こどものための…??2015/05/20

====================
「交流会」の申し込みについて

用紙の提出と会費の支払いは、
5月末日のレッスン時までに
宜しくお願い致します!!
====================


新しい楽譜を買いました~♪

 こどものためのピアノ曲集
 『星のどうぶつたち』
 作曲:田中カレン

ムフ~。(*´m`*)
やっぱり新しい楽譜はワクワクするなぁ。

この曲集に関しては
「どれもこれも素敵な曲ばかり!」
という情報を以前から得ていたので、
ず~っと気になっていたんだよね。
だけど、自分が子供の頃にはなかったから、
当然、習ったこと(弾いたこと)は無いし、
「こどものための」とタイトルについていると、
大人の生徒さんにはオススメしても
あまり好まれない傾向があるので、
これまで実際にレッスンで扱う機会もなかったのだ。

※1995年に作られました
※今現在ピアノを習っている子供さん達の間では、
 発表会用の曲として定着しつつあるようです

「こどものための」と書いてある楽譜や、
子供の学習用としてよく使われる曲集は
これに限らず他にもたくさんあります。
これらの楽譜に対して、

 「でも、これって子供が弾く曲でしょ?」
 「こどものためのって、恥ずかしい~」
 「こどもの楽譜には興味ないんで…」
 「動画を見たら子供ばかりが弾いてるし」
 「子供用の曲だから単純&簡単すぎるでしょ?」

と、いうような発言をする大人がたくさんいます。
(当教室の生徒さんに限らず、です)
そんな時、私は「え、だから?何?」と、
いつも思ってしまうのです。
だって、素敵な曲は素敵だし、
曲集として魅力的なものは魅力的!
…と思っているから。
それが「こどものため」かどうか、なんて、
私にとってはちっとも関係のないこと。
「この曲、イイ!気に入った!」
「わぁ、これ弾いてみたいなぁ~」
そう感じるかどうか、それだけ。
フィルターをかけずに音楽を聴くことができると、
その分、多くの素敵な曲と出会えます。
だから、皆さんには、
肩書きや楽譜タイトルに惑わされず、
そして、大人の(変な)プライドに振り回されず、
音楽そのものに耳を傾けてほしいと
思っています!!


今回、この曲集の購入を決めたのは、
「”はくちょう”が綺麗なので弾いてみたい」
と、K山さんが言ってくれたから。
 (『星のどうぶつたち』の中にある1曲)
彼女は、自分の感性に素直に従い、
いつも自分の価値観で「良い曲」「好きな曲」
「弾きたい曲」を見つけてきてくれます。
それが何というタイトルか、簡単か難しいか、
誰が作曲したものか、有名か無名か、
子供向けに作られたものかどうか、
なんて関係なく選曲しているのです。
実に自然体&ピュアな感性で曲を選んでいます。
これってなかなか出来ないことなんですョ!

彼女のおかげで、
この曲集を実際に弾いてみることになり、
ワクワクが止まらない私。(笑)
また1つ2つと自分の「お気に入りの曲」が
増えるかもしれないと思うと、
今から取り掛かるのが本当に楽しみ~♪

とにかく綺麗で、不思議で、切なくて、優しい…
そんな雰囲気の曲がいっぱいあります。
どの曲もとてもオススメですョ。
興味ある方はレッスンの時に聞いて下さいね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック