に多くの時間を使えたこと
・各自の理解度を確認しながら進められたこと

これらのことから、今は、
あの人数で開催したのは非常に良かった!!
と思っています。
(当日、体調不良による欠席者ありで3名)


新しい知識を得て、実際に弾いてみたりもして、
刺激を受けた直後の参加者さん達の
音楽的に一回り大きくなったような雰囲気と
うきうきワクワクした表情を目の当たりにし、
「あぁ♪やって良かったーーーーーー!!」と
心から思いました。
「来年の交流会ではアドリブしちゃうぞ~」
「ジャズ組をビックリさせちゃうんだから!」
なんて冗談を言いながら、
皆でその後の忘年会のお店へと
足を運んだのでありました。(笑)
(忘年会から参加した生徒さん達と合流)

この勉強会をきっかけに、
更に音楽を好きになったり、
一層ピアノを楽しんで貰えたら
こんなに嬉しいことはないのです~。


…ということで!!!
緊急告知!

今回、残念ながら当日欠席だった方もいたので、
近いうちに(1~2月あたり?)もう1度、
開催しようかな?と思っています。
≪定員3~4名 少人数開催≫ で検討中。
日程などまだ具体的には考えていませんが、
「参加の意思ありッ!( ゚ω゚)ノ」
という方は、早めにメールでお知らせ、
もしくは、レッスン時に私に直接申し出てください。

※参加希望者が多く定員を上回る場合は、
 受講できないこともあります。
 その場合は次の機会までお待ちくださいね。
※今回参加された方はご遠慮ください。(笑)
※内容・時間・費用など変更せず行なう予定です。




むふ。(*´m`*)
忘年会も楽しかったなぁ~~~~~。

勉強会の教材が完成!2017/12/12

≪交流会ブルースのための勉強会≫、
いよいよ今週末となりました。
(忘年会もね!)

当日使用する
「自作テキスト(教材)」が出来あがり、
眺めてニヤニヤ。(笑)
私自身もワクワクしてきましたよ~♪

クラシック中心に学んでいる方にとっては、
普段あまり馴染みのないジャズやブルース。
「弾けたらカッコイイだろうな~」とか
「アドリブって何をやっているんだろう?」とか
気になりつつも、
気軽に学ぶ機会ってなかなか無いと思います。
新たな扉を開いて知識を得ることは
音楽の幅を広げることにも繋がります。
「ほんの少しでいいから学んでみたい!」
「それらしく弾いてみたい!」
という興味を満たしつつ
勉強ができちゃう今回の企画は、
参加される皆さんにとって
とても有意義なものになると予感しています。

告知が遅かったあげく、
開催が12月中旬ということもあって、
都合がつかない方も多く、
少人数での開催となりますが、
理解度を確認しながら進められるので、
私的には少人数でちょうど良かったかも、
と思っています。(^-^)

ということで、
週末は楽しい勉強会にしましょう~♪
(忘年会も楽しみにしています!)

ところで。
テキストを作っていて思ったのですが、
『楽譜作成ソフト』ってどうなんだろうか?
使いやすいのかなぁ?
今回、ちょこっとした譜例を作るのに
ワードで作成したら、もう、
いちいち面倒で、面倒で…。(;´Д`)

手書きで譜面を作ることには慣れているから、
普段は”手書き派”なんだけど、
やはり学ぶ側(弾き手)からしたら、
手書きのオタマジャクシより
活字のオタマジャクシ(←変な言い方。笑)
のほうが見やすいのかな~?
と思ったりもして…。

使い勝手が気になる私なのでした。
「私、楽譜作成ソフトを使ってますよー」
という方がもしもいらしたら
情報をお知らせください!

私の言葉2017/12/04

先月のことになりますが、
以前(2010年に北海道に行く前まで)
私のところにピアノを習いに来てくれていた
生徒さん達とお会いする機会がありました!

豪華で美味しいお料理の数々と
豊富な種類のお酒を堪能しつつ、
(なんと昼間っから夜遅くまで!!)
懐かしいレッスンの話しに始まり、
音楽の話題、今現在の様子、
色々とお喋りをして
とーーーっても楽しい時間を過ごしました。

その時に、
思いもよらない言葉を頂きました。

私が当時レッスンの時に発した言葉を、
胸に刻み、今でも思い出している、と。
そして、春に仕事でピンチが訪れたが、
その言葉を自分に言い聞かせ、取り組み、
周りも驚くような成果を出すことができた、と。
一緒に働いている職場の皆さんにも
「ピアノのレッスンで学んだ」と伝えた、とも。

こんなに嬉しい言葉が聞けるなんて…!!

私が発した言葉そのものは、
そんな大それたものではないので、
成果を出せたのは、
もちろん彼本人の努力の賜物です。

お酒の席でのお話しなので、
多少、大袈裟に話されてたんでしょうが、
難題を成し遂げたその時の様子を
身振り手振りで思い出しながら話す姿は
とても満足気で自信に満ち溢れていました。
そして
「先生のあの言葉があったから頑張れた」
と感謝され、
言葉にならないほどの感動を覚え、
泣きそうになってしまいました。
(ん?泣いていた、かな??笑)

レッスンで私が発した言葉で
頑張れている人がいる。
しかも、ピアノに限らず。

なんて凄いことでしょうか!!!

自分の存在が、自分の言葉が、
他人の人生に影響を及ぼしている、と
これほどまでに実感したことは
かつてありません。
とても嬉しく有難い気持ちになったのと同時に
改めて自分自身を振り返り、
自分の言動にはきちんと責任を持たなくては…!
と、肝に銘じる出来事でした。

私のほうこそ
最高のご褒美を頂き、
ますますやる気が出てきました!
はぁ~~~~~ん(*´Д`*)
ピアノの先生やってて良かった。