言葉の持つ力2017/05/25

先日の出来事。
昼、夕方、夜…と連続してレッスンが入り、
あわただしくバタバタと過ごしていたら、
たまたま庭先で出会った父に、
「お。頑張ってるね~」と、声を掛けられた。

「頑張ってね」ではなく、
「頑張ってるね」という一言。
たった一文字「る」が入るかどうかの違い。
だけど、受け取る側の気持ちは
その一文字で大きく変わる。
その時、私は「頑張ってるね」と言われ、
自分のことを見てくれている存在がいる、
と感じることができ、
嬉しい気持ちになると同時に、
何だかハツラツとした気分になれた。
思いがけず、ふいに頑張りを認められて
ハッピーな気分になれたんだなぁ。(*´Д`*)

ちなみに「頑張ってね」だと、
受け取り手の状況(心の余裕)によっては、
他人事のように感じられ冷たい印象に思えたり、
プレッシャーを与えてしまう恐れがあるので、
少し注意が必要かもしれない。
…とはいえ、私個人的には
「頑張ってね」というストレートな言葉も
励まし・応援という意味合いで
決して嫌いな言葉じゃないけどね♪
(最近では、状況などに一切関係なく、
「頑張ってね」という言葉自体を
使うことがタブーな雰囲気があって、
そのほうが何だか気持ち悪い気がする)

この出来事のように
人を元気にさせたり、やる気を起こさせたり、
同じような言葉でもたった一文字の違いで、
相手に感じさせる印象が変わったり。
言葉には本当に力があるなぁ、と実感。
ということは、
逆パターンとして、良くない方向に
その力が働くこともあるワケで…。

レッスンしていてよくあるのが、
「できない」「ダメだ」「無理」「苦手」
などのマイナスなイメージの言葉を、
生徒さんが自分で口にしてしまうこと。
これは本当に残念。
良いことは何もない!!
むしろ悪い影響が出ちゃうんです。

「できない」などの言葉を多用することは、
無意識に自分自身を言いくるめて、
自己暗示にかけているようなもの。
「うんうん、そうだよね。私できないよね」と、
自分を納得させてしまうので、
当然、行動もそれに伴うものになっていく。
そしてその結果、ほら、やっぱり。
「できない」の出来上がり~。
となるワケ。

ピピィィィーーーーーッ!!(警笛)

自分で自分の限界を決めつけちゃうなんて、
何ともったいないことか!!
そして、出来るようになったこともあるのに
「できない」にフォーカスしてしまうとは
何とつまらないことか!!

何度練習を重ねても間違えてしまったり、
一向に弾けるようにならないと、
「できない」と思ってしまう気持ちはわかる。
そう感じること自体は普通の感覚なので、
仕方がないし特に悪いことではない。
だけど、ちょっと待って。
そこで「できない」「無理」「ダメ」と
わざわざ口に出して言わないで!!

スポーツ選手が競技中に
「ハッ」「ヴグァ~!」などの声を出すと、
声を出さずにやるよりも
力が発揮されることは証明されています。
「あなたは○○な人」と言われると、
人はそれにふさわしい行動を取るようになる
こと(=ラベリング効果)も証明されています。
古くから「言霊」=言葉には魂が宿る、
などとも言われるし、
「口に出したほうが願いは叶う」や、
「笑いが病気を治す」も有名ですね。

言葉にする。声に出す。
発する(発せられる)ことで脳の働きを通して、
気分や思考、行動、身体機能にまで、
何らかの影響を及ぼす言葉や声。
それだけ力があるんです。
言葉の持つ力を侮ることなかれ!

ピアノを練習していて
ネガティブな思考に陥ってしまう生徒さんは、
無意識に否定的な言葉を発していないか、
少しだけ気を付けてみて。
気にしてみるだけで
何かが変わるかもしれませんよ!?

ちなみに。
ここだけの話ですが…
何度、練習してもうまく弾けない時、私は、

「絶対にできーーーーーーる!!ヽ(`Д´)ノ
あと少しで弾けるようになーーーーる!」

と、ピアノに向かって
1人叫んだりしているのでした。(笑)


=====≪お知らせ≫==========

交流会のお申し込みは、5月末日が締切です。
参加する/しないにかかわらず、
申し込み用紙のコメント欄をご記入のうえ、
(参加される方は会費と一緒に)
提出してくださいますようお願い致します。

交流会BLUESの楽譜がお手元にない方、
交流会BLUESでの担当パートが不明な方、
交流会BLUESを練習しておきたい方、は、
遠慮なく申し出て下さい。
申し出があればレッスンを致します。
交流会ブルースに関して私の方から
あれこれレッスンを促すことは殆どありません。
心配な方は自分からおっしゃってくださいね♪

=====================

ぶらりジャズ散歩2017/05/20

今日&明日(20&21日)の土日、
『池袋 ジャズフェスティバル2017』が
開催されています。

ステージ場所や出演者の情報などは、
池袋界隈に詳しいK原さんが
事前に教えて下さっていたので、
私も用事を済ませるついでに
ぶらりと遊びに行ってみました♪

ジャズフェスは昼間から各ステージで
アマチュアの方々の演奏が楽しめますが、
やはり日も暮れた頃からが断然面白い!
プロとして活躍されている方々の
熱い演奏が聴けるので夜がオススメです。

ということで、夕方、池袋で用事を済ませ、
「さてと…」とタイムスケジュールを確認すると、
注目アーティストとしてピックアップされいた
ユッコ・ミラーさん(sax)のステージが
まもなく始まるところ。
彼女は去年メジャーデビューした実力派で、
周りを固めるメンバーも有名な方々。
「うん♪よし、これを聴いていこう!」と決定。

いえぇーーー(*´∀`*)ーーーぃ!!
ノリノリで楽しいステージでした。
クイーンの「Another One Bites The Dust」、
ブルーノ・マーズ「Uptown Funk」など
私の好きな曲が次々と演奏されて、
めちゃめちゃテンションあがりました~。

ジャズとひと口に言っても色々とあって、
「少人数のコンボでいわゆるバップ系」が
基本的には好みな私ですが、
今回のようなジャズファンク系の
曲もそれはそれで大~好きなので、
か~な~り~盛り上がりましたよ♪

わーい。満足。(*´Д`*)

池袋ジャズフェスは明日もやっています。
お時間がある方はジャズの生演奏を聴きに
ぶらりとお出かけしてみては?

ボロボロでも大切2017/05/11

ゴールデンウィーク中、
少し時間的に余裕があったので、
レッスン室を整理整頓しました。
んまぁ~、
出てくる、出てくる、古い譜面たち。

私は、地元の児童合唱団に
小学3年生~高校に入学する前まで
入団していたんだけど、
その頃、演奏会などで歌っていた楽譜が
わんさかととってあるのだ。
きちんと製本されている曲集はもちろん、
普段の練習用のプリント譜も
数えきれないほどたくさん。
懐かしい「わら半紙」に印刷された
古い譜面たちがどっさり~。
30年モノのそれらは一層茶色くなり、
ボロボロでザラザラ。(笑)

ハッキリ言って、あれらの曲を
合唱で歌うことはもう2度とないだろうし、
もしも歌いたくなり楽譜が必要となれば、
今やネットで調べたり、新しく購入も可能。

だけど、だけど…
うーーーーーーーーん、
やっぱり捨てられないよ~。(;´Д`)
何故だろう、
譜面って捨てられないんだな。
それが、たとえボロボロのわら半紙でも、
譜面なんて見ずにもう歌える曲だとしても、
間違いだらけの手書きの譜面でも、
コード進行も頭に入ってるし、なんなら、
すぐに自分で譜面におこせますけど…、
という程度の曲のものでも、捨てられない。

というわけで、
1枚1枚譜面を確認しては、
その曲を歌いながらファイリング♪
ベンジャミン・ブリテンの小ミサとか
難しいのに、よく歌ってたもんだねぇ。

ピアノの楽譜も同様。
小学校に上がる前くらいの頃に、
使っていたであろう楽譜たち。
表紙はとっくに取れてなくなり、
製本も崩れてページが紛失し、
端っこは擦れてガサガサボロボロ。
それでも私にとっては大切な思い出の楽譜。

曲が仕上がると
貼らせて貰えた「ヘビ」シール。
『かたてずつ 50かい ひくこと』
と書き込まれた先生の文字。
弾けなくてイライラして、
自分で鉛筆でグチャグチャ~!!と
譜面を塗りつぶした箇所。

楽譜を広げると、当時の気持ちや
懐かしい記憶が蘇ります。
今に繋がる大事な思い出。
ボロボロだけど大切な宝物です。(*´Д`*)

あ、ちなみに。
動物シールは色々とあって、
好きなものを選べたんだけど、
「ウサギ」とか「ゾウ」「キリン」とかある中で
「ヘビ」が大のお気に入りでした。(笑)
哺乳類に限らず、爬虫類、両生類、鳥類、
そして昆虫まで…
私の「無差別級の生き物好き」は
幼少の頃からだったと再確認。(^-^)

そんなこんなで、
色々と片づけ&整理整頓して
レッスン室、スッキリしました~。
気分爽快♪

ピアノあるある2017/04/27

「あぁー!それ、あるある!」と
思わずと言いたくなる
ピアノにまつわる「あるあるネタ」を
今日は書いてみようと思います。
 ・ピアノ経験者ならわかる出来事
 ・Studio*ABE*で実際にあったこと
 ・大人の方ならではの「あるあるネタ」
を、探してみました。(笑)

それでは、いってみよーーう!ヽ( ´ー`)ノ

===================

弾けるところは調子良く速いテンポで弾き
難しいところになると途端に遅くなる

レッスン開始前についつい言っちゃう
「いやぁ、仕事が忙しくてぇ~」の一言
 
最初にとりあえず1回弾いた時の
「家ではもっと弾けていたんです~」の一言

なぜか「絶対音感=カッコイイ」というイメージ

「速い曲=難しい曲」という先入観

Em(イーマイナー)のE をエと読んでしまい
Am(エーマイナー)と勘違いし1人で混乱

♭とマイナーのイメージが重なり、
B♭をBmと勘違いし1人で混乱

自分のテンポがズレているのに、
「もうッ!メトロノーム!(怒)」と思う

メトロノームを鳴らし練習していたはずが
いつの間にか完全無視、聞いちゃいない

練習中、楽譜が閉じてきてイライラ
ページがめくれてきてイライラ

ヘッドフォンの聴こえが悪いので
ボリュームを上げて弾いていたら、
コードがジャックにささっておらず
大音量で公開練習

たくさん加線された音符を見ると
それだけで「うわ…」と拒絶反応

シャープやフラットの調号が多い曲は
それだけで「無理」と拒絶反応

「ピンポーン♪」「……」
無反応なチャイムに予約日時を確認し
顔を赤らめながらそそくさと帰ったことがある

「ソナチネ」を作曲家の名前だと思っていた
(※形式名です)

レッスン中、アドバイスを走り書きし
自宅でメモを読み返すも意味不明
『深くドーン!ここはフワフワ』って何だ?

指導がノッてくると先生が早口すぎて
何言ってるか聞き取れないことがある

指導に熱が入るとホワイトボードに書く
先生の字がだんだん汚くなってきて読めない

油断するとピアノの上が物置状態

複雑なコードの説明とちょっとした出題に、
思考回路がパンク→完全フリーズ
「じゃぁ○○は?」という超簡単な質問でさえ、
「そ…そんなの知りません」という状態になる

予約日時の付箋を捨てずにコレクション

練習を開始するまでには時間が掛かるのに
弾き始めればあっという間の1時間

「ピアノを習ってる」なんて職場の人には
口が裂けても言えない!絶対内緒!

大笑いした時におでこを教室のピアノの
譜面台(または蓋の際)に打ちつける

誰もが知ってる有名な『エリーゼのために』
実際に習ったことがある人は少ない

なんだかんだでやっぱりショパンに憧れる

レッスン直後は光が見えた気がして
「よし!帰宅したらすぐ練習だ!」と意気込む
…が、教室を一歩出れば気分爽快、開放感!
すっかりその気持ちを忘れる

トイレに行きたかったのに練習し始めてしまい、
本来まったくする必要のない我慢をする

自分が練習している曲をyoutubeで
子供が立派に弾きこなしているのを見て凹む

一番右側のペダルを踏んでいるつもりで
中央のペダルを踏み、変な響き具合に焦る

弾けないうちはヘッドフォンを使用
弾けてきたらさりげなく音を出して練習

電子ピアノ、色々な音が出せるけど
使うのは結局「piano」の音色1つのみ

カップ麺にお湯を入れ3分待つ間に、と
ピアノを弾き始め、気付いた時には…(涙)

家族に演奏をとやかく言われるのは嫌
だけど無関心なのも嫌

机の上でカタカタトコトコ…
膝の上でカタカタトコトコ…
ついつい指を動かしてしまう

「ハノン」は曲集の名前だと思っていた
(※人物名です)

以前習った曲を何となく弾き始めたら
”懐かしい曲の旅”に出てしまい、
そのまま長時間帰ってこない
…そして、練習した気満々になる

以前習った曲を何となく弾き始めたら
全く弾けなくて愕然とする
諦めて素直に今の曲に取り組む

コーヒーを飲みながらの練習は
最初の一口以降その存在を忘れ
冷めきったコーヒーを飲む羽目になる

===================

いかがでしたか~?
「あるある!」と共感できましたか?
クスッ(*´m`*) と笑いながら
「なんだ、みんなもそうなのね」と安心し、
そして、「よし、また練習頑張ろ~」と
思って頂けたら嬉しいです。
他にもこんなのあるよ~というネタが
ありましたら教えて下さいね♪

さぁ、まもなくゴールデンウィーク。
お出かけの予定が無い方は
想いっきりピアノ弾きまくりましょう~!

不具合について2017/04/17

≪追記≫4/18
「問い合わせフォーム」の不具合が直りました!

====================

お問い合わせをくださった方から、
「問い合わせフォーム」が文字化けしてしまう、
というご指摘を頂きました。

先ほど確認してみたところ、
スマホサイトからの問い合わせ時に
不具合がでるようです。
(※PCサイトからは問題ないと思われます)
モバイルサイト(スマホ閲覧画面)から
「問い合わせフォーム」に入力をした後、
確認画面へ進むと、
入力した文章などが文字化けしてしまう、
という状況になっています。

なるべく早くに原因を見つけ、
不具合をなくすようにしますが、
しばらくの間、お問い合わせは、
PCからホームページにアクセスし、
「問い合わせフォーム」をご利用して頂くか、
直接メールをお送りくださいますよう
お願い申し上げます。

kimika@kiss.email.ne.jp

≪注意≫
PCサイト、モバイルサイト共に、
インフォメーションページ内に
メールで問い合わせする際の注意事項が
綴ってありますので、
そちらに目を通してからお問い合わせください。

重要なお知らせ2017/04/08

======≪ 重要 ≫=======

4/6(木)夕方、
「交流会の開催日」というタイトルで
日にちをお知らせした内容のメールを
全ての生徒さんに一斉送信(BCC)しました。

…が、
「メールが届いていない」という方が
いらっしゃることが判明しました。
ここを読んで、「私もメール来てない」という方、
いらっしゃいましたらご連絡ください。
また、メールを受け取った方は、
一言でOKですのでご返信くださるよう
宜しくお願いいたします!!

===================

ブログ前記事の「交流会の開催日」を
読まれていない方は、目を通してくださいね。

交流会の開催日2017/04/06

今年もジワリジワリと近づいてまいりました。
何がって…交流会ですよ~。
今年も6月に開催いたします!
生徒さん全員にご希望の日にちをお聞きして、
スケジュールの調整するのは困難なため、
今年は私の独断で決めさせて頂きました。

日にちが決定いたしましたので、
お知らせします(*^ー^)ノ

===================

『ピアノ交流会&食事会』
2017年6月25日(日曜日)

昼の部:ピアノ交流会
夜の部:食事会

メインは「昼の部」午後~夕方。
ピアノを囲んでの演奏が中心。
その後、1階広間にて「夜の部」食事会。

===================

時間や会費などの詳細を記した
「参加申し込み用紙」は
後日、レッスン時にお渡しします。
ご質問などがあればその時に遠慮なくどうぞ。

25日は6月最後の日曜日ですので、
6月中のレッスンは通常通り2回(or3回)、
済ませたうえでの開催となるかと思います。
前日の24日(土)は準備にあてるため
レッスンを行なえませんので、
それを踏まえたうえで
6月はレッスンスケジュールを
組んでくださいますよう宜しくお願い致します。

Studio*ABE*に通う全ての生徒さんに
参加して頂きたいところではありますが、
もしも全員が参加可能となると、
嬉しい反面、不安なことが…。

おわかりかとも思いますが…(´д`lll)
せ、せ…、狭いですッ!!!!(大汗)

そろそろ、どこかの会場を借りて
開催したほうが良いのか?
とも思い、色々と悩みましたが、
「少々窮屈でも今の雰囲気が良い」
「何とかなる!大丈夫!(^-^)v」
「このままアットホームな感じを希望!」
というご意見を数名から頂きましたので、
今年もいつものスタイルで
レッスン室と隣りの部屋を開放する予定です。
1部屋に留まらず、行ったり来たりして
うまいこと2部屋に散らばってお過ごし下さい。
ご協力をお願い致します。(苦笑)

===================
※以下、毎年お伝えしているメッセージです


『交流会は発表会ではありません』

当教室には、
大人になって初めてピアノに触れた方、
練習時間を確保するのも大変な中
自分のペースで続けられている方、
正統派クラシックを基礎から学ばれている方、
ピアノの腕前は中上級レベルでありながら、
全く違うジャンルに1から挑戦されている方、
理論を中心に学んでいる方…など、
色々な方がいらっしゃいます。
皆同じ「Studio*ABE*」の生徒さんですが、
条件や練習状況、レッスン内容は様々です。
それを横一列に「発表」と位置付けて、
仕上げた曲を人前で披露して頂くことには、
やはり無理があると思うのです。

私が「発表会」と言わないのは、
そんな理由からです。
交流会は「生徒さん同士の交流」を
目的としています。
どうぞ気軽な気持ちでご参加くださいね♪

…とはいえ、
ピアノを人前で演奏する機会があること、
他人の演奏を間近で聴く機会があることは、
良い刺激となり、今後の「やる気」にも繋がります。
また聴き手を意識して演奏をすることは
音楽の本質を学ぶうえでとても大切なことで、
そういった意味でも「交流会」は
良い機会であると言えるでしょう。

皆で楽しくピアノを弾き合いながら
「交流」を図ることができる
”学びの場” を提供したい!
…そんな思いでこれまでも開催してきました。
皆さんにこの思いがご理解頂けると嬉しいです。

交流会に関するご質問がありましたら、
レッスン時に何でも聞いて下さいね(^-^)

=====================
* お知らせ *

4/15(土)~18(火)はレッスンができません。
(法事のため東京にいません)
前日4/14(金)に関しては、
昼間のレッスンでしたらお引き受けできます。
ご迷惑をおかけしますが、
スケジュール調整を宜しくお願い致します!