なかなか進まない①2015/03/24

「なかなか進まないなぁ…」
と、感じている生徒さんはいませんか?

「先に進まない」と感じる状態が続くと、
練習する”やる気”が失われたり、
つまらなくなったり、飽きたり、
気持ち的に焦ってしまったり、
あまり良い結果が得られません。

このように感じられる原因として、
次のようなことが考えられます。
 1・レッスン進度の基準を知らない
 2・やりたいメニューが多すぎる
 3・練習不足、または練習が非効率的
 4・実力以上のものに取り組んでいる

では、その内容を順にみていきましょう。
長くなりそうなので、今日はまず2つ。(笑)

========================

1・レッスン進度の基準を知らない

普段、取り組んでいる曲は、
何回のレッスンで丸○(終了)になりますか?
レッスンを3回も受ければ
どんな曲でも弾けるようになるもんでしょ、
…なんて思っていませんか~?

譜読み→片手練習→両手合わせ→
→弾きこみ→表情豊かに仕上げる

通常はこのような手順で仕上げていきます。
両手で何とか弾ければ「ハイ、OK!」ではなく、
その先がレッスンの醍醐味ともいえます。
特に中級以上のレベルの曲になると、
1回のレッスンでパっと習得できるものではなく、
指摘やアドバイスを受けながら、
数回のレッスンにわたり、
曲を仕上げていくことも多いかと思います。

当教室でピアノを習っている方々の
丸○までの期間(基準)をまとめてみました。
1曲仕上げるまでにかかる期間を
自分の通常のレッスン進度と照らし合わせて
チェックしてみて下さいね。(^-^)
(※当教室の生徒さんは全員大人です)
(※当教室は月2回のレッスンが主流です)
(※この基準はあくまで目安です)

◆1~2ヵ月(レッスン回数1~4回)で丸なら、
無理なくできる曲。
自分にとって簡単~やや簡単な曲。
(初心者さんは)1曲にあまり時間をかけず、
この程度の進度で進んでいくのが理想。
基礎力や読譜力をつけるのには
適したレベル、と、いえるでしょう。

◆3~4ヵ月(レッスン回数5~8回)で丸なら、
「楽勝~♪」とは言えないレベルですが、
練習として取り組むには適している曲。
楽しく取り組めているのであれば問題はなく、
トライしてみるには適した曲、と、いえます。

◆5~6ヵ月(レッスン回数9~12回)で丸なら、
やや無理のある選曲、チャンレンジ曲。
余裕をもって弾きこなすのは難しいでしょう。
「私は○○(曲名や作曲者名)を弾いている!」
という自己満足が大きくなりがち。
たまに背伸びして挑戦するのは良いけれど、
表面的に学んだだけになる恐れ大、なので、
バランスの良い選曲を心掛けましょう。

◆1曲を仕上げるのに半年以上かかる場合、
きちんと仕上がらない可能性が高いです。
(仕上がっても完成度が低い恐れ大)
「どうしても原曲通りにやりたい!」
「楽譜に書いてある通りに弾きたい!」
という場合を除き、アレンジ(簡単or短く)など、
手を加えて弾きやすくして取り組むか、
一旦、やめて「寝かす※」と良いでしょう。
※実力をあげてから再挑戦する方法

=======================

2・やりたいメニューが多すぎる

「なかなか先に進まない」と感じている場合、
あれもこれも…と手を出し過ぎている、
ということも考えらえます。

「指のために○○(教本)やりたいです!
曲は憧れの××(難曲)を弾きたいです。
あと、同時進行で△△も弾きたいです。
それと、コードで弾けるようになりたいのと、
初見やリズムにも強くなりたいです。
あ、簡単にアレンジした曲は嫌なので…」

…と、こんな感じは要注意!
”やる気”はとても感じられるけど、
どれも中途半端になりがちです。(´д`lll)
当教室は、
「希望を優先しなるべく取り入れる」
というレッスンスタイルをとっていますので、
本人の意思を尊重し、”やる気”を信じて、
まずは練習メニューに取り入れます。
ですが、レッスンは1時間10分ですので、
限られた時間で、それらのメニューを
確実に消化して進めていくには、
「自宅練習」は必須!大前提です。
レッスン時にこなせていないようであれば、
完全に”足踏み状態”が続きます。
「進まないよ~」と嘆きたくなったら、
あれもこれも…になっていないか、
自分のやりたいことを整理しましょう!

※たくさんのメニューでも
コツコツとこなして確実に進んでいる
頑張り屋さんもいらっしゃいます。
※色々なことに挑戦したい場合、
自分でメニューを決めてしまわずに、
なるべく事前に私にご相談下さい。

=======================

自分のレッスン進度はいかがでしたか?
自分に適した選曲ができていましたか?
欲張りなメニューになっていませんでしたか?

レッスンを無理なく楽しく続けるためには、
「進んでいる」と実感することは大事です。
しかし、だからといって、
どんどん先だけを見て色々と手を付けて、
きちんと身についていないのに、
進んでいっても、それは意味がありません。
繰り返してきた小さな前進は、
ふと立ち止まって振り返った時、
大きな進歩になっているはずです!
確実に進んでいきましょ。(*^ー^)ノ

続き(3&4)はまた後日。
近いうちに書きます~。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック