なぜ、ハノンを弾くのか?2018/07/18

『全訳ハノンピアノ教本』
今日は改めてこの教則本について
書いてみようと思います。
あ、ちなみにこの楽譜、
「ハノン、ハノン」と皆に言われ有名ですが、
「ハノン(=アノン)」は人の名前。
ハノン先生が書いた教則本なんです。

当教室でレッスンを開始する際、
大抵の場合は「取り組む曲」にプラスして
ハノンを使うこと(ハノンを弾くこと)を
オススメしているので、
現在通われている殆どの生徒さんが
レッスンの最初にハノンを弾いています。
(時間にすると5分くらいかな?)

ハノンを練習に取り入れる理由をはじめ、
得られる効果や進め方などは、
当教室でレッスンをスタートした時に
最初にお伝えしているのですが、
時間が経つと忘れちゃうんですよね。
で。いつの間にか、
「ハノン面倒だし、つまんない」
「何だかよくわからないけど、
とりあえず1回弾いておくか…」
「レッスンの時だけ弾けば、まぁ、いっか」
「ダダダダ…!と間違えずに
速く弾ければそれでいいんでしょ」
…という感じに、だんだんと
テキトーに扱われがち。(;´Д`)

確かに、機械的に並べられた音符は
”音楽的”とは言いがたいですし、
「楽しい~素敵~♪」
と感じる人は稀ですね。(苦笑)
でも、
そんな機械的な音の繰り返しだからこそ、
指馴染みがよく、割とすぐに慣れてくるので、
他のこと(身体のこと、音色・音質など)に
気を配って弾く余裕が生まれやすい。
これこそがハノンの利点。

では何の目的でハノンを弾くのか。
(あくまで私の使用目的です)

・準備運動として
  ウォーミングアップ
  10本の指を同等に扱えるように
  鍵盤の間隔をつかめるように

・姿勢&手のフォームの確認
  最適な打鍵ポイントを見つける
  指の関節、手首の使い方など確認
  弾き癖(姿勢や腕、フォーム)の矯正

・指の強化
  どの指も同じようにスムーズに動き、
  平等な音(粒をそろえる)を目指す
  リズム変奏で苦手な指への適切な負荷
  リズム変奏で脳と指の連携を強化

・持久力をつける
  手指の負担となる無駄な力を使わず、
  弾き続けられるようにする

・譜面に慣れる
  初心者・初級者さんには
  オタマジャクシ(音の高さ)を読む練習
  リズム譜でリズムを読む練習


私の場合、
ざっとこんな感じの目的で使用しています。

ハノンには第1部~第3部まで、
全部で60の練習パターンが載っていますが、
主にレッスン使用するのは1~20番。
それが済んだら20番までを
ランダムに使用する場合もありますし、
人によっては、その後に出てくる
全調スケールやアルペジオへと
進んでもらっています。
(取り組んでいる曲の調性に合わせて、
単体でスケールを練習する場合もあります)

その他、ポイントとしては

  ・1冊丸ごと全部はやる必要はない
  ・長い時間かけて取り組む必要はない
  ・速く弾くことを目標にするものではない
  ・その人の状態に合った使い方でないと
   意味がない(=悪影響もあり得る)
  ・「ただ弾く」にならず目的意識をもって弾く
  ・ハノン以外の教材で補えることもある
  ・「ハノンを一生懸命やること」と
   「曲が弾けるようになること」は
   イコールではない
  ・ハノンに終わりはない!(笑)

といった感じでしょうか。

ハノン教本と出会って40年近くたつ私でも
ピアノの練習を開始する際は、
まず始めにハノンを弾いています(´ー`)
ランニングする前に屈伸運動などの
準備運動をする感覚と似ていますね。
そして、弾きながら、
背中、首、肩、腕、手首、指…と
意識を持っていき、
身体を上手く使えているかチェック。
そこから更に、音に神経を集中させ、
クリアで綺麗に均等な音が出ているか、
音の粒や質感をチェック。
それを済ませてから、
「曲」の練習に取り掛かっています。

ハノンを弾く理由、目的をわからずに
ただただ弾いていても無意味。
限られた練習時間がもったいない!
忙しい大人の生徒さん達、
目的意識をもって
効率よく取り組みましょう~。

もっと詳しく説明して欲しい方は、
レッスン時に質問してくださいね!

=================

交流会に参加された方は、
アンケート用紙の回答を、
7月中に提出してくださいますよう
お願い致します。
また、交流会の会計報告が
レッスン室に掲示してありますので、
気になる方は目を通してくださいね。

暑い日が続いています。
飲み物は持参して頂いてOKです。
遠慮なく水分補給をしてください。

新たな風を取り入れる2018/07/04

私は「新たな風を取り入れること」が
実は…苦手。(汗)
意外に思われることもあるけれど、
結構、保守的で慎重派。

簡単な話しで例えると、
レストランで毎回同じメニューを
頼んでしまうタイプの人間なのです。
気に入ってるし、美味しいし、
安心だし、これでいいよね、と。

自分が思ったこと、やろうとしたことが
正解じゃなかったら、失敗したら…
迷惑がかかるかも、怒られるかも…
と思うと、行動に起こせず、
興味はあるけどそのままやり過ごす、
という選択を長~い間してきたように思う。
子供時代、かなり厳しく躾られ、
自分自身に決定権はほとんど無く、
親が決めた「100%の優等生像」を
きっちりとこなしてきた(演じてきた)からね。
もしかしたらそういったことが
背景にあるのかもしれない。

でもね。
数年経過したある日、
そのレストランで別のメニューを
何かのきっかけでたまたま頼んでみたら、
な、な、なんと!(゚Д゚;)
こっちのほうが好みだし、
断然美味しいじゃーーーーん!!
なんてことがあったりするんだな…。(笑)

数年前くらいからだろうか、
自分のそんな傾向を自覚してからは
ちょっとした好奇心を大切にして、
興味をもったことに対し、
自分自身に積極的にGOサインを
出すようにしている。
そして、「変化」を必要以上に怖がらず
柔軟に対応していこう、と心掛けている。
「新たな風を取り入れること」は
不安だし怖いし失敗もあり得るし、
億劫だし面倒だったりもする。
「このままでいいじゃん」という気持ちも
ムクムクとわいてくるんだけど、
もしかしたら、
食べていなかったことを後悔するほどの
美味しい『絶品メニュー』かもしれないからね。

っと、そんなわけで。
(本題に入るまでが長い!←自己突っ込み)
以前から興味がありつつも
先延ばしにして手を出さずにいた
楽譜作成ソフト『finale』を遂に導入!
それに伴い新しくMIDI鍵盤(88key)も購入!
これで手書きの楽譜とはオサラバなのだ。
パソコンで、
楽譜を綺麗に浄書(清書)できる~!
リアルタイムで楽譜になっていくから、
曲を作る時も頭にペンさしながら、
ピアノ弾いて、書いて、弾いて、書いて…
の作業をしなくて済む~!
生徒さん用のアレンジも効率よく捗る~!
…はず!(笑)

使いこなすまで時間がかかるだろうけど、
手書き譜面より見やすくなるだろうし、
きっとレッスンの質の向上に繋がるよね♪
譜面に起こすのが若干面倒、という理由で
ここ数年、作曲をする頻度も落ちていたけど、
これで意欲的に取り組めそうな気がする!

「一歩を踏み出す」
と言ったら大袈裟かもしれないけど、
こんなレベルのことでも
新たな風を取り入れることは
私にとっては少々勇気のいること。
そう考えると、
ピアノに興味を持ちピアノ教室を調べ、
ドキドキしながら問い合わせをし、
当教室でピアノを始められた皆さんの
その勇気と行動力には
改めて頭がさがる思いです。
私も見習わないとね。(´ー`)

さーて。
とにかく使い方に慣れなくちゃ。
ムキィーーーーーッ!
これなら手書きの方がマシじゃーーー!(怒)
と、イライラを爆発させないように、
焦らずノンビリ楽しみながら頑張ります♪

交流会、終了~!2018/06/27

6月24日
『第12回 ピアノ交流会』が行なわれました。
当日は、雨もあがり天気が回復、
良い交流会日和となりましたね♪

心に沁みる素敵な演奏の数々、
尽きない会話と溢れる笑顔、
本当に有意義で貴重な時間だなぁ~と
毎年感じます。

今年も和やかに楽しく
交流会を終えることができましたのも、
皆様の支えとご協力があったから。
心より感謝申し上げます。
また、H岡さんには
素敵な写真をたくさん撮って頂きました。
皆を代表しお礼を申し上げます。

***

冊子の「ごあいさつ」にも書きましたが、
大人がピアノを学び続けることは
「孤独との戦い」だったりします。
ピアノは”練習溜め”ができないので、
日々コツコツと練習を繰り返し
1人でピアノに向かう必要があります。

大人の趣味ですから
真面目に練習をしても、しなくても、
誰かに何かを言われたり
注意されるわけでもありません。
練習をしなければそれだけ進みは遅くなり、
一向に弾けるようにならない。
ただ、それだけ。

結構、厳しい世界ですよね。

そんな「厳しく孤独な世界」に
足を踏み入れてしまった皆さんにとって、
交流会で他の方々と再会することは
新たな「やる気」を芽生えさせてくれる
良い機会、大切な時間となると思っています。

練習する気になれない時があったり、
壁にぶち当たった時のつらさに
「わかる、わかる」と一緒に共感したり、
出来るようになったことや、
去年より上達&進歩し成長した様子を
互いに認め喜び合う姿を見て、
改めて、「演奏を発表、披露する場」
という意味だけの『発表会』とせずに、
『交流会』というスタイルでおこなってきて
正解だったのかもな~と思いました。

今年も参加された皆さんが
それぞれに刺激を受け、
ピアノや音楽の素晴らしさを再確認し、
練習に対する意欲を盛り立てながら、
また1年、ピアノと向き合って
練習を重ねてくれることを願っています。

本当に本当にお疲れ様でした!!

***

私は…
へっぽこな演奏をお聴かせすることになり、
自分自身にホント心底ガッカリして、
この2日間は悔しくて、情けなくて、
泣いても収まらず、気分は沈んだまま
どーーーーーーんよりしておりました。
演奏、挨拶、進行、不備、気配り不足、
そして自分の性格の悪いところ、
などなど反省点がありすぎて…。
(´・ω・`)
頼りない先生でごめんなさい。

でもでも。
これが私という人間であり、
何がどうであれこれが今の実力。現実。
K山さんを見習って言い訳は致しません!(笑)
指導力を高めるだけでなく、
皆が憧れるような演奏力のある先生に
少しでもなれるよう私もまた日々精進。
練習に励みます。

今日より明日。
少しずつでも前進していこう!
うじうじして時間を潰すくらいなら
良くなるように考える!行動する!
這い上がれ、自分。(笑)

7月、皆さんのハツラツとした笑顔に
お会いできることを楽しみにしています。

***

アンケートの回答を宜しくお願い致します。
7月レッスン時に提出してください。
WEB公開中の写真がうまくご覧になれない方、
URLのお知らせを受け取っていない方、
不参加だった方でご覧になりたい方、
いらっしゃいましたら私にメールをくださいね。

お疲れさまでした2018/06/25

交流会、参加された皆さま、
お疲れさまでした。
ブログの記事の更新は
もうしばらくお待ちくださいませ。

本日よりWEB上で写真を公開しています。
参加された皆さまには
メールでURLをお知らせしましたが、
公開は1~2ヶ月程度予定で
閲覧するには合言葉の入力が必要です。
データのダウンロード、プリントアウトなどは
各自で行なってください。
「よくわからない」「メールなんて来てない」
という方が、もしもいらっしゃいましたら
お知らせくださいね。

不参加の生徒さんで
「写真が見たいよ~」という方は、
URLと合言葉をお知らせしますので、
メールをください。

せっせと準備2018/06/18

交流会が近づいてきたので、
毎日せっせと準備におわれています。

5月中頃に自転車で転倒事故を起こし、
(それはもう不格好な転びっぷりで…涙)
肩の靭帯を痛め、その後、
関係あるのか無いのか手首も痛みだし、
ちょっと動かすと「痛いよ~」という状態になり、
無理をしたら悪化しそうな気配だったので
怖くてピアノの練習を泣く泣くストップ。
少しの間、弾けない状態が続いていましたが、
1週間前くらいから完全復活ー!!
嘘のように痛みがなくなり、
以前と同じ程度にガシガシと
長時間弾いても大丈夫なまでに回復。
あぁ~~~~(*´ω`*)
弾けるってホント嬉しいことです。

っと、そんなこんなで、
ようやく私も交流会に向けラストスパート!
(手遅れ感は否めませんが…汗)
皆さんに演奏をお届けできるよう
私も練習に励んでいます。

お料理や飲み物の手配、
備品やお菓子の買い出し、
冊子の印刷・製本、
これらもほぼ完了!

そして、本日、ピアノの調律も完了。
グランドは微妙にピッチがずれてきていたから、
弾くたび(レッスンで弾いてもらうたび)に、
ぞわわわぁ~~~~~っと
気持ち悪い感覚に襲われていましたが、
2台ともすっきりと響く
気持ちの良い音になりました。

さぁ、あとは交流会当日を迎えるだけ。
素敵な1日になりますように。
皆さんが(私も)緊張に打ち勝って
楽しんでのびのび演奏できますように…☆




ところで。
誰か私の分の交流会ブルースの楽譜を
持ち帰っていませんか~?
心当たりのある方、返却願います!

羊と鋼の森2018/06/06

先日、文庫本を頂きました。
興味がありつつも、
まだ読んでいない小説だったので、
「わーい、わーい♪」と
大喜びで頂戴し、一気に読みました。
(読みやすくて一気に読めちゃった)

* * *

『羊と鋼の森』 (宮下奈都 著)

ピアノの調律に魅せられ、
その道を踏み出した一人の青年。
悩みながら、迷いながら、
調律の技術を高めつつ、
一人の人間としても
成長を遂げていくストーリー。

* * *

映画化も決定し近々公開になるらしいので、
テレビなどで話題にされることも多く、
本の存在をご存知の方も多いと思います。
話しの内容が気になる方は、
本や映画をご覧になると良いかも。
小難しくないし、重々しい感じもないし、
ピアノが好きな人には
気軽に楽しめる作品だと思いますよ♪

内容はもちろん良かったのですが、
この小説の舞台が北海道であること、
そして、宮下奈都さんの文体が、
私的にはツボ。
とっても気に入りました~。(*´ω`*)

私の心のふるさとである「北海道」が
舞台となっているので、
(生まれも育ちも東京ですが、
2010年より3年弱北海道在住でした)
物語のキーワードとなる「森」をはじめ、
北海道の大自然や空気感、
「道民あるある」的なことが
随所に散りばめられているのです。
読みながら、懐かしくて嬉しくて…。(涙)

本を閉じて目を瞑ると、
森の中で木々がザワザワと鳴る音や、
木の実が落ちてくる音。
晴天の朝のキーーーンと冷えた空気。
春が来る時の何とも言えない喜び。
これらの記憶がブワっと蘇りました。

大好きな北海道の森を
身近に感じることができたのは
著者の綴る文章が、
北海道の自然の美しさと同様に
あまりにも美しかったから。

静かで穏やか。そして、美しい。
スッと入ってきます。

これって美しい音を出す人の
ピアノの演奏を聴いた時と似ている。
身体にスッと入ってきて、情景が浮かび
感情が揺さぶられるあの感じ。

そしてまた、
 自分に才能はあるのか?
 才能がなかったら?
 努力すれば道は開けるのか?
 努力し続けられることが才能なのか?

…といった、
誰しもが考えたことがあると思われる
「才能」「努力」にまつわる
迷いや不安といった心の葛藤にも、
著者の文章はスッと入ってきて、
読み手に勇気や励ましをくれます。

美しく静かで穏やかな言葉の中に、
芯の強さのようなものを感じました。

普段あまり読書はしないんですが、
内容そのものを楽しむことに加え、
文章を味わうことができたので、
大満足な作品でした!!

==================

…ということで(?)
教室のピアノも調律の予約を入れました。

現在かなり気持ち悪い箇所がありますが、
もうちょっとだけ辛抱してくださいね~。
交流会前には整った状態にして頂いて、
当日は気持ちの良い音で
演奏を楽しんで頂ければと思っています。

練習の質を高めよう(その2)2018/05/31

お待たせしました!
「練習の質を高めよう(その1)」
の続きです。

============-======

≪練習の内容(頭を使おう)≫

前記事の中でも少し触れましたが、
練習は「量よりも質が大切」だと
私は思っています。
言い換えると、弾いた時間よりも
練習の仕方や内容のほうが重要、
ということですね。(´ー`)

「長時間やれば弾けるようになる」
と思い込み、
ひたすら繰り返し練習するのは、
単なる「覚え弾き」になる恐れ大!です。
一連の動作を手に覚えさせて
自然と弾けるようにする「覚え弾き」も
練習の途中段階では必要なことですが、
その方法で
ある程度スラスラ弾けるようになった頃、
脳ミソは省エネモード。
手に仕事を任せて休んでいます。
この状態で、
「よし、弾けるようになった!」
「もう暗譜もできちゃった」
と、安心してしまうととても危険なんです。

何も問題が起きなければ
弾きこなせているように見えます。
でもこれ、表面的にしか弾けていません。
暗譜も本当の意味ではできておらず、
単に動きとして覚えているだけ。

演奏中、何らかのミスをしてしまった時、
それが譜面のどこで起きたか
きちんと把握できていますか?
ざっくりと「この辺り」ではなく、
「この音」「この指」と言えますか?
違う音を鳴らしてしまったのか?
それとも、
指がもつれて綺麗に弾けなかったのか?
和音がわからなくなって止まったのか?
ミスの原因が一体何だったのか、
正しくわかっていますか?
そして、
その箇所からすぐに弾き直せていますか?

ミスをしてしまった時、
「え!あれ、こんなはずじゃ…(汗)」と
焦って闇雲に何度も弾き直して、
動作の流れを再び取り戻そうとしたり、
何小節も(一連の動作の区切りまで)戻って
弾き始めたりしていませんか?

ぎくぅ!(゚Д゚;)
…となった人、多いのでは?
心当たりある人は要注意ですよー!

交流会ではやはり緊張します。
なかなか普段通りにはいかないものです。
ミスが潜んでいそうな箇所は、
指と運に任せるのではなく、
今のうちに頭を使ってしっかり対処、
そして、やっつけてしまいましょう。


1・問題を把握する

2・原因を分析し考える

3・対処&改善方法を模索し実践する

4・イメージ通りできるようになったか検証する


これらが、頭を使った練習の手順です。
頭を使った練習は、
神経を研ぎ澄まし集中して行なうので
非常に疲れますが、
とても効果的ですし効率も良いので
忙しい大人の学習者には適しています。

普段、レッスンでは「1」に対して、
「2」や「3」を中心に指導をしています。
見つかった問題点に対して
「これが原因だから、こう弾いてみて」
「こんな練習をしましょう」という
私からの指導に、皆さん真剣に耳を傾け、
意識を集中させトライしてくれていますよね。

それなのに、自宅での練習となると、
頭を使う「2、3、4」の手順で練習するよりも、
手に教え込ませるための反復練習で
何とか解決しようとしてしまいがち。
だって、
慣れた仕事を手に任せておくほうが
頭を使わず楽チンですし、
その方法でも「少しは弾けるようになった」
と思えますから…。
その練習によって
本当に”弾きこなせる”ようになったのか?
きちんと検証し練習の成果を見るよりも、
「これだけ(量・時間)やったんだしOKでしょ」
と、「やったこと」に満足してしまうんですね。

※反復練習が悪いわけではありませんョ
 弾けるようにするための途中段階では
 必要な練習方法です

ほとんどの方が交流会前になれば、
(それが覚え弾きの状態だったとしても)
ある程度スムーズにスラスラ弾けています。
しかし、ほとんどの方が、
「怖いな、嫌だな、ここ失敗するかも…」と
不安に思う個所をたくさん抱えたままです。

ここから先、
更に踏み込んだ質の高い練習をして、
不安な個所を地道に1つずつ潰していき
克服することが出来れば、
それが、仕上がり(=完成度)に直結します。

・緊張に負けないゆるぎない演奏力
・「うん、弾ける!」と思える自信
・「弾きこなせている」という実感
・イメージ通りの音色を奏でられる喜び

練習の質を高めることで
これらが得られるかもしれない、
と思うとワクワクしませんか?

あと1か月、あります!
頭を使った練習を積極的に取り入れ、
中身の詰まった仕上がりを目指し、
一緒に頑張りましょう~。(´ー`)ノ

===================
≪お知らせ&お願い≫

交流会の申し込み用紙の提出と
会費の支払いは5月末日までです。
宜しくお願い致します。

申し込み用紙、未提出の方にお願いです!
コメント(70文字程度)は冊子作成に必要です。
なるべく早く準備を進めたいので、
参加・不参加に関わらず、
今月中に、メールにてコメント文のみ先に
お知らせくださいますようお願い致します。
(用紙自体は6月レッスン時にお持ちください)

また、
『交流会Blues』をレッスンしておきたい方は、
各自「お願いしまーす」と申し出てくださいね。